「學大油そBar 茶碗屋」は店自体が”油そば”だった~着物姿のきれいなママがやっている油そばも食べられる楽しいバー

追記:2016年10月、「學大油そBar 茶碗屋」は閉店しました。追記以上

居酒屋「屋台屋さん」で出会った中学生のお孫さんに教えてもらった「學大油そBar 茶碗屋」。翌日、さっそく行ってみました。

関連記事:居酒屋「屋台屋さん」(環七・野沢)の少年に酔った夜

学芸大学駅から徒歩約10分。東口商店街を真っ直ぐ進み、「香氣 四川麺条」のある信号を右折。道なりにしばらく歩くと、なんとも賑やかな外観の「學大油そBar 茶碗屋」があります。

chawanya_03

店に着いたのは19:30ごろだったでしょうか。明かりがついていたのでドアを開けると、ママがあれこれ後片付けをしています。

「まだですか?」

「あ、いえ……」

「もう少しあとで来た方がいいですかね」

「こんな状態でもよければ、中で待っててもらっても」

最近、こういうパターン多いなw

どうやら、前日の大賑わいの後片付けをしているそうです。昼間のお仕事もされているので、前日中に片付けられなかったのだとか。

事前に写真で見ていた感じとはかなり違います。いろんなものがとっちらかった店かと思っていました。しかし、確かに物は多いものの、ちゃんとバー然としていますw

chawanya_02
これは片付け前の様子。普段はちゃんと片付いていますw

ウーロンハイを飲みながら、片付けを見守ります。いろいろ話をしながら。口開けに入るのって、こういうよさがありますよね。特に一見は最初に入っちゃうのが楽です。常連さんのいない中、じっくりと店主と話せますから。

とにかく明るく、シャキシャキしているママ。話がとても面白い。そしてとてもキレイです。いろいろ話しましたが、詳細は伏せておきましょう。

片付けが終わり、落ちついたところで、名物の油そばを出して頂きました。

chawanya_01

初めてで勝手のわからない私に代わり、ママが一生懸命混ぜてくれました。濃厚でこってりとした油。だけど、スルっと食べられちゃいます。油そばはあまり食べたことがないのですが、とてもおいしいです。

それにしても、不思議な魅力のあるお店です。店の雰囲気、ママの人柄、これらすべてが相まって、おかしな磁場が形成されています。ですから、立ち寄るお客さんも面白い。この日、私のあとに入って来たのは、顔が激似のかわいらしい母娘、ホロ酔いの犬連れカップル、ダンディなサラリーマン。それに、こんな怪しい私と和装のママ。どんな店だw

ほんとかわいらしい、性格もマジでかわいい中学生の娘さんは先に帰り、母親はジントニックを飲みだしました。酔ったカップルは、おそらくはいつもの調子なんでしょう、少々モメながらも楽しげに帰っていきました。

その時のこと。カップルが連れていた犬を抱きながら、ママが犬の名前を呼びました。ここでハッと気づきます。ああ、そうか。なるほどね、と。

この犬の名前、前日の「屋台屋さん」で聞いていました。つまり、このカップルの女性は、例の中学生のお母さんだったのです。「茶碗屋」のママの息子と例の中学生は同級生。「屋台屋さん」と「茶碗屋」はお互いに行ったり来たりするような仲。中学生の母親がここにいても、まったく不思議はないのですが、私としては、前日に息子、翌日に母親に出くわし、なんとも面白い縁を感じましたw そして、写真で見ていた通り、やっぱりなかなかかわいいお母さんだ。かなり酔ってたけどw

喜びや悲しみを背負ったさまざまな年代のさまざまな人が寄り集まる「學大油そBar 茶碗屋」。人と人が交わる様は、まるで油そば。ひとクセもふたクセもあるような”具”を混ぜ合わせ包み込むのはママの器。

油そばは単なるお店のメニューではありません。店自体がママという茶碗に盛られた油そばです。この油そば、また味わいに行きたいな。

學大油そBar 茶碗屋
東京都目黒区鷹番1-3-4
03-5734-1525

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ