龍雲寺交差点のバー「lipelala(リペララ)」は役者さんがやっているせいか、舞台っぽく感じられるバーです

lipelala_01

東京都世田谷区野沢、環七の龍雲寺交差点に面白いバーがあります。バーの名前は「lipelala(リペララ)」。ハワイ語で自由人という意味なんだとか。英語で言うところの「liberal」ですかね。

まず目に飛び込んでくるのは扇状の巨大なカウンター。鉄板を削り出してこうしたのだとか。テーブルも同じ材質で特注だそうです。ひんやりとしていて、この季節は気持ちいいw 赤い椅子、照明、扉もポップでオシャレ。クラブのような作りです。

lipelala_02
lipelala_03
lipelala_04

店をやっているのは堀源起さん。役者さんです。現在は蜷川幸雄氏の舞台に出てらっしゃいます。蜷川幸雄といえば灰皿のイメージですが(どんなw)、タバコをやめて、最近は灰皿を投げないとのこと。しかし、”蜷川節”はまだまだご健在のよう。

マスターは一見、クールな感じがしますが、舞台のことになると熱く語り出します。さすが役者さん。まったくの門外漢なので、興味深く舞台の話を聞いていました。

役者さんがバーをやるというのは珍しいことではありません。下北沢あたりに行けばよく見かけます。そして、そういうバーのお客さんも役者さんが多い。こちらもそうなのかな? 前回うかがった際、それはそれは綺麗な女性が隣にいて、今回聞いたら、やはり女優さんだそうです。べっぴんさんだったもんなー。

実は歴史の古い店で、もう13年やってらっしゃいます。

「以前はこのあたりにもちょくちょくとバーがあったんですけど、もうほとんどなくなっちゃいましたね」

と堀さん。”陸の孤島”とも言うべき龍雲寺。バーに限らず、飲食店はそれほどありません。近隣住民が外で飲むとしたら三軒茶屋や学芸大学? 少なくともこのあたりで外食することはほとんどないんでしょうね。そんな立地で13年。すごい。

というわけで、近くにお住まいの方、龍雲寺界隈に用事があって出かけられる方、帰り際にサクっと一杯、寄ってみてはいかがですか? 演劇が好きなら、マスターと熱く語り合えると思います。演劇が好きでなくても楽しいですよ。……ああ、そうか。あのカウンターは見ようによっては”舞台”ぽいな。

それにしても、公式サイトがなぜ育英幼稚園!?w 今度行った時、聞いてみよ。あと、メタとフッターが「lepelala」になってるぞ??w

lipelala(リペララ)
東京都世田谷区野沢2-1-1 ARビル B1
03-5779-7676
公式サイト
※世界中を飛び回ってるので、休み休みになることもあるそうです

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ