「楽助」はある意味、学芸大学で一番ディープな居酒屋

※2015.12.30追記:諸事情により「楽助」は2015年10月いっぱいで閉店しました。現在はきれいになって、「炭火串焼き 中村屋」という焼き鳥屋になっています。追記以上

rakusuke_01

学芸大学の西口商店街方面の路地裏にある「楽助(らくすけ)」。大将が一人で切り盛りしている、カウンター席だけの狭いインディーズ居酒屋です。

激安というほどでもない。大将は口が悪いし、店内は小汚い。正直、味も……。ですから、おいそれと人には勧められません。だけど、たまに行きたくなります。

今回頂いたのはアジフライとチャーシュー目玉焼き(ハーフ)。

rakusuke_02
rakusuke_03

アジフライの色も去ることながら、注目はアジフライの奥。カウンターにいろいろなものが雑然と積まれています。店内のゴチャゴチャ感がこれだけでも伝わるかと。緑茶割りのグラスの底に緑茶粉末が沈殿しているのにも風情がありますなw

アジフライなどはできあい(キャベツの千切りもスーパーのパック!)。それはそれでいいのですが、大将がフライパンを振って作るメニューはそれなりにおいしいです。メニューに載っているものを注文するのではなく、「なんか炒め物系で」みたいな頼み方をするといいかもしれません。

さて、私はこうした類の店においしさ以外の要素も求めます。いやむしろ、おいしさは二の次とすら考えています。居酒屋は単に飲み食いするだけの空間ではないからです。

大将は口が悪いです。毒舌です。見た目もすごいです。常連さんとは丁々発止でやり合っています。だけど、一見には決してそんな口のききかたをしません。優しいです。よくよく見ていると、インテリジェンスがあるし、品があるとわかるはず。店内の小汚さに品はありませんがw

ここより小洒落れてておいしい居酒屋は無数にあります。もし、”いい店=おいしい店”という考えなら、「楽助」に行かない方がいいでしょう。逆に、こんな説明を読んで「どんなところやねん!」と興味を持たれた方は、一度行ってみてはいかがでしょうか。

口は悪いけど愛らしい大将のいる、学芸大学で一番ディープで小汚いインディーズ居酒屋「楽助」。学芸大学にもこんな店があったんだと驚きますよw

楽助
東京都目黒区鷹番3-15-18
※(1)学芸大学西口商店街のauの角を左折。居酒屋「一杯だけ」の手前のたい焼き屋「目黒ひいらぎ」の前の路地 (2)学芸大学西口を出て左へ。交番の前、三井住友銀行の角を右折して、ひたすら真っ直ぐ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ