学芸大学の大人の居酒屋「魚謙」で上品な刺身、炭火で焼かれた珍しい魚串、うまい日本酒を頂きました

遅い時間にたらふく昼食をとってしまったせいで、夜になってもそれほどお腹がすきません。だけど、ちょっとつまみつつ、軽く飲みたい。さて、どこがいいかな……。と、学芸大学界隈をさまようこと約15分。ちょうどいい店が見つかりました。「魚謙(うおけん)」です。

何度か入ろうとしたことはありますが、表から覗くといつもいっぱい。けど、その日は奥に数席空きがありそう。ようやく扉をくぐることができました。

uoken_01

学芸大学駅のバス通り沿い、「大膳」「煮ジル」の隣にある「魚謙」は、魚がメインの居酒屋です。店内はカウンター席のみ。ジャズが流れ、スポットライトがカウンターを照らしています。オシャレで落ちついた空間。

その日はいきなり日本酒気分だったので、純米の「鍋島」を注文しました。

uoken_02

こういう形で供されるのもいいですよねぇ。頼みやすい。メニューにはハーヴェストムーンと書かれていたような。特別仕様なのかな? とても甘くふくよか。

まずは刺身の盛り合わせをお願いしました。

uoken_04
uoken_05

上品な盛りです。醤油は唐辛子を漬けた醤油と鹿児島の甘い醤油。刺身と日本酒を合わせて納得。なーるほど。鍋島が相当甘いので、甘い醤油とよく合います。日本酒や刺身に応じて醤油を使い分けられるってのはいいですね。

刺身はどれもおいしいのですが、ウニと鍋島のマリアージュが激やば。ウニが口いっぱいに広がり、その余韻はいつまでも続きます。

次はおすすめ魚串焼き3本。注文すると、厨房からカリン、カリンという音が聞こえてきました。へぇ。炭だ。こういう店で炭ってのはなかなかないような。こだわりが強いんだろうなぁ。日本酒のラインアップ、器、醤油を見てもそうだし、店主の顔つきも研究熱心な学者さんって感じだしw

やってきたのはこちら。

uoken_06

ホタテと鯖と、あとはサワラの西京焼かな? すみません、魚の種類はよくわかりません。どれも表面は香ばしく中はしっとり。いい塩梅です。それぞれの味付けが異なるのもニクイ演出。

どうでもいい話ですが、好きな魚介トップ3がタコと鯖とウニ。いずれも指定せずに偶然出てきたというのがちょっと嬉しいw

uoken_03

私はカウンターの一番奥に座りました。数席開けて常連さん4人組。ご年配方の話に耳を傾けます。ふむ。しっとりと流れるジャズ、ご年配方のやり取り――いいBGMだ。

2品を食べ終えると同時に日本酒が尽きました。今の腹具合にはこのくらいがちょうどいいや。お会計をして頂き、店を出ました。

ガンガン飲んでワシワシ食べて、というようなお店ではありません。上品な肴をつまみつつ、お酒をチビリとやる大人の居酒屋。ゆっくり落ちついて飲みたい。そんな時に寄ってみてはいかがでしょうか?

魚謙(うおけん)
東京都目黒区鷹番3-10-7
03-3715-7806
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ