「御惣菜・おにぎり すずき」(学芸大学)のお母さんが見せたすご技と優しさに感動しました

onigirisuzuki_01

学芸大学駅西口を出て、線路沿いを五本木方面(渋谷方面)へ。学大横丁が終わった先の高架下に「御惣菜・おにぎり すずき」があります。店頭で惣菜数種、おにぎり数種を販売している、とても小さなお店です。

カウンターにある呼び鈴を押し、お母さんを呼び出します。そして、おにぎりの梅、鮭(各140円)とポテトサラダ(165円/100g)を注文。お母さんはポテトサラダを容器にすくい、計量器に乗せます。すると、105gでした。

「すごい! ほぼ100g! 毎日やってると、わかるもんなんですか?」

「ははは。100gぴったりというのは年に2回か3回よ(笑)」

店頭にはベンチがあります。

「ここで食べてもいいですか?」

「どうぞ。テーブル持って来るわね」

持って来て頂いたテーブルにおにぎりとポテトサラダを置いて、さっそく頂きます。

onigirisuzuki_02

おにぎりはふんわりと握られていて、食べると口の中でホロリとほぐれます。塩加減は控えめなんですが、具と合わさるとちょうどいい。ポテトサラダもお母さんが作ったポテトサラダ、という感じ。優しい。どれも本当においしいです。

夢中になって食べていると、「これどうぞ」とお母さんが麦茶を持ってきてくれました。氷も入っていて冷えています。いいなぁ、こういうの。

onigirisuzuki_03

なんてことのないおにぎり2個と、なんてことのないポテトサラダ。全部で500円以下です。だけど、お母さんのお店の前で、お母さんと話をしながら、冷たい麦茶を頂きつつ食べるこれこそが、最高の贅沢だと私は感じます。

御惣菜・おにぎり すずき
東京都目黒区鷹番2-13-10
03-3714-0278

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ