三軒茶屋の「ラヂモリヤ」は若者が集ってワイワイできそうな、紀州(三重)の魚がおいしい居酒屋でした

三軒茶屋の国道246号線を歩いていると、三軒茶屋栄通り商店街の一本南の路地にこんな居酒屋がありました。

radimoriya_01

店名は「ラヂモリヤ」。かがむようにしないと入れない入口。なんとなく面白そうだったので行ってみることにしました。

radimoriya_02
radimoriya_03

2013年8月にオープンした三軒茶屋の居酒屋「ラヂモリヤ」。店内は山小屋か海の家のような雰囲気です。カウンターが4席ほど、6人ほどが座れそうなテーブルが2つ、さらに奥には立ち飲みカウンターも。

radimoriya_06

一杯目は手作りジンジャーハイボール。フレッシュなジンジャーの風味がピリっとしつつも甘めです。好きな味。一気しそうになるくらいスイスイ行けちゃいます。

radimoriya_07

お通しは寿司でした(写真は二人分)。魚がなかなかおいしいです。看板には「紀州(直)山海ごはん」とありますし、一品目も刺身3点盛りにしました。

radimoriya_08

タコ、かんぱち、アジ、シマアジ、鯛だったかな? こちらもとてもおいしいです。

radimoriya_12

その日にいたのはイケメンのあんちゃんと気さくなお兄さん。隣客との会話をうかがってると常連さんが多いのかもしれません。店の作りが面白かったので聞いてみました。

「こちらって前も飲食店でした?」

「もともとこの建物自体、お寿司屋さんだったんです。2階も3階もあって、ここがちょうど板場で」

「だからこういう作りなんですね。じゃあ、そこの入り口は勝手口だったとか?」

「そうです」

なるほど。広い一階は間仕切りして、246に面しているテナントは不動産だったか保険屋だったか。そして奥が「ラヂモリヤ」になっているんですね。へー。

radimoriya_09
radimoriya_10

続いてパクチー厚揚げ(正式名失念)、パクつく(パクチーつくね)。

どちらもおいしいんですが、特につくねがいいですね。豚のつくねです。ちなみに、私は夕飯を食べたあと。まだ食べてなかった連れに付き合って来ているようなものなので、メニューのチョイスは連れ任せ。

radimoriya_04
radimoriya_05

おそらくですが、若めの客が多くて、常連も多くて、みんな仲よくわいわいやってるようなお店なんでしょう。そんな感じが伝わって来ます。とてもいい雰囲気。近所にあったら通いたくなるようなお店です。

radimoriya_11

あ、黒板には「三重(直)」とあるな。別に何だっていいんですが、港は三重で獲っているのが紀州なのかな? ま、いっかw

「ラヂモリヤ」は三角地帯にある「オオモリヤ」という地鶏料理の居酒屋の姉妹店だそう。実はそちらも気になってて、一度行ってみたいなぁと思っていました。近いうちに「オオモリヤ」ものぞいてみるか。でも、いつも混んでるんだよなぁw

ラヂモリヤ
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6
03-6805-3554
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ