MEAT JOURNEY 2018

「ら~めん 博龍」(三軒茶屋・駒沢大学)のラーメンは「香月」を彷彿とさせる味わい。チャーハンは卵感がハンパないしっとり系。これはすごい。もっと評価されるべき中華料理屋/ラーメン店です。

西太子堂駅・若林駅から徒歩10分、駒沢大学駅から11分、三軒茶屋駅・松陰神社駅から12分。ショートもレフトも取れないところにポトンと落ちるイチローのヒットのごとき場所にある「ら~めん 博龍」。駒留通りと環七の交差点すぐ近くです。

ある店に有給の連れと昼飯を食べに行こうとしたら、そこが閉まっていて、すぐ目の前にいい雰囲気の中華料理屋があったので、「行ってみよう」「まじか」で即断。結論から言いますと、自分のこういう食運の強さに乾杯w

カウンター8席ほど、私たちが座った4人掛けテーブルがひとつ、さらに写真には写っていませんが、画面左手は座敷になっています。ちょっと不思議な作り。やってらっしゃるのはキレイな女将さんと髪型がビシっと決まっているマスターです。

モノトーンというのも、こういう類の店としては珍しい気がします。メニュー札が所狭しと貼られがちなのですが、そういうのもなく、妙にサッパリしていてシックな印象です。

メニューを見る限り、街場の中華料理屋というよりも、どちらかというとラーメン店に近い感じがします。私はサービスセット(ラーメン・ギョーザ)、連れはチャーハンの単品を注文しました。

メニューには「ら~めん こいこい」と書かれています。あとで調べてわかったのですが、もともとは「こいこい」という店名で、2009年~2012年ごろに現店名「博龍」になったのだとか。店名だけが変わって、やってらっしゃる方はそのままだそうです。

まずはラーメン。背脂のようなものが少し浮いています。スープをひと口。

「!!!」

こ、これは……。すごい。

一瞬で記憶がブワッと甦ります。背脂チャッチャ系の元祖「香月(かづき)」です。最後に「香月」を食べたのは、まだ恵比寿南の交差点(駒沢通り沿い)にあった頃。もう何年も前のことなので、はっきりとは覚えていません。ですから、そっくりとまでは言いません。ただ、「香月」ほどのパンチはないし、背脂感も強くはないものの、なんとなく「香月」を彷彿とさせる味わいです。スープのコクと塩気がちょうどいい。

弾力のある麺はしっかりとコシがある。堅めに茹で上げられる麺も、こういう店にしては珍しいかもしれません。そして麺にスープがよく絡みます。

さらに見逃せないのが玉ねぎです。シャクっとした玉ねぎのみじん切りが入っているんですが、こいつがいい甘さを出しています。

背脂、塩味(えんみ)、量をもっと増やせば、グッと「香月」に近づきそう。500円じゃできないし、「香月」に近づきゃいいってわけでもないのですが、つまりそういうニュアンスのラーメンだということです。おいしい。すごい。まさかこんなところでこんなラーメンに出会えるとは。

続いてギョーザ(餃子)。

見た目が翡翠。食べると野菜の甘みがジュワ。そのままだと少し物足りないと思わせるほどの下味です。極上とまでは言いませんが、なかなかうまい。ちょいと醤油を濃い目にしたタレのほうがいいかもしれません。その方がうまみが引き立ちます。

最後はチャーハン。

しっとり系か。うまっ。これもいいじゃな……え。いやいや。待て。もう一口、じっくりと味わいます。うわぁ。こいつはすげぇ。

ポイントは卵。卵が半熟気味だったりするんです。そして、色は普通なんですが、チャーハン全体が卵でコーティングされているかのような味わいです。卵感がとても強い。なんじゃこりゃ。

ベチャついてはいませんが、水分は比較的多めのしっとり系。あえて、あえて言うなら、卵雑炊を炒めた感じ。もちろん、雑炊のようにベチャっとしてるわけじゃないですよ。イメージです。

どうしてるんだろう。さすがに卵かけご飯にしてから炒めてはいないと思いますが。チャー(炒)感は少ないものの、玉子とご飯のしっとり感が絶妙です。超うまい。

いやぁ驚いた。ラーメンもギョーザもチャーハンもすべておいしいんですが、なんかちょっと普通の街場の中華とは違う。けど、だからといってトリッキーではない。独特ではありますが、オリジナリティを強調し過ぎない。

意識せず、適当にかきこめば、もしかしたら「よくある街場の…」「昔ながらの…」と言っちゃいそうになる。けど、よくよく食べてみるとそうじゃない。日常の安心を壊さない程度の創意工夫。素晴らしい。

会計時、「おいしかったです」と伝えたら、女将さんは嬉しそうに「ありがとうございます」とお答えになりました。この笑顔も素敵だなぁ。何気にキレイw

店を出る際、足元に置かれた木箱に気づきました。東興軒製麺場。すぐそこの環七をずっとずっと下った先、京急・平和島駅近くにある製麺所です。

うん、よかった。某店が閉まってて。ここはもっともっと評価されてもいいと思うんだけどなぁ。次は絶対カウンターに座りたい。そして、じっくりとマスターの調理を見てみたいな。

ら~めん 博龍
東京都世田谷区三軒茶屋2-45-7 グリーンキャピタル三軒茶屋1F
03-3410-5118
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ