「鉄板中華 銀座夜市(ぎんざよいち)」は大人の屋台がコンセプトのカジュアルな中華料理店。野菜、肉、魚介、どれもおいしくてリーズナブル。デートやパーティーにもってこいです。

ginzayoichi_01

友人の誕生日パーティーで「鉄板中華 銀座夜市(ぎんざよいち)」に行ってきました。最寄駅は銀座、東銀座、新橋、築地市場。どこからでも近いです。ザックリ言うと、中央通りの銀座ライオン(ビヤホール ライオン 銀座七丁目店)の裏手方面。

結論から言いますと、超うまいです。コスパもいい。大満足。まずは簡単にバックグランドから。

1991年、高輪プリンスホテルの「古希殿」でキャリアをスタートさせた横尾博志氏。2001年、同氏はウェスティンホテルに招聘され「龍天門」で腕をふるいます。この「龍天門」は2010年から2012年までミシュランで星を獲得しています。

2014年、「銀座芳園」がオープンすると同氏が総料理長に就任します。そして2016年8月、「銀座芳園」の姉妹店「銀座夜市」がオープンし、同氏が総料理長となりました。

「銀座夜市」のコンセプトは”ラグジュアリーな大人の屋台”。旬の魚を使ったシーフードチャイニーズが楽しめ、天然鹿や羊などの塊肉を量り売りし、鉄板で調理するパフォーマンスも特長です。

そんな「銀座夜市」に10月初旬、8名ほどでうかがいました。

ginzayoichi_02

カジュアルな店内はカウンターメインですが、テーブル席、個室もあります。私たちは個室に通されました。

ginzayoichi_03

事前にお願いしていたのは5000円くらいのコース+1500円の飲み放題。たぶん。幹事が全部やってくれてるので詳しくはわかりませんw

ginzayoichi_05

まずは新鮮野菜のバーニャカウダー。バーニャ・カウダではありますが、アンチョビではありません。中国の魚醤じゃなくて、なんかそういうのが使われています。味わいはバーニャ・カウダとほぼ同じです。めちゃうま。

前菜がどんどん運ばれてきます。

ginzayoichi_06

なんじゃこの量w クラゲ、叉焼(チャーシュー)、蒸し鶏の葱生姜ソースかけ、四川叩き胡瓜、牛の内臓香辛料付け盛合せ。4人分です。どいつもこいつもまあうまい。特にモツ好きとしては写真右下の内臓盛合せがたまりません。

ginzayoichi_07

飲茶四種(一人分)。小籠包が素晴らしい。

ginzayoichi_08

青菜炒め。青梗菜(チンゲンサイ)だったかな? コース中のオアシス的にさっぱり仕上げています。このバランスもいい。

ginzayoichi_09
ginzayoichi_10

メインは海老チリと鳥。もちろんおいしいのですが、そろそろお腹も限界に。

ginzayoichi_11
ginzayoichi_12

〆はチャーハンか担々麺かを選べます。どちらも食べました。どちらもおいしいです。特に担々麺は濃厚でよかったなぁ。

ginzayoichi_13

デザートはマンゴープリン。マンゴープリンの上はココナッツだか杏仁だかのクリーム。ちょっと記事を書くまでに間が開いたので記憶が曖昧。こいつはヤバいです。お腹いっぱいだと言うのに、これなら10個は余裕で行ける。こういう類の店でのデザートで今年ナンバーワンだったな、うん。毎日でも食べたい。

ginzayoichi_04

週末だったのですが、それほどお客さんが入っていませんでした。ミシュランを取ったシェフの銀座の店で、カジュアルにこれほどおいしい中華がお手頃価格で食べられるってのに、この空き様は異常。

忘年会、クリスマスと何かとイベントの多いシーズンです。おそらくまだ予約も取りやすいはず。デートやパーティーでぜひ。

銀座夜市
東京都中央区銀座7-13-20 銀座中村ビル B1F
03-6264-7207
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ