上海菜館(学芸大学)のちょっと変わったチャーハン&半ラーメンに店の歴史を感じました~中華料理店の日本ならではの創意工夫が地元の人たちの心を掴む

shanhaisaikan_01

たらふく酒を飲んだ次の日は、濃厚でガッツリしたメシを胃に入れたくなります。うん、今日は中華だな。というわけで、学芸大学駅のバス通り(鷹番三丁目本通り商店街)にある上海菜館(しゃんはいさいかん)のランチに行ってきました。

shanhaisaikan_02

とてもきれいな店内です。笑顔の絶えないご一家が営まれています。ランチ、夜ともにいろいろなメニューがあり目移りしてしまうのですが、今回は「本日のランチ」エビとイカの玉子チャーハン(半ラーメン付)を頼みました。

チャーハンとラーメンのどちらを選ぶかというのは、「私と仕事どっちが大切なの!」的難題です。しかし、日本人は偉い。この難題をあっさりと解決してしまいます。”半”メニューによって。

では、チャーハンとラーメンのどちらを”半”にすべきでしょうか。これは人それぞれの好みですが、私は半ラーメンにしたい。だって、ラーメンをフルに食べたら、もうそれでお腹いっぱいになるじゃないですか。チャーハンをフルにして、半ラーメンにすれば、スープ付チャーハンと量的にさして変わりません。これがちょうどいい。

そんなこんなで、まずは半ラーメンがやってきました。

shanhaisaikan_03

トッピングはネギ、のり、メンマ、ワカメ。おいしいんですが、ちょっと面白い。こういう類の店では中華スープもしくは鶏ガラスープを使うのが普通。もちろん、そういうものも入っているのでしょうけど、これは魚介系のものがガッツリ入っています。たぶん、いりこかな? 珍しい。

半ラーメンを半分ほど食べた頃にチャーハンが運ばれてきました。

shanhaisaikan_04

これも面白い。チャー=炒、という感じがしません。ご飯からピラフを作ってみました、といった優しい味わい。とてもおいしいです。

街場の中華料理よりもオシャレ。かと言って、本格中国料理というわけではなく庶民的。これは中途半端ということではありません。調理に工夫を凝らし、メニューを増やし、時には経営スタンスを変え、こういう形に落ちついたんだと思います。そして、研究と努力を積み重ねてきたからこそ、長く地元の人に愛されてきたのでしょう。こういうお店、素敵。夜も行ってみないとな。……わぉ、調べたら昭和34年創業だって。すごい。

上海菜館(しゃんはいさいかん)
東京都目黒区鷹番3-12-5
03-3713-4808
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ