MEAT JOURNEY 2018

学芸大学の「ワイン食堂 MATSU」は一人でも気軽に行ける、カジュアルだけどおいしいスペイン系の店でした

またワインですか、と。

どんだけワイン好きやねん、と。

学芸大学にできたんです。

ワイン食堂的なのが。

学芸大学はワインだらけです。

けど、まあ行くわけですよ。

新しくできたってんだから。

ったく、しょうがねぇ。

ちょっくら味見……。

すみません。

ワイン好きです。

おいしいかったです。

生意気言ってすみませんでした。

matsu_01

学芸大学駅の通称”バス通り”。駒沢通りにほど近い場所にオープンした「ワイン食堂 MATSU」。見た感じは正直、あまりそそられませんでした。だけど、ほろ酔い気分も手伝って入ってみます。

おお、表からはわからなかったけど、カウンターがあるじゃないですか。なんだ、一人で行けるじゃん。

まずはレバーパテ。

matsu_02

クリーミーでとても甘い。生クリームなんでしょうけど、それだけじゃなさそう。

「サングリアを入れてるんです」

へぇ。ということは、フルーツ系の甘みということか。なるほど。とてもおいしいです。

次はおまかせパスタ。チラッチラッとカウンターから厨房をのぞき見ます。トマトソースのあとに、ダシのようなものを入れていました。なんだろう。

できあがったのがこちら。

matsu_03

「北海道のタコを使ったトマトソースパスタです」

ぷりぷり、コリコリのタコがとてもおいしい。トマトソース自体は比較的あっさり。だけど、しっかりダシがきいています。と思ったら、口の中に違和感。おっと、これは貝のフタ?

「さっき、トマトソースのあとにダシのようなものを入れていましたよね」

「ブロードです」

「貝使ってます?」

「ツブ貝を使ってます」

なるほど。こりゃうまい。しっかり作ってるなぁと食べていたら、「よければ、こちらをどうぞ」

matsu_04

北海道ケルナーというワインをサービスで出してくれました。フルーティーで甘くてどっしりしててうまい。ダシのきいたトマトソースパスタともよく合います。

スタッフの方はとてもいい感じ。ワイン以外にもジン、ラムなどもあって、女性客が多めな印象です。

ワインが600円ほど、パテが680円ほど、パスタが1000円ほど(確か)。チャージ的なのはなしかな? そこそこリーズナブル。

横浜・上大岡のスペイン料理店「テソロ・デル・マル(Tesoros del Mar)」の姉妹店だそう。何気にいい店見つけちゃったw もう少し他のものも食べてみよう。

ワイン食堂 MATSU
東京都目黒区鷹番3-14-20
03-6452-4111

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ