MEAT JOURNEY 2018

ジャズが流れるバー「SHOT BAR BLUE」(学芸大学)の落ちついた雰囲気、おいしいお酒、マスターの美声に癒されました

学芸大学駅から徒歩1分。西口商店街の「日高屋」の角を右折、その先にある「東軒」の角を左折。すると、バーやスナックが入っている学芸大学でもっともコアな飲食ビル・鈴や3ビルがあります。とても賑やかなビルなんですが、その中に一軒、とても落ちついたバーがあります。2階にある「SHOT BAR BLUE」です。2011年6月にオープンしたバー。

shotbarblue_02

私は今回が初めて。カクテル定点観測と言いますか、知らない店に行ったら毎回、ジントニックを注文します。作り方の差がわかって楽しいからです(別にどういう作り方が好きとかという強いこだわりはありません)。

「ジントニックください」

まずはライムを絞り、アイスピックで割り出された角氷をふたつグラスに入れます。続いてビフィーターをメジャーカップで30mlプラスαだから40ml。最後にウィルキンソンのトニックを入れて……。ん? トニックを途中でやめて透明のボトルを持ち出しました。あれはウィルキンソンのソーダのはず。

飲んでみたら、トニック感が薄めです。やっぱりソーダだ。「ジンソニック」って聞こえたかな? あえてこう作ってるってこともよくあるしな。まあいいやw 今の気分だと、むしろこっちのほうが飲みやすいし。

shotbarblue_01

バックバーの下部にはレコードがずらりと並んでいます。マスターがレコードをかけます。ジャズです。

「ジャズお好きですか?」

「いえ、特に……すみません」

「いえいえ。看板に”ジャズバー”ってあるから、たいがいの方はジャズ好きなんですけどね(笑)」

おや? そうだったかな? そして店名は「BLUE」だったはず。ブルースではなかったような。よくわかんないけど、まあいいやw

マスターは私より4、5歳上。めちゃくちゃいい声です。あとでわかったのですが、バンドのボーカルをやってらっしゃるようです。うん、”学芸大学3大美声マスター”に認定だ。あと二人は誰だろう。「BULBS」のシマさんと、あと……まあいいやw

カウンターにはアイラ系のモルトが並んでいます。アードベッグ、ラフロイグ、カリラ、ラガヴーリン、ブナハーブン。だけど一番左になぜかマッカラン。なんでだろ? まあいいやw

ブナハーブンは久々。値段によってはハイボールにしてやろうかと思ったのですが、それなりの値段だったので、角ハイにしましたw

「いつもはどこへ行かれます?」

「このビルだとBULLBULL(ブルブル)によく行ってます」

「ああ、私は行ったことないんですけど、いっつも混んでますよねぇ」

「え? そうでもないですよ」

「だって、賑やかな声がいつも下から……。『おやすみー!』『また来てねー!』って」

「ああ、ママのマミさんですね。声がやかましいだけですよw いつもうるさいですよね。すみません」

って、なんで私が謝ってるんだ!?w まあいいやw

その後もいろいろな話をしました。なんとなく大杉漣を彷彿とさせるマスターの顔。声もしぶくて、朗らかで、大らかな感じがして癒されます。なんでも「まあいいや」って思わせてくれます。

会計は2杯で1300円。ノーチャージか。安っ。料理もおいしそうだし、今度はもうちょっとゆっくりしてみようかな。

店を出て確認しました。

shotbarblue_03

やっぱり”ジャズバー”とは書かれていませんでした。まあいいやw

ジャズが好きな人、静かに落ちついて飲みたい人、美声に酔いたい人、一度、「SHOT BAR BLUE」の扉を開けてみて下さい。癒されますよ。

SHOT BAR BLUE
東京都目黒区鷹番3-7-4 鈴や3ビル203
Facebookページ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ