WordPressのデータベースがぶっ飛び、バックアップも取っていなかった際の超アナログ復旧方法

wp-logo

サーバのデータベースがぶっ飛びました。正確には80%自分のせい。要はデータベースを上書きしてしまったという…orz

データベースが飛ぶとどうなるかと言いますと、過去の記事がすべてなくなってしまいます。こうなっても困らないように、小まめにバックアップを取っておくべきなのですが、そんなことを今さら言ってもあとの祭りです。

バックアップがありませんから、データベースレベルでの記事の復旧は不可能。そんなわけで、ひとつずつ超アナログな方法で記事を復活させています。

データベースがなくなっても記事を復活させる方法。それは…

googleキャッシュから拾ってくる!

なんてみじめな作業なんだw 具体的にはこんな感じで作業を進めています。

1.「site:http://自サイトURL」でgoogle検索

2.引っかかった記事のキャッシュをひとつずつ開く

3.ソースを見て記事部分とタイトル部分をコピー

4.自ブログの投稿に貼り付けて保存

5.「Search & Replace」というプラグインで投稿IDを元と同じようになるよう変更

6.保存した投稿の日付を当時のものに修正(日付の修正は一番最後に。なぜなら、WPの投稿一覧がデフォでは日付順なので、ここを最初に修正してしまっては、記事が下の方に追いやられ、作業が面倒になるからです)

データベース上で直接あれこれする方法もあるのでしょうけど、これが一番手軽だと思います。ただ、データベースを直接いじることには変わりません。「Search & Replace」の扱いにはご注意ください。

ま、手作業で復活させられるほど記事数が少なかったからよかった、と思おう。記事数が何百、何千とあった日には…。

やはり小まめなバックアップが大切ですね(^^;

というわけで、ついでにサイトも大幅リニューアル中。しばらく見づらいかもしれません。すみません。

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ