明太子パスタをおいしく作る簡単レシピ~パサつく、明太子感がない、その原因は?3つのポイントで明太子パスタのお悩み解消!

「明太子パスタが上手に作れない」

先日、あるバーで一緒になった方がそう言ってました。この方以外でも、上手に明太子パスタを作れない、おいしい明太子パスタになかなか出会えないという声をよく耳にします。

明太子パスタでもっともよく言われる不満はこの2点です。

  • ごわごわになる。パサつく
  • 明太子感がない

なるほどなるほど。わかります。そうなりがちだというのもよくわかる。結論から先に書きますと、これを解消するのは3つのポイントです。

  • オイル
  • 水分
  • 温度

これから具体的に作っていきますが、まったく難しくありません。超絶簡単です。材料もシンプルです。気をつけるべきポイントとともに紹介していきます。

材料

  • パスタ
  • 明太子(たらこ)
  • 日本酒
  • 顆粒ダシ(昆布、かつおなど)
  • オリーブオイル(もしくはバター)

日本酒、顆粒ダシは必須ではありません。ない場合のことも調理工程で説明します。

調理工程

1.パスタを茹でる

パスタは何でもいいのですが、あまり太すぎないパスタが合うと思います。普通よりも少なめの塩をお湯に入れパスタを茹でます。茹で加減はお好きにどうぞ。

2.ソース作り

明太子をほぐしてパスタに和えるだけではごわつきます。ここが第一のポイント。明太子のソースの水分量がキモです。

まず、お茶碗の中などで明太子をほぐします。よく袋を取り中身だけを、みたいに言う人もいますが、まあ、細かくすれば袋も一緒でぜんぜんOK。それでも気になるなら袋は取って下さい。私はもったいないので袋も一緒にしちゃいます。

次に、ほぐした明太子に水分を加えます。普通のパスタの量で明太子1本なら、80mlから100mlくらいかな。具体的に水分を何にするかと言うと、本当はなんでもいいです。一度火を通し冷ました生クリームでも、なんなら真水でも。けど、おすすめは煮切ったお酒にダシをほんのちょっと加えて、しっかり冷ましたもの。明太子感が損なわれず、うまみも増加します。

いずれにせよ、極力、明太子に熱を加えないようにして下さい。明太子感を最大限に出すためのコツです。

3.パスタをオイルで和える

茹であがったパスタをボールに入れ、まず、オリーブオイルだけで和えます。コクを出したいならバター(あらかじめ溶かしておく)でもいいでしょう。ここです。ここが重要です。そして、多くのレシピではここがしっかり説明されてない。

なぜこうするか。茹でただけのパスタだと、パスタ同士が絡まります。ソースもうまく馴染みません(よっぽど水分量、油分が多いなら別ですが)。

そしてもうひとつ。あえてここで時間をかけるんです。そうすると、パスタが少し冷めます。これが重要。アツアツのパスタにいきなり明太子をからめたら、明太子にモロに熱が入ってしまいます。そうすると、明太子(たらこ)の風味が飛び、明太子自体もパサつきます。

パスタを滑らかにし、ソースと絡まりやすくし、明太子の風味を飛ばさないために、まずはパスタとオイルだけを和えましょう。

4.パスタとソースを和える

パスタをオイルと和えたら、そのボールに明太子ソースを入れ、しっかりと和えます。ソースに十分な水分があれば楽にスッとパスタにからむはず。あとは皿に盛り、好みで大葉や海苔をトッピングすれば完成です。

できました。滑らかでしっとりしていて、明太子感がたっぷり残った激うまパスタ。超うまい。

こちらは別日に作った、自分で漬けた明太子の明太子パスタ。うますぎ。

応用

上の写真でもそうですが、オリーブオイルとパスタを和える際に、鷹の爪やニンニクチップを加えるのもあり。ただ、あまりやりすぎはいけません。今回のこのパスタの目的は、明太子を最大限に殺さないということなので。

ちゃんと明太子を味わえるツルツルの明太子パスタを食べたい。そういう方はぜひ一度お試しあれ。

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ