生タイプの「小豆島 手延べ 生そうめん さぬき育ち」はうどんぽいけどおいしい素麺

sanukisodachi_nama_01

「小豆島 手延べ 生そうめん さぬき育ち」は生タイプの手延べ素麺です。前回の「小豆島そうめん さぬき育ち」と同メーカー、同ブランド。

まず、はさみで半分に切り、約3分茹でます(表示は3分半)。茹であがったら10分以内に食べます(と書いてあるw)。

ツルツルな舌触り。ムニっとした歯切れ。喉越しもツルツル。食べやすく、清涼感もあり、おいしいです。

sanukisodachi_nama_02

いわゆる”素麺”とは少し違います。うどんぽさが強い素麺です。乾麺の手延べうどんと手延べ素麺の違いは規格上(乾めん類品質表示基準)、太さだけ(細かな違いや実際の製造工程の差異はいろいろあるのですが)。生麺にいたっては、うどんと素麺の違いを規定する規格条項はなく(生めん類の表示に関する公正競争規約)、慣例的になんとなくの太さとイメージでメーカーが独自に「うどん」「ひやむぎ」「そうめん」と呼び分けているだけ。ですから、両者が似ていることもしばしばあります。ただ、うどんぽい素麺は、おいしくないことが多いです(特に機械素麺)。

この「小豆島 手延べ 生そうめん さぬき育ち」は、素麺かうどんかはさて置き、どちらにしても食べ物としておいしい。よくできています。素麺ぽくないので、素麺が食べたいという人には、なかなかおすすめしにくいですが。

いろいろな素麺を食べてきた。ちょっと変わったおいしい素麺を食べてみたい。そんな方は試してみてはいかがでしょうか。

オススメ度:★★★☆☆

名前:小豆島 手延べ 生そうめん さぬき育ち
原材料:小麦粉、食塩、食物油
製造者:(有)森本商店

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510