MEAT JOURNEY 2018

松井精肉店の揚げたてコロッケ、メンチカツ、鶏のから揚げ(キャベツ付)を世田谷公園でいただく至福の昼下がり

精肉店の惣菜、揚げ物、弁当などが大好きです。見つけたら思わず買ってしまいます。野沢通りというか、蛇崩近くというか、下馬通りの北側を平行に走っているバス通りというかにある、松井精肉店もそんなお店の内のひとつ。

matsuiseinikuten_01

市内局番が3ケタのままです。これがまず素晴らしい! 長く続いている名店である証拠です。お父さんにうかがったところ、「戦後すぐから。70年近く」とおっしゃっていました。

matsuiseinikuten_02

注文が入ってから揚げ始めます。これも素晴らしい! 揚げたてのほうがおいしいに決まってます。もちろん、その場で揚げる分、時間がかかります。だけど、揚げている時間も調味料のひとつ。揚げている音を聞きながら、場合によっては店主と談話しながら待つ時間を贅沢と思えないようなら、こういう店に来ちゃいかんです。

ちなみに、学芸大学の「栄屋精肉店」は、注文が入ってから衣をつけます。

さて、注文したのは、コロッケ、メンチカツ、鶏の唐揚げという揚げ物スリートップ。せっかく揚げてもらったのです。時を移さずすぐに食べるのがこちらの責務。急いで近くの世田谷公園に向かい、いただきます。

matsuiseinikuten_03

なんて美しい揚げ物たち。包を開けると油の香ばしい香りがフワっと立ちます。揚げ物を頼むと千切りキャベツがついてくるのも素晴らしい!

鳥の唐揚げはとてもジューシーです。メンチカツは甘めでシュウマイのような味わい。コロッケはほんのりカレー味。どれも衣はカリッ、サクッ。とても香ばしい。シャキッとしたキャベツと一緒に口へ放り込みます。ああ、なんてうまいんだろう……。

matsuiseinikuten_04

これは別日に買ったメンチとコロッケ。相変わらずうまい。

基本的にはオーソドックスです。古くからある近所の精肉店のコロッケがトリッキー、そんなワクワクは無用。日ごろの食卓にも上がるような、ごくごく普通の、安心して頂ける変わらない味こそが、こういうお店には求められます。そして、松井精肉店はそれを実践しています。

素晴らしいお店ですが、わざわざ遠くから買いに行くようなものではありません。松井精肉店に限らず、こういう店は。近所でこうしたお店をぜひ見つけてみて下さい。そして、一度買ってみて下さい。時折でいいので、できれば長く付き合って下さい。そういう人が少しでも増えれば、街は、文化はそのよさを失うことなく守られていきます。大げさではなく。

松井精肉店
東京都世田谷区下馬1-18-9
03-3421-3466
食べログ
※三宿通りと野沢通り(なのか?)の交差点(下馬一丁目交差点)からすぐ。世田谷公園近くです
※最寄駅は祐天寺ですが、下馬方面に住んでいて、普段、学芸大学駅を利用しているという方も多いと思うので、学芸大学タグをつけておきました

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ