居酒屋「屋台屋さん」(環七・野沢)の少年に酔った夜

yataiyasan_05

※追記:残念ながら、2016年10月10日、「屋台屋さん」の19年の歴史に幕が下りました。短い間でしたが、とてもお世話になりました。素敵な空間をありがとうございました。追記以上。


居酒屋であればどんな店であっても飛び込み飲み歩いてきました。そんな私が、約2年間、足を踏み入れるのをためらっていた居酒屋「屋台屋さん」。意を決して行ってみました。いま思うのはこう。

「ああ、もったいない2年間だった」

yataiyasan_02

環状七号線沿い、野沢交差点にあるインディーズ居酒屋「屋台屋さん」は創業19年。お母さんが一人でやってらっしゃいます。

「もともと扉がなくて、全部開いていたのよ。そして、ここに屋台みたいにおでん置いてお客さんが座ってて。だから店名も、ね。もうこの歳でしょう。お客さんは一人、二人といなくなって、最近はずっと暇(笑)」

なんてことを瓶ビールを飲みながら聞いていたら、扉がガラリと開きました。入って来たのは中学生の男の子。

「あら、○○ちゃん、遅いわね」

お孫さんです。スマホでLINEか何かをしつつ、イヤホンで音楽を聞いています。なかなかのイケメンw 私はとりあえず卵焼きを注文しました。出てきたのがこちら。

yataiyasan_04

卵焼きにサラスパ。最高。うまい。

「みりんとかいろいろ入れるでしょ。そうしたら、一発目、失敗しちゃった(笑) 焦げやすいのよねぇ」

お母さんがそう言うと、間髪入れず、少年がこう言いました。

「じゃあ、それ食うよ」

少々焦げた、だけど十分食べられるくらいの見た目です。それをご飯に乗せむさぼり食う少年。

「ぜんぜんうまいじゃん」

なんてレベルの高い少年だ。結局、この少年がとんでもないヤツで、彼のおかげで、今後もここに来ようと思うに至るわけですが。

yataiyasan_03

「いつもはどの辺りで飲んでらっしゃるの?」

「学芸大学が多いですね」

「そうよね。若い方はあっちの方がいいわよね。昔は私もよく行ってたんだけど、随分、お店も変わっちゃって」

「スナックゆみ知ってます? あそこのママも6月に閉めるって噂で」

「あらそう。以前はウチにもよく来てくれてたのよぉ。湖畔って知ってる? あそこもよく行ってたし、こっちにもよく来てくれてて」

「ご高齢の方が多くなって、閉まる店も増えてるみたいですね。僕が知ってる限り、一番のご高齢は源平のママかなぁ」

「源平? 源平、源平……。ああ、あの通り沿いの」

とお母さんが言ったところで、再び少年が口を開きます。

「王将の前あたりでしょ?」

よく知ってるな、と感心している暇はありませんでした。そこから次々と、あそこがおいしい、ここがいいと少年が語り出します。

「貧乏(?)はもうないよ。いまは水タバコの店。その下の学大家ってラーメン屋によく行くかな。安いから中学生でも行けるんだよね。好きなのは砂田かな。ああいうクセのあるラーメン好き。量もすごいんだよねぇ。醤丸もいいし、魂心家も好き。ああ、茶碗屋って知ってます? おもちゃ箱を引っくり返したような店(中学生がこんな表現するか!?w)。あそこの油そば最高。なんて説明すればいいかな。香氣の交差点を右にずっと真っ直ぐ行ったところです。いい店ですよ」

学芸大学、祐天寺、目黒界隈のラーメン屋、居酒屋のほとんどを知っている中学生。少々は知っているという自負がありましたが、少年のほうが断然上を行っています。

「だってもう長いですもん。学大あたりも全部、同級生。東口の○○って靴屋わかります? あそこの子も同級生で、告白してフラれた」

開けっぴろげだなw

関連記事:「學大油そBar 茶碗屋」は店自体が”油そば”だった

その後も、学芸大学、中目黒、祐天寺界隈の飲食店情報を交換し合いました。

すするは高いから行けない(高かったか!?w)。だったらびぎ屋は? あのカウンターのところですよね。まだ行ったことない。今度、行ってみよ。ニュープラスワンいいですよ(あんなとこに中学生が行くのかよ!w)。ばんにはよく行くかな。祐天寺だったら、亜華司弥おいしいですよ(いまググったら、寿司屋じゃねーか! どんな!w)。中目黒のブックオフ潰れましたよ。え、まじ?

聞けば、つい先日も、自由が丘の焼き鳥屋「かとりや」に行ってきたのだとか。お母さんは呆れてこう言います。

「お酒飲まないし、1本100円なのに、6000円も飲み食いするのよ!」

「隣の人にコーラごちそうになってたから、それでも随分、安くなってるはずだよ。コーラは確か280円だったかな。あそこいいですよ。安いしおいしいし」

ここまで豊富な、そして有益な居酒屋情報を聞けたのは久しぶりです。そして、それが中学生からというのは人生初です。

「じゃ」

「またね」

小雨の中、自転車をかっとばし帰っていく少年。

教えてもらったいくつかの店に、さっそく行ってみよう。そして後日、「屋台屋さん」でまた会ったら、行ってきた話をしよう。

話好きで素敵なお母さん、学芸大学情報にとてつもなく精通しているおませな中学生。こんなおもろい居酒屋、絶対また行かなきゃだめでしょう!

あー、2年前の少年に出会っていたかったなー。どうでもいいけど、写真で見せてもらった少年のお母さん、俺より年下でかわいかったなあw

yataiyasan_01

屋台屋さん
東京都目黒区東が丘1-1-20 仙田ビル(おそらく。魚政という魚屋さんの隣です)
※環七のラーメン屋「屋台屋」とはまったく関係のない別の店です

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ