学芸大学の「BOOZE(ブーズ)」は焼き鳥もおいしいワイン居酒屋です。

※追記:2016年9月に「BOOZE(ブーズ)」は焼き鳥をメインとしたワイン酒場に生まれ変わりました。有沢さんは飯田橋の新店舗「Le Ginglet(ル・ジャングレ)」。学芸大学の店舗は新しい方が店主として立ってらっしゃいます。以下には古い情報が含まれています。ご了承ください。追記以上

2016年6月23日追記:飯田橋に新店舗をオープンさせるようです。これに伴い、学大の店は休業します。再開予定は8月~9月ごろだそうです。追記以上

booze_08

学芸大学のワイン系居酒屋「BOOZE(ブーズ)」が約1ヶ月の休業を経て、昨日(2015.06.22)再開しました。19時ごろうかがったのですが、すでにほぼ満席。同店の人気の高さを物語っています。

学芸大学駅から徒歩1分。西口を出て日高屋の角を右折。その先の「東軒」を左折すると、賑やかな店が見えてくるはずです。人気店ですし、多くの方がご存じかと思いますが、一応、メニューをいくつかご紹介。

booze_03
booze_07
booze_04
booze_02
booze_01
booze_05
booze_06

上から、白レバー串、仔鴨の串、仔羊の串、水ナスと桃のサラダ、自家製ソーセージ、渡り蟹のトマトクリームパスタ、白ワインサワー。白ワインサワーはホッピーのごとく、ジンジャーエール1本で白ワイン2杯分を飲みます(セットで650円、”中”が350円)。

BOOZEがオープンしたのは2012年1月。それから3年半が経ち、学芸大学にはワイン系のバル、ビストロ、居酒屋が乱立するようになりました。その中で、新生BOOZEがどうなっていくのか。楽しみです。

スタッフが替わったので、慣れない部分も多く、特に急いで顔を出したいというのでなければ、1ヶ月後くらいに行ったほうが落ちつけるかも?

BOOZE
東京都目黒区鷹番3-7-4 鈴や第3ビル1F
03-3760-5454
※学芸大学駅西口を出て、日高屋の角を右折し、その先のひとつ目の角(東軒のある角)を左折。表にワイン樽の席が出ているので目立ってます

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ