山手果実店(学芸大学)は旬の果物から珍しい果物まで、いろいろ選べる街の果物屋さん。店主の優しさがフルーツを甘くします。

「フルーツが食べたい」

風邪で寝込んでる連れがそう言うので、果物を買いに出ました。

学芸大学駅から徒歩3分ほど。西口商店街沿いにある山手果実店(やまてかじつてん)。ヤマテ果物店と表記されていることもありますが、おそらく前者が正式なのでしょう。創業70年以上の老舗果物店です。果物店ではありますが、野菜もちょっと売ってます。

店前でしげしげと果物を見ていたら、お父さんが声をかけてきました。

「なにかお探しですか?」

「ええ。どうしようかな」

ちょうどその日は店頭のカゴにドラゴンフルーツがいっぱい積まれていました。

「ドラゴンフルーツは自分では買ったことないんですが、どうカットすれば……」

「裏に切り方が載ってるよ」

ほんとだ。

「味は薄いからミルクとかかけるといいよ」

たぶん練乳的なことなんだろうな。面白そうだし買ってみるか。

「あと何だろうなぁ。いえ、連れが風邪で寝込んでて、果物が食べたいって言うんですよ」

「ああ、そう。じゃあ柿とかいいよ。あと、変わったのがよければ洋ナシとか」

たぶん、ドラゴンフルーツを一番最初に選んだから、変わり種を勧めてくれたんだろうな。と考えたのは浅はかだったと後でわかるわけですが。それはさて置き、いちごもうまそうだなぁ……と、いちごに目をやると。

「いちごもいいね。その安い500円のほうでもおいしいよ」

すごい。私はいちごの方へ目線をチラっとやっただけ。けど、その目線をお父さんは逃さず捉えていました。このあたりは商売人の勘と長年の経験、技術なんだろうなぁ。

「じゃ、このいちごで」

「750円ね」

果物を袋に入れ、前掛けのポケットから250円のお釣りを出すと、続いてリンゴをひとつ渡してくれました。

「これサービス」

「えええ、いいんですか?」

「ほら、ちょっとキズがあるしね」

「ありがとうございます。また来ます」

「ありがとうございました」

そんなこんなで、こちらが山手果実店で買ってきた(or 頂いた)フルーツ。いちご、ドラゴンフルーツ、リンゴ。スーパーに寄ったらバナナが安かったので、バナナも買いました。

その日の夜、食後にフルーツをカットしてみました。あんまフルーツは調理せんからなぁ。

ドラゴンフルーツが入っていた袋の裏はこんな感じ。説明の通りカットしてみます。

お、柔らかい。簡単に実が切り分けられる。

で、こんな感じに盛りました。底にヨーグルトを敷き、フルーツを盛り、ハチミツを垂らしています。盛りつけセンスのなさに絶望するですよええ。

お父さんがおっしゃっていた通り、ドラゴンフルーツは味がそれほどありませんw どちらかというとシャクッ、ツブッという食感が楽しい。あえてたとえるなら、キウイの味がない版。確かにドラゴンフルーツには甘味を足すのが正解だ。

いちごは酸味と甘味のバランスがよく、リンゴはサクッ。こうしていろいろな種類をいっぺんに食べるってのがまたいい。種類が多くなると、それだけさまざまな味わいが生まれ、その分、おいしくなります。サラダもお好み焼きもそう。

次の日、少し残っているいちごと豆乳(無調整)、ハチミツでシェイクを作ってみました。いちごの香りがとてつもなく強くなります。濃厚でうまっ。鍋用に豆乳を買ったから無調整にしたんですが、甘いもの好きとしては調整豆乳であまーくしてもよかったな。

ドラゴンフルーツの残り半分は切り分けず、そのままスプーンですくうように食べてみました。うん、これもまたいいね。ガッツリ食べられて。そして、味は薄いんだけど、なんだか妙にうまく感じるなぁ。同じものでも食べ方で味の感じ方が違うんでしょうね。

果物って結構、お腹いっぱいになるなぁ。連れのために買って来たのですが、私も大満足。

西口商店街でたまに見かけるポスター。ヒゲの若旦那が印象的な山手果実店

もちろん、どのフルーツもおいしかったです。でもそれ以上に、いまネットでサクッと調べてみて驚きました。お父さんが勧めてくれた柿、洋ナシは風邪にいいとされているのです。そしてサービスでくれたリンゴも。

実際にどれほどの効果があるかというのはどうでもよくて、もしかしたら風邪をひいた連れのために、柿やリンゴを選んでくれていたかもしれないという、その心づかいが素敵じゃないですか。そして、おまけってのも嬉しい。

同じ街に住む八百屋さんや果物屋さんが、目をきかせて選んでくれたものを、会話をしながら買って、「商店街に果物屋あるじゃん。あそこで買ってきたんだよ」そう言いながら食べる。

スーパーか個人商店か、どっちの質がいいかだなんて、そんな細かいことより、そういう心、気持ちが、果物を、食べ物をおいしく感じさせてくれるんだと思うんですよねぇ。

普段はスーパーでもぜんぜん構いません。時折でもいいので、こうした商店に、山手果実店に寄ってみて下さい。世間話でもしながら、よさそうなものがあれば買ってみて下さい。もしかしたら、スーパーで買うものよりおいしく感じられるかもしれません。

ズズズ……見事に風邪を移されちまったよ。はははw フルーツ買って来てもらうかな。

山手果実店(やまてかじつてん)
東京都目黒区鷹番3-15-22
03-3712-4703

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ