真砂喜之助製麺所の「ふしめん」を激辛イタリアンにしてみた/アラビアータは怒らせろ!

アラビアータで怒らせてみた

イタリアに行った友人から、こんなお土産をもらいました。

fushimen_00

food ARTEというブランドの調味料「ARRABBIATA」。唐辛子、ニンニク、パセリ、コショウが混ざった、パスタのアラビアータ用のシーズニングです。

基本的にはこの調味料とトマトを混ぜればアラビアータになるのですが、冷蔵庫にいろいろなものが余っていたので、具だくさんのアラビアータ風を作ってみました。

fushimen_01

玉ねぎ、ナス、ベーコンを軽く炒め、大量の「ARRABBIATA」を投入。ホールトマトを加え煮詰めたらソースの完成です。あとは茹でたペンネを和えるだけ。

fushimen_02
fushimen_03

見ただけでも辛そう。そこそこ辛いものも大丈夫な相方がひと口。

「マジ辛い」

半ギレです。やったねw

Il nome deriverebbe dal fatto che, mangiando questo tipo di pasta si rischia, per via del peperoncino, di diventare rossi, proprio come quando ci si arrabbia.

出典元:wikipedia(イタリア版):Arrabbiata

arrabbiataはイタリア語で”怒る”の意味(地域・言語のアラビア/arabiaとは無関係)。唐辛子の辛さで怒ったように顔が赤くなることから、唐辛子とトマトの辛いパスタがアラビアータと呼ばれるようになりました。ですから、彼女を半ギレさせたのはアラビアータとしてはある意味正解なのですw ものの例えですから、本当に怒らせる必要はないんですけどね(^^;

というのは前置き。

「ふしめん」を激辛イタリアンにしてみた

fushimen_04
fushimen_05

さて、これまたお土産で真砂喜之助製麺所の「ふしめん」を頂きました。「ふし」とは素麺の製造過程でできる、素麺の折れ曲がった部分。捨てちゃう製麺所もありますが、中には「ふし(めん)」という商品として売り出している場合もあります。

fushimen_07
真砂喜之助製麺所ホームページより転載

こいつも激辛に仕上げました。上記材料を炒め、ホールトマトを入れる代わりにフレッシュのミニトマトを加えます。そして、茹であがった「ふしめん」とからめ、バジル、パルメジャーノをふりかければ完成。

fushimen_06

見た目よりめっちゃ辛いです。ツルリとした舌触りがパスタとは違います。長い素麺よりもしっかりした味わい、噛みごたえ。これはこれでとてもおいしい。次は和風で攻めてみるか。

というわけで、今年最後になるかもしれない素麺を「ふしめん」で締めくくってみました。食感や舌触りが面白いので、もし見つけたら一度ためしてみてはいかがでしょうか?

真砂喜之助製麺所の普通の素麺も食べてみたいんですが、高いんだよなぁ(^^;

オススメ度:★★★☆☆

名前:ふしめん
原材料:小麦粉、食塩、ごま油(だと思われます)
製造者:真砂喜之助製麺所

(Visited 499 times, 1 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ