学芸大学でもっとも歴史のある寿司屋「和可奈寿司(わかな)」は威風堂々。とにかくネタがよく、まさしく職人技が光る存在感のある寿司は極上でした。

自分への誕生日プレゼント。ちょっと贅沢にまだ行ったことのない店に行ってみよう。

wakana_01

学芸大学駅から徒歩30秒。東口商店街沿いにある「和可奈寿司(わかな)」。看板には和可奈鮨との表記もあります。

和可奈寿司が昭和3年創業ということは知っていました。そして、私が知る限り学芸大学でもっとも古いお寿司屋さんです。学大に住んでいる以上、一度はお邪魔してみないと。そう思って誕生日に行ってみた次第。

wakana_02

ピカピカに光っている店内。とてもキレイ。もともとは駅向こう(西口・松屋あたり)に店を構えていたそうです。東口に移り、8年前、改装して現在のようなキレイな店舗になりました。

wakana_04

「基本的にはおまかせで握らせて頂いて、あとはお好みで追加して頂くという感じでやっています」

そう説明してくれたのは3代目。とりあえずお酒を一合お願いしました。

wakana_05

猪口は3種から選ばせてもらいました。猪口も徳利もいい景色だなぁ。

おしぼりとお酒が出てくる頃合いに、奥から2代目のお父さんが出てきて板につかれました。

「握って頂く前に刺身でひとつつまみたいんですが」

「何にしましょうか」

「サバはありますか?」

「はい。いいサバがありますよ」

「お願いします」

wakana_03

ワサビをすり、包丁を引きます。手元は見えませんが、その姿はまさに熟練の職人。

最近の高級・人気店の板前さんはピシッと立って、美しい所作を披露してくれます。けど、この大将はそんな最近の流行りとは少し違う。いい意味で昔ながらの職人の立ち居振る舞い。そこにもまた違った美があります。

wakana_06

いい色。ひと口つまんでは日本酒をキュ。ふぅ。

「おいしいですねぇ」

「ありがとうございます。サバは買おうと思えばいつでも買えます。けど、いいものがないと買わないんです」

リズムよくサバをつまんでいきます。なんてったって、私の好きな魚介のベスト3はサバ、タコ、ウニ。たまりません。つまはもちろんワサビもすべてキレイに平らげました。

「おいしかったです」

そう言って皿を下げてもらうと、その皿を見ながら大将が嬉しそうにこう言います。

「気持ちいいなぁ。こんなにキレイに食べてもらえて。嬉しいです」

「そうですか?」

「つまを残される方も多いんですよ」

「そうなんですか。もったいないですねぇ」

「いや、ほんと気持ちいい(笑)」

さて、握って頂きましょうか。

「何を握りましょう」

「おまかせでお願いします」

「かしこまりました」

wakana_07

まずはヒラメ。ネットリ感がありつつも、身は引き締まってます。ネタは大きめでシャリは比較的しっかり握られています。

どちらかというとネタ、シャリは小ぶりで、ホロリとほどける握りにするのが流行りなのかもしれません。けど、ここは違う。大ぶりのネタとそれに負けないしっかりした握り方。食べごたえがあります。

シャリの握りに正解なんてないんだなぁ。たぶん。ネタとのバランスなんだよきっと。うん。

「大間のマグロです」

「うわ」

wakana_08

見た目がエグイ。食べたら、それはそれはもう。

ふふふ。

思わず笑ってしまいました。

「やっぱり食はおいしくないといけませんね。おいしいものが一番です」

と大将。続いてパッと出されたネタに背筋がピンとなります。

wakana_09

「大トロです」

「いやぁ……すご」

「カマのところです」

まじっすか。てか、おまかせ5000円だよな? 大丈夫か?w

味? 食べた感想は必要ですか?w

wakana_10

東京湾のスミイカ。濃厚。

wakana_11

ウニ。日本酒と合わせたらえげつない。

wakana_12

煮ハマグリ。きっと煮る時間は短いはず。プリプリでジューシーで、貝のうまみが溢れ出ています。

そして。

wakana_13

握り始めに水槽から出されていた車海老。なんじゃこりゃ。

「他ではなかなかないと思いますよ、このエビは」

身が詰まってるんです。プリプリじゃない。ブリッブリ。やばっ。

この次に焼かれたエビの頭が出てきたのですが、写真を撮るのも忘れました。出された瞬間に箸が動いていたのです。殻はパリパリで香ばしく、身とミソはトロトロ。あああ……。

で、いま何貫目? どんだけ出てくるの? 黙ってたら延々と出てくるんじゃないか。そう思ってしまうほどの満足度。もうすでに。

wakana_14

アナゴ。身がとても厚いです。食べればわかります。どれだけネタにこだわっているかが。

wakana_15

コハダ。締めてるのか?と思うほどコハダ本来の味わいが前面に出ています。上等。

wakana_16

鉄火とかんぴょう。この荒々しさはむしろおいしさを引き立てます。料理は整ってりゃいいってわけじゃない。

wakana_17

最後は玉。こいつがまたうまいのなんの。

「ウチで一番人気かもしれません(笑)」

いや、わかりますとも。

wakana_18

カワハギのお吸い物はさっぱり薄味。ほのかな塩味(えんみ)とアラのうまみ。ここまでそぎ落とすというのは自信でしょう。

2、3、追加で握ってもらうことになるかなぁと思っていたのですが、これで十分。

ヒラメもコハダもそうですが、締め方が浅め。ツメも濃くない。ネタのよさを味わってもらいたいという気持ちの表れでしょう。そして、寿司自体がしっかりしていますから、くどくならないようにしているのかもしれません。センス、経験、技、ですな。

他に客がいなかったというのもあって、トントンと気持ちいいペースで握って頂けました。朗らかに話もして頂けて気持ちいい。大満足。

熱いお茶を飲みながら、改めて店内を見渡します。美しくまっすぐに伸びるカウンター、一番奥に鎮座するヒノキの輪切り、正面中央に飾られた、見事な細工が施された大きな木製の千社札……。

威風堂々。店内の雰囲気も大将の姿も握る寿司も。

「ごちそうさまでした」

そう言いつつ扉を開け振り返り一礼。

「ありがとうございました」

奥様も3代目も出てきて深くお辞儀をなさいました。

店を出ます。夜の7時すぎ。往来は激しい人通り。暖簾をかきわけて出た私の姿は、なんとなく自慢げだったに違いありません。どうよ。ここで食ってきたんだぜ、と。

学大に越して来て約3年。学大一の老舗寿司屋へ挨拶するのに3年というのは、ちょいと遅かったか。けど、素晴らしい誕生日プレゼントサンキュー俺w

和可奈寿司
東京都目黒区鷹番3-1-8
03-3712-3757
食べログ

(Visited 871 times, 1 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ