「KIPPY’S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)」の乳製品と砂糖を使わず、ココナッツとハチミツで作られたアイスクリームはヘルシーで独特な味わいでした

原宿駅前から新宿方面へ向かい、東京デザイン学校のあたりから北東方面へ伸びる道がありますよね。そのまま真っ直ぐ行くと、明治通り(千駄ヶ谷小学校)、外苑西通り(仙寿院)とぶつかります。その千駄ヶ谷小学校と仙寿院の間にロンハーマンがあります。なんとなくわかります?w

そのロンハーマンのほぼ隣に2015年10月16日、「KIPPY’S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)」というアイスクリーム屋ができました。千駄ヶ谷駅、北参道駅、原宿駅から徒歩10分ほどです。

もつ焼きとレモンサワーが主食の私。オープン当初から話題になっていたそうですが、そんなのは知る由もありませんw 散歩がてら新宿から「Charcuterie du Mangenton(シャルキュトリ デュ マンゲントン)」に向かって歩いていたら、たまたま見つけたので行ってみました。いや、連れが食べたいって言うもんだから。なんでこう言い訳めいたことを書かなきゃいけねぇんだw 別に俺がおしゃれなアイス食ったっていいだろうw


広くてオシャレなコンクリート打ちっぱなしの店内。イートインスペースもあります。


ケースにはいろいろなアイスクリームが並んでいます。連れがまじまじと見つめていますと、店員さんが説明してくれました。

「全部、乳製品と砂糖を一切使ってないんです」

「じゃあ何でできてるんですか?」

「ココナッツとハチミツです。あとはそれぞれフルーツなどを加えています」

へー。

後に調べたら、乳製品、大豆、グルテンを一切使っていない世界で初めてのアイスクリームショップだそうです。ちなみに「キッピーズ ココクリーム」は2010年にカリフォルニアで創業したのだとか。

私にはさっぱりなので、アイスクリーム選びは連れに任せ、外のベンチで待ちます。

「ストロベリーと抹茶にしてみた。抹茶がおすすめなんだって」

紙のカップに木製のスプーン。こういう店はこういう所も気を遣ってるんだねぇ。まずはストロベリーをひと口。ぬぬぬ?

「なんだろうなこれ」(私)

「独特だね」(連れ)

さて、どう説明すればいいのでしょう。

ほのかな甘みがあります。淡泊ではありますが、植物由来と思しきコクを感じます。食感はとても滑らか。

明らかに普通のアイスクリームとは違う。違うんだけど……なんだろう。オーガニックとかそういうのが好きで食べ慣れてる人なら、この感じわかるのかな。そういうのに縁のない人間にとってみたら、とても不思議。未体験の味わい。

「まあ、おいしいっちゃおいしいね」(連れ)

「そうねぇ」(私)

これが世に言うヘルシーってやつなんでしょうね。言葉に窮したらヘルシー言っとけw

もう一度食べたいかと言われたら、私はあえて「YES」。「ちょっと待てよ。もう一度食べてみて……」という確認のため。「ヘルシー」という以上にいい言葉を探すためw

ヘルシー、ナチュラル、オーガニック、ダイエット、ローフード、あとなんだ? そんなタームに惹かれる方は試してみてはいかがでしょうか。夏はもちろん、寒い季節のアイスクリームってのも、なんだかいいですよねぇ。

最後に余談。

日本でやってるのサザビーリーグなんだね。アニエスはもうやってないよ。飲食だったらアフタヌーンティー、シェイクシャック(!)もそう(関連会社含む)。ロンハーマンもサザビーなんだけど……。ああ、キッピーズの千駄ヶ谷RFビルってサザビーなの? キッピーズの前もサザビーのファッションショップだったし。なんだろね。

KIPPY’S COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-6-3 千駄ヶ谷RFビル1F
03-6758-0620
食べログ

(Visited 264 times, 1 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ