「ごはんや ねこにこばん(猫にこ飯゛)」(学芸大学)は人をだめにする定食屋。シンプルで安いメシ、店主の癒しキャラ、ホッとできる雰囲気、脱力ダジャレ…楽しくておいしい定食屋は終電までやってます

昼猫にご飯~そそる定食

学芸大学駅から徒歩2分。東口を出て「恭文堂書店」を右折、ずっと真っ直ぐ行った右手に「ごはんや ねこにこばん(猫にこ飯゛)」というお店があります。2017年4月24日にオープンした定食屋です。昼も夜もやっています。

オープン日の昼過ぎに行ってみました。

店名通り、いたるところに猫。

地面にも猫。なぜ「猫にこ飯(ねこにこばん)」かというと、店主が猫好きでダジャレ好きだから。

店内は小さな2人掛けテーブル席が2つ、カウンター席が8つほど。



なぞなぞイラストがあったり、漫画があったり、おもちゃのようなものがあったり。たぶん、年月を重ねるともっともっと増えていくんだろうなw


メニューも猫とダジャレで溢れ返っています。メニューを見ているだけで楽しい。単にダジャレ云々ということではなく、ワクワクさせてくれるんです。並んでいるのはすべて、誰もが大好きなメニューばかり。これはうまそうだ、これはどう調理してるんだろう、こういうラインアップにするんだ――店の思いが溢れ出ていて、こちらにいろいろなことを想像させてくれます。

そして、学芸大学で飲み歩いている方なら、メニューのこのテイストに見覚えがあると思います。

「学大酒場エビス参」。同店のメニューもこんな感じです。というのも「ねこにこばん」の店主・山元さんは「学大酒場エビス参」の元店長だから。山元さんが現在の「学大酒場エビス参」の礎を築いたと言っても過言ではありません。

噂をすればなんとやら。

偶然、「学大酒場エビス参」チームが花を持ってやって来ました。現店長・まみぞーさんの嬉しそうなことw

さて、注文していた豚ばら生姜焼(750円)がやって来ました。


ロースもいいけど、バラのあまーい生姜焼きが大好き。しょうが焼きはしっかり焼きつけなきゃいかんのです。この生姜焼きもそうなっていました。そして、しょうが焼きには絶対、キャベツ・マヨネーズが付くべきなんです。しょうが焼きの甘辛いタレとマヨネーズが入り混らずに、何がしょうが焼きですか。

定食のご飯はお代わりも大盛りも無料です。今回は普通盛りにしました。濃厚なしょうが焼き、マヨキャベ、シャクシャクとした食感を残した玉ねぎとモヤシ。ご飯はあっという間になくなりました。

「エビス参で店長(山元さん)が作っていたまかないが本当においしくて。またあれが食べられるのが楽しみ」

まだ「ねこにこばん」ができる前、まみぞーさんがこんなことを言っていました。うん、確かにこりゃうまい。特別凝ったことをしてるわけじゃない。シンプルで誰が食べてもホッとする味。だけど、だからこそいい。

私は山元さんと面識があるわけではありません。もちろん知ってはいましたが、話したのは今回が初めて。

「オープンおめでとうございます」

「ありがとうございます。よくお見かけしますね(笑) 話はまみさんからよく聞いてます」

「ははは(笑) ずっと通しですか?」

「いえ、準備などがあるので、とりあえず3時から5時は休もうかと。終電で帰って来て、いつも『松屋』というのが私自身が嫌で、終電で帰って来てもちゃんと食べられるようなお店を作りたいな、と。だから深夜2時まで開けることにしたんです。何かダメなところがあったら、ビシビシ書いて下さい(笑)」

ダメなところ、か。あえてひとつ挙げるとするなら、これ以上俺を惑わさないでくれ、と。学大で通いたい店をもう増やさないでくれ、とw

「ごちそうさまでした。おいしかったです。また夜も来ます」

「ありがとうございました」

ニコニコとした穏やかな笑顔に見送られ店を出ました。

ああ、そうだ。「ねこにこばん」ができる前、ここは「寿し庄」というお寿司屋さんで、そこの大将と女将さんも本当にいっつもニコニコしてたなぁ。「寿し庄」のあとに「ねこにこばん」ができてくれてよかったな。

……と、穏やかにいられたのもここまで。

夜猫にご飯~人をダメにする酒肴

翌日、夜に来てみました。

昼はかわいらしいカフェのような雰囲気もあるのですが、夜はライトアップされてムーディー。

と言っても、メニューがあれですからねw いきなり「君の前々々菜」。そのくだらなさに脱帽。じゃなくて脱力w 遠慮なくワイワイやっちゃいましょう。ちなみに、お店は終電後までやっているので、仕事で遅くなった日でもしっかり晩御飯を頂けます。

まずはビールを飲みつつポテサラ(250円)。器はやっぱりネコ。

完璧。くっそうめぇ。やばい。細かく賽の目に刻んだポテトとペースト状のポテトが混ざってます。玉ねぎが食感のアクセントを出しています。惜しみなくコンビーフが使われています。ポテサラに正解があるとするならこれです。まじうまい。

で。

自家製辣油なんてあればこうするに決まってるじゃん? この辣油がまたえげつない。だめだよこれ。花椒がしっかりきいてて、辛くて、香ばしくて、そしてサクサク。そう、サクサクなんです。天かす?と思ったのですが、聞いたらちょっと違いました。気になる人は聞いてみて下さい。

止まりません。このままずっと食っていたい。ああ、「何かだめなところ」ね。うん、これだめ。

鶏のから揚げ(400円)はボリュームがあって、これまた超うまい。

当然、こうなるよね。だからダメなんだって。あーあ。勘弁して下さい。


※追記:お試し一杯は無料、追加は一杯50円となりました。販売も始まりました。詳細はお店でお問い合わせを。追記以上

サービスで頂いたこれは、麻婆豆腐が餃子の皮に包まれて焼かれたもの。なるほどね。こんなの余裕で10枚食える。いや、50枚いけるな。まっじうまい。

二杯目は塩レオンさわ(ママ)。ひと口飲むと、レモンの爽やかに後味はまろやかな塩。口内がほんの少し塩気を帯びます。ちょうど何かつまみを口にしたような感じ。となると、もうひと口飲みたくなります。するとやはりちょっぴり塩気。だからまた飲む……。

この一杯がそれだけで酒&肴のエンドレスループ。これもダメだ。私はもう二度と頼まない。なぜなら止まらないから。危険だから。うますぎるから。

「ネコが好きなんですね」

「本当は飼いたいんですけどなかなか。後藤さんはネコお好きですか?」

「そうですねぇ。飼ってます。学大で後藤と呼ばれるとくすぐったいので、ひろぽんでお願いします(笑)」

「そうだ。これ」

「まみさんがくれたんです(※左)」

「はは。かわいいですね」

「twitterとか見てると、まみさんみたいなタイプかと思ってたんですが、印象が違いますね(笑)」

「えええ? どういう風に見えるんだろうな。こんな感じですよ(笑)」

二人して、まみぞーさんをどんなだと思ってんだwww

「まだ二日目ですし、今週(オープンした週)はヘルプ入ってもらってますし、今後、一人でどうなるかわからないんですけどね」

おそらくナチュラルにそうおっしゃったんでしょうけど、ここはちゃんと書いとけよってことでもあるな。営業時間にせよ、メニュー構成(値段含む)にせよ、何にせよ、今後、変わるかもしれないので、その点はご了承下さい。ここに限らずだけど。

ほんといい人だな。いい人過ぎて心配になるほど。いや、そこまで内情を言わんでいいだろってことまでしゃべってるw よくまあ、ここまで騙されずに、このひと生きてきたな。そう思うほどw 女性ファンが多いというのもよくわかります。なんか癒される。

何かだめなところ――全部だめ。くっそうめぇ料理も、癒しキャラも、ホッとする店の雰囲気も、全部だめ。すべてが素晴らしく心地よくて人をだめにします。

完全なるライバル店が増えてしまった

くれぐれも【ねこにこ飯】だけの常連にはならないでくださいませ

by まみぞーさん photo by 俺w

もちろん半ば冗談で言っているわけですが、けど、実際に「ねこにこばん」へ行くと、これが冗談に聞こえない。こんな店ができちまったら、通う人も大勢出てくるだろうなぁ。

これだよ。これが本当にいい店なんだよ。もしダメになっていいなら、行ってみて下さい。私はダメになったし、今後もダメになりに行きます。

ごはんや ねこにこばん(猫にこ飯゛)
東京都目黒区鷹番3-3-10 第5エスペランス105
03-3710-3577
11:30~26:00(15:00~18:00休憩)
Facebookページ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ