「大衆串天ぷら わいがや本店」(学芸大学)の串天ぷらはサクっとしてて、二度づけ禁止のタレとの相性もバッチリ。サッパリ食べられます。濃厚な肉豆腐もおいしかったです

waigaya_01

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街沿いにあるガストの角を左折した先に、2016年10月中旬、「大衆串天ぷら わいがや本店」がオープンしました。学芸大学は今月も怒涛の新店オープンラッシュ。本当は祝い花がなくなり、ひと息ついた頃合いに訪れたいのですが、店の前を通るとどうしても足が。

waigaya_02

奥に広い店内にはカウンター約10席、テーブルが6~8ほど。直前は「信州ぎょうざ こまつや」という居酒屋でした。店の造作がよくなかったので、このまま居抜きでやったら厳しいだろうなぁと思っていたのですが、手前までカウンターを伸ばしました。カウンター幅は狭くて窮屈ですが、それでもこうしたほうがメリットは大きいだろうなぁ。

waigaya_04
waigaya_03

とりあえずホッピー。栓抜きで自分で開けさせるというのはどういう目論みなんだ?w まあ、なんか楽しいからいいんですけどw

お通しはキャベツの浅漬け。こいつがうまい。酢で少しキツめに漬けられているのですが、柚子の香りが相まってさっぱり。

waigaya_05

メニューはこんな感じ。まずは串天ぷらから行ってみますか。迷うところではありますが、天ぷら五種盛りの内容が結構いいので、盛りでお願いしました。それぞれを単品で頼むより30円安いのか。

waigaya_07

えび、小柱、とりもも、ポテト、なす。まずエビを塩で。衣はサクッとしています。エビはプリッ。フリットっぽい串天ぷらだったら嫌だなぁと思っていたのですが、衣は薄めでとてもおいしいです。よかったw

続いてポテト、小柱、とりもも、なすをタレで。

waigaya_08

串カツのように、二度づけ禁止のタレをたっぷりつけます。このタレは天丼のタレのような感じです。うん、こりゃうまいや。特になす。このタレともピッタリ。逆にとりももは塩のほうがよかったかもなぁ。

ちなみに、こんな案内がありました。

waigaya_06

“ソース”ってw ここは直したほうがいいと思いますw メニュー表には”自家製ダレ”と書かれていますから、こちらも”タレ”にしたほうが。じゃないと、マジでソースだと思っちゃう人がいるかもしれません。私も頭の中で0.1%の可能性で本当にソースが出てきたらどうしようと思いましたもんw

waigaya_09

次に頼んだのはたまねぎ、厚切りハム、アボカド。たまねぎはタレで、厚切りハムは塩でいきました。もちろんうまい。

問題はアボカドです。アボカドを手にして数秒の逡巡。さて、タレで行くべきか塩で行くべきか。直観は塩と言います。しかし、手が勝手にタレにどぼん。ひと口食べて手を叱責します。直観に任せとけ、とw

おそらくですが、アボカド、トマトは塩の方がいいでしょうねぇ。なーんて、あれこれ考え、友達とわいわいやるのもまた一興でしょう。

串天ぷら以外にもこんなものを頼みました。

waigaya_10

博多明太子のマカロニサラダ。揚がるのを待つ間のつまみにしようと思ったのですが、おいしくて一気食い。30秒でなくなりました。

waigaya_11

肉豆腐は甘くて牛肉がホロホロ。結構ボリュームもあります。とてもおいしいです。ちなみにホルモン焼きうどんというメニューもあるのですが、聞いたらホルモンはシロコロとのことです。

オープン直後ではありますが、店内はなかなかの埋まり具合です。たまたまなんでしょうけど、女性客が目立ちました。女性にとっては串カツよりも串天ぷらのほうが食べやすいかもしれませんね。

waigaya_13

天ぷらの歴史はとても古いのですが、現在の天ぷらの原型とも言えるものができあがったのは江戸時代。串に刺したタネを揚げた天ぷら(天麩羅)を屋台で客に供していました。しかし、幕末から明治ごろになると、串には刺さない、技量を凝らして揚げる高級な天ぷらが登場し、以後、どちらかというと天ぷらはちょっとしたごちそうとなります。そんな天ぷらの歴史を知ると、この串天ぷらというやつは原点回帰とも言えなくはありません。

串カツに比べるとさっぱり食べられますし、串だからこその食べやすさもある。そしてなにより、串カツにせよ焼き鳥・焼きとんにせよ、串に刺さってるのを食べるのってなんか楽しいじゃないですか。

一人でしっぽりやるもよし。あるいは大勢でそれこそわいがやするもよし。ちょいと試しに串天ぷら、いかがですか?

ちなみに、トイレは入口のすぐ脇、茶色いカーテンの奥です。多くの方がわからず店員さんに聞いていましたw

waigaya_12

ところで、私はひとつ勘違いをしていたようです。酒の卸し等をしている株式会社榎本が「わいがや」を運営していると思っていたのですが、帰って調べてみたら、どうやらそれは間違い。運営はスタースリー株式会社(東京都新宿区西新宿)のようです。榎本が「わいがや」へ営業するために名刺を店頭に置いていたのでしょう。それを見て勘違いしてしまいました。ったく紛らわしいwww

スタースリー(株)はいくつかの飲食店を運営しています。もともとは500円ピザで有名な「CONA」のFC店からはじまり、新宿界隈でイタリアン「WAIGAYA」を4、5店舗直営しています。

同社には関係のないことでしょうけど、VOCO(凹)とCONAのあれこれにひじょーーに興味があって、結局なんだったんだろうなw

まあそれはいいとして、これだけいろいろやってきていますから、スタートから店がよくできています。特にスタッフ。バタバタしそうなもんですが、落ちついてよくやってますね。接客の感じもとてもいい。

「わいがや」のメニューに「リトルアンクル」というものがあります。気になったら聞いてみて下さい。ちっちゃくて愛きょうのあるスタッフが飛んできますw

大衆串天ぷら わいがや本店
東京都目黒区鷹番2-20-5 ハイツ富士101

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ