「中華 昌田」(五本木)の辛子ソバは激熱でとてつもない量のうまいラーメンでした~”喧嘩中華”という新たなジャンルを発見!w

shouden_01

「食べログ」に載ってない店を見つけるとアガりますなw

五本木交差点の近く、三宿通りから一本入ったところに、「中華 昌田(しょうでん)」という中華屋さんがあります。いくつかのブログで紹介されていますが、「食べログ」には載っていません。ずっと前から気になっていて、ようやく行けました。

店内は雑然としていますが、比較的きれいです。壁には「当店自慢」と書かれたメニューが貼られています。その内のひとつ、肉入り辛子ソバ(900円)を注文しました。

shouden_02

基本的には醤油ラーメンです。そこに少しトロみのある、ショウガのきいたひき肉がかけられています。普通はこれだけでいいと思うのですが、さらにチャーシューも大量に乗っています。麺はどこにでもありそうな普通の中太ちぢれ麺。

町の中華屋さんですから、ダシ薄め、醤油濃いめのスープを想像していました。ところがぜんぜん違います。鶏ガラの甘みがよく出ていて、醤油の角も取れています。とてもまろやかな醤油スープです。ひき肉炒めに混ざっているショウガ、唐辛子がとてもいいアクセント。うん、こりゃうまい。

ただ、とにかく熱くて、量が多いです。食べ終える頃にはTシャツはグッチャグチャ。鼻水ズルズル。大げさに言うと1.5玉分あると思って下さい。普通の女性だったら食べきれないかもしれません。

食後、アイスコーヒーが出てきました。スジャータ付です。いいねー。

shouden_03

「中華 昌田」は60代くらいのご夫婦でやってらっしゃいます。お父さんが料理を作り、お母さんが運びます。この二人のやり取りがめちゃくちゃ面白い。お母さんが料理を取りに行くたびにケンカしてます。

お母さん「そこ置いたら運ぶ時にこぼれるじゃない」

お父さん「こぼさなきゃいいだろ」

なんという切り返し!w やばい。笑いそうw

お父さん「冷やし中華あがったよ」

お母さん「ボリュームすごくない?」

えええええ!? そこにケチつける?w それに、冷やし中華なんてこれまで何十年と飽きるほど見ているはず。なのに、今さらその感想?w ブホッとなったのですが、ちょっと咳き込んだ風を装い、なんとか誤魔化しました。

ケンカはしていますが、仲が悪いという感じではありません。こういう調子でずっと夫婦をやってきていて、こんなのは日常会話なんでしょう。また、ケンカはしていますが、客に対しては態度が180度変わります。めちゃくちゃ丁寧で親切です。瞬時に変わるこの態度。すごいw

ラーメン・焼きそば類が10種ほど。他にチャーハン、野菜炒めなど、町の中華屋さんの定番メニューがひと通りあります。次は飯ものを食べてみよう。どんなケンカが繰り広げられるかも楽しみですw

ああ、そうだそうだ。熟年夫婦がケンカしながらやってるお店ってありますよね。特に中華屋さんで多いような。なるほど、”喧嘩中華”だ。新しいジャンルに気付いたよ。ありがとう「中華 昌田」w

中華 昌田(しょうでん)
東京都目黒区五本木3-6
※五本木交差点から三宿方面へ。二本目の路地を左折。表通りから覗いてもピンクの看板が見えるのでわかりやすいかと

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ