悠久の「源平」(学芸大学)

genpei_04

おそらくですが、「源平」は学芸大学で一番古く、一番開店時間が遅く、一番お母さんがチャーミングな、一番不思議な居酒屋です。

場所は学芸大学駅の西口商店街沿い。開店時間が22時なので、「いつやってるんだ?」「え? ここってやってたの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。けど、ちゃんとやってますw

腰を悪くして休んでいるマスターの分まで張り切って、お店を切り盛りしているお母さん。御歳80歳! けど、80歳には見えません。とてもかわいいお母さんです。ここに店を開いたのは約50年前。

「源平? よく聞かれるのよねぇ。もともと姉が源平って店をやってて、もう辞めたんだけど、屋号をなくすのもったいないから、そのままつけちゃったの。弟も新宿で源平って店やってるのよ。

この辺も50年前は何もない田舎だったわよ。商店街はあったけど、飲食店はほとんどなかったわね。お寿司屋さんとお蕎麦屋さんがあったくらい。

みなさん遅いでしょう。帰りが。だから、うちも10時から(笑)」

おしゃべり好きなお母さん。調子に乗って、マスターとのなれそめを聞きました。そうしたら、手で顔を隠して照れます。かわいいw

「なれそめって!(笑) 私、伊豆の出身なのよ。当時、伊豆の東急ホテルで電話交換手やってたの。大きなホテルだったから、交換機が2台あってね。その時、調理場にいたのがマスター。交換手だからいろいろ話すでしょう。そうしたら、いつの間にか、ね(笑)」

おおよそ電話交換手がどういうものかは知っていますし、映像でも見たことはありますが、実際にやっていたなんて方には初めて会いました。すごい。

genpei_02
genpei_03

木目調のエアコン、カウンター向うのガラス戸、黒ずんだ梁、すべてがこの店の歴史を物語っています。ただ、古いわりに物が少ない。こういう店はたいがい、いろいろな物で溢れかえり雑然とするもの。「楽助」や「久慈川」のようにw だけど、「源平」はさっぱりしています。お母さんの性格なんでしょうね。

genpei_01

今回はお通しをつまみながら酒をグビグビ。このお通しがなんだかおいしい。

メニューはありません。もし何か食べたければ、お母さんに相談して下さい。ただ、そんなにあれこれさせるのもなんなので、最初の数回はお酒だけ頂きに行くのがいいかもしれません。

「こんなエアコン、もうないでしょう。だけど、まだまだ動くのよ。結構、冷えるわよ。もう何年もやらないだろうし、このままでいいかなって(笑)」

50年もの間、変わりゆく街を、行き交う人々を、変わらない温かい笑顔で見守ってきた居酒屋「源平」。ほんのわずかですが、その歴史の一端に加われたことが嬉しいです。

夏、あのエアコンが稼働しているのを見るのが楽しみだ。

源平
東京都目黒区鷹番3-19-8
03-3710-1907

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510