MEAT JOURNEY 2018

松本商店(学芸大学)の鮭で純和食ランチを作ってみたらうまかった~学芸大学で一番古いビルは第一ストアービル

「松本商店の鮭がうまいんだよ。だいたい業者が買って行くみたいだけど、北海道の人がわざわざここで買って、田舎へ送るくらいだからね」

と教えてくれたのは、「グリルバー暖談-だんだん」のとみーさん。とみーさんに限らず、地元に昔からいる方はいろいろ知ってらっしゃるから、勉強になります。そういう方たちのお話を聞くのって楽しいな。

matsumotoshoten_01

学芸大学駅の西口を出てすぐ目の前にある第一ストアー。その地下1階にある乾物屋が松本商店です。さっそく行ってきました。

matsumotoshoten_03
matsumotoshoten_02

店頭には乾物だけでなく、佃煮や漬物などが所狭しと並んでいます。どんなものがあるのかなぁと見ていたら、店裏で掃除していたお父さんが出てきました。

「いらっしゃい」

「こんにちは。そこの富田さんが、ここの鮭がうまいっていっつも言ってて」

「ああ、そうなの(笑)」

「どこにあるんでしょう」

「甘いのと辛いのがあって、どっちも1尾215円」

「何が違うんですか?」

「鮭自体が違うの。ウチでは甘い方がよく出るね」

「じゃあ、甘い方を2尾ください」

「ちょっと待ってね」

お父さんは奥の方から鮭を持ってきて、紙に包み始めました。

「鮭はここで漬けてるんですか?」

「辛い方は問屋。甘いのはウチで」

「ああ、そうだ。雨は大丈夫でした?」

「おかげさまで大丈夫」

「このビル、古いですよね。どれくらいになるんですか」

「50年。いや、50年以上だ。この界隈じゃ一番古いよ。ここの次にできたのが笹崎ボクシングジムのビルかな」

「丸花も古いですよね」

「いやぁ、新しい方だよ。40年いってないでしょ」

新しいんだw

「じゃ、430円ちょうどね。おためしくださ~い」

「ありがとうございまーす」

おためしくださ~いという言い方がとてもかわいいw いいなぁ。

さて、帰ってさっそく焼いてみました。ウチは魚グリル使用禁止令が出ているので、フライパンとバーナーで焼きます。

matsumotoshoten_07

こんな感じの鮭が

matsumotoshoten_04
matsumotoshoten_05

こうなりました。

うん、おいしい。少し塩はキツめ。だけど、それがご飯にちょうど合います。鮭の味がしっかりしていて、身はしっとりジューシー。脂っこくないのもいい。ご飯が進む進む。

1尾215円というと高く感じるかもしれませんが、これだけ大ぶりにカットされてて、これだけおいしければ大満足。それに、毎日買うようなものでなし、時折買うくらいなら、この程度の贅沢をしたっていいでしょう。

いやー、うまかった。そして、松本商店のお父さんがいい人だったなぁ。また話をしにいこっと。

最後は…

matsumotoshoten_06

鮭の香りに釣られてやって来ては追い払われを繰り返し、ふて寝する猫w

松本商店
東京都目黒区鷹番3-6-1 第一ストアー 地下1階
03-3712-5488

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ