MEAT JOURNEY 2018

ワインと家庭料理の店「MIRIE’S(ミリーズ)」(学芸大学)は不思議な雰囲気

miries_01

学芸大学の東口を出て、線路沿いに都立大学方面へ。笹崎ボクシングジムの角を左折して真っ直ぐ行くと、ワインと家庭料理の店「MIRIE’S(ミリーズ)」があります。東口商店街のカルディを右折して真っ直ぐ、と言ったほうがわかりやすいかも?

何気なく見てしまうと普通に感じるかもしれませんが、実は店舗デザインがオシャレです。センスがとてもいい。もちろん業者が作っているのでしょうけど、店主(オーナー?)のセンスが表れているのだと思います。ヨットと銃のモデルが印象的です。海や海外旅行が好きなんでしょうね。

この日のBGMは竹内まりやと松任谷由実。80年代の葉山、鎌倉、江の島あたりのシャれた店に来たような気分になります。ノスタルジックでアンニュイ。

さて、頂いたのは、マンガリッツァソーセージとナポリタン。

miries_02
miries_03

家庭的な感じでとてもおいしいです。ワインもおいしい。

それにしても、この不思議さはなんなんだろう。店のデザイン、女性店主の雰囲気、BGM、すべてが異なる時空に連れていってくれます。40代、50代くらいの方が行けば、特にそう感じるんじゃないでしょうか。

MIRIE’S(ミリーズ)
東京都目黒区鷹番3-4-8
03-6452-3671

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ