MEAT JOURNEY 2018

「やきとり 鳥勝(とりかつ)」(学芸大学/武蔵小山)の話し好きなお父さんとお母さんにとても優しくして頂きました/焼き鳥なのになぜ豚?という話

少し時間があったので、あえて武蔵小山で降り、歩いて学芸大学方面へ戻ることにしました。いつものようにバス通りを歩いていたんじゃ面白くない。裏道を通ろう。というわけでプラプラしていたら、住宅街のど真ん中に焼き鳥屋らしきものを発見。

torikatsu_01

写真は出る時に撮ったもの。行った時は17時少し前だったので、まだまだ明るかったです。お店の扉は全開でしたが、暖簾も提灯も出てないし、やっているのかどうか……。

「すみません、何時からですか?」

「何時って……。どうする?」

とお父さん。

「もういいんじゃない? 入ってもらったら」

とお母さん。

「では、お邪魔しま~す」

カウンターに座ろうとしました。すると、

「そこだと相撲が見づらいでしょ。こっちのテーブルに座りなさい」

テーブルに座りビールを注文しました。

torikatsu_02

ひゃっほー。これよこれ。瓶ビールはこうでなくちゃ。これで飲むのが正解。最初の一杯はお母さんが注いでくれました。

torikatsu_04

学芸大学と武蔵小山のちょうど中間あたり、林試の森公園近くの清水稲荷通り商店街にある「やきとり 鳥勝(とりかつ)」。焼き鳥屋ではなく焼きとん屋でした。なぜゆえ”鳥”なのに豚? という話は後ほど。

大相撲中継が始まりました。お父さんもお母さんも詳しいし、熱がこもってますw

「白鵬なさけないねぇ」

「このアナウンサー大きいですね。同じくらいの背丈ですよ」

「嘉風が小さいのよ」

「にしても、それなりに背はありますよねぇ」

「そういえば、ウチのお客さんで184cmある女性がいるわよ」

「えええ。それはすごい。バレーやってたとか?」

「実業団にいたって言ってたかしら。ママさんバレーやってて、終わった後、ここに寄ってくれるの」

「そんな高い人がチームにいたら、めっちゃ強そうですねw」

相撲を見ながら、シロ、レバー、カシラを注文。冷凍保存してある串をレンジで解凍して焼いていました。

torikatsu_05

甘くてしょっぱいタレ。解凍ですから、肉は硬くなっています。お世辞にもおいしいとは言えませんが、カシラはそれなり。いいんです。おいしいとかおいしくないとか、そういう次元のお店じゃないんだから。

相撲中継のあとはNHKニュースで盛り上がります。

「ほんと大変ねぇ」

「あそこまで水きてたんだって!」

「この辺は大丈夫でした?」

「この辺は大丈夫。大鳥神社のあたりが谷になってるから、あの辺りは大変そうよね」

「東京は洪水ないけど、地震がねぇ」

「この前、すごかったですね」

「ビックリして飛び起きちゃったわよ」

なるべく邪魔しちゃいけないと、簡単そうなメニューをお願いしました。

「おでんってタネはなんですか?」

「一袋ずつになってるのだから、入ってるものは決まってるよ。玉子と大根と……」

ははは。正直w

「なるほどー。じゃあ、モロキュウお願いします」

でてきたのがこちら。

torikatsu_07

立派なキュウリ。よく冷えてて、シャクっとしてておいしい。

torikatsu_03

壁には小さな提灯がたくさんぶらさがっています。お土産でよく売ってるヤツです。

「これってお土産の提灯ですよね。こんないろいろ行かれてるんですか?」

「お客さんが持ってくるのよ」

「こんなに行ってたら店潰れちゃうよ。もう潰れそうだけど(笑)」

「壁一面びっしりあったんだけど、半分くらいはもう落ちちゃって」

「蜘蛛の巣張ったりするし、もう断ってるんだけどね」

「こちらは何年くらいになるんですか?」

「31年、か」

「お兄さん生まれてないんじゃない?」

「いえいえw もう42ですよ」

「あらぁ。そうなの。若く見えるわねぇ」

「ああ、お兄さん、この前の道よく通る?」

「いえ、初めてです。初めて通って、たまたまこちらを見かけたんでうかがったんですが」

「そうなの? お兄さんによく似た人、この前をよく通るからさ」

「そうなんですか。でも、僕じゃないですねw」

いろいろ話せて楽しかったー。

お父さん、お母さん、ありがとうございました。やきとりもキュウリもよかったです。そして、僕は聞き逃しませんでした。お父さん、焼酎を注ごうとしているお母さんにこうささやきましたよね。

「ちょっと多めに」

その優しさ、忘れません。

torikatsu_06

最後に”焼き鳥”と豚の話。

焼き鳥屋と称して、焼きとん(豚)を出すお店がたくさんあります。”鳥”なのになぜ豚? これに関する確かな文献、資料は見当たりません。起源はよくわかりませんが、串に刺して焼くというスタイルが同じため、豚でも”焼き鳥”と呼うようになった、という感じだと思います。

ひとつ面白いのが恵比寿の「やきとり たつや」。黒ホッピー発祥の店として有名な老舗「たつや」のメニューにはこんなことが書かれています。

やきとり…とりとは「肚裏」とかき、「はらのうち」つまりは内臓をあらわしています。

“焼き肚裏”がいつの間にか”焼き鳥(やきとり)”になった。とも考えられるのですが、まあ、これは「たつや」による後付けでしょうw

鳥勝(とりかつ)
東京都目黒区目黒本町1-11-6
03-3710-1913

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ