MEAT JOURNEY 2018

環七と246の交差点近くにある喫茶店「カフェ・ド・ラ・メール」で不思議なランチを体験した~アイドルとシャンソンとドライカレー

2016年5月13日追記:2016年5月8日、35年3ヶ月という歴史をもって閉店しました。追記以上。

lamer_01

駒沢大学駅から徒歩10分ほど。246と環七の交差点(上馬交差点)近く、環七沿いにある喫茶店「カフェ・ド・ラ・メール」。気になっていたので、ランチを頂きに行ってみました。

lamer_02

なかなか広い店内。クラシックが流れています。テーブルや椅子、照明などの調度品は懐かしさを感じさせますが、全体的にはそれほどレトロな感じがしません。なぜだろうと考えたのですが、たぶん、窓が広く陽が強めに入ってくるので、比較的明るい。この自然光的明るさがレトロ感を薄めているのかも? 照明がつく夕方から夜にかけて行けば、もしかしたらぜんぜん雰囲気が違うかもしれません。

少々耳の遠くなったお父さんに、大きめの声でドライカレーを注文し、店内を見回します。すると、キレイな女性が写った写真がいくつか飾られています。まじまじと眺めていると、お母さんが声をかけてきました。

「それ、娘なの。作家の野坂昭如さんっていらっしゃるでしょ。野坂さんの奥さまは元宝ジェンヌで野坂陽子さんっておっしゃるんだけど、その方がシャンソン歌手なのね。娘は野坂さんにシャンソンを習ってるのよ」

へー。キレイな娘さんです。

「店名がラ・メールじゃないですか。娘さんはシャンソンだし、フランスと縁がおありですね(笑)」

「店名は娘がつけたの。ラ・メールってフランス語なのよ。海っていう意味」

あ、いや、そうでしょうねぇ。だからこそ「フランスと縁が」と言ったわけでして(^^; お母さん天然? かわいらしいw

目の前は環七。車が通るたびに、かすかに揺れます。厨房からは氷を割る音が聞こえてきました。そうこうしているうちに、ランチセットのアイスコーヒーが出てきました。

lamer_04

コースターはクマノミのイラスト。壁に掛けられたメニューもブルー。チラホラと海っぽさが出ています。

さて、ドライカレーが出てくるのを待っているわけですが、どうもよくわかりません。フライパンを振るでもなし、レンジでチンしているわけでもなし。お父さんは何をやってんだ!?w 時折、炊飯器を開け閉めしているような音が聞こえてきます。うーん。

lamer_03

ご飯ものはこんな感じ。基本的には、炊いておいたご飯に具材等を混ぜ合わせてる? まあ、ピラフやドライカレーはわかります。それで作ろうと思えば作れる。だけど、チャーハンはどうするんだろう。そういや、大きな鍋でお湯を沸かしてたなぁ。湯せん的なこと?? 不思議だ。

そんなこんなででてきたドライカレー(大盛)がこちら。

lamer_05

イメージしていたより賑やかw 左手前のご飯の塊が興味深い。ラップにくるんでいたのかな? そんなことを感じさせる塊です。

味はなかなかおいしいです。カレー感もちょうどいい。マッシュルームとグリーンピースはぬるめですが、それもまた悪くない。こういうものだと思えばおいしく頂けます。

大抵、こういう喫茶店には近隣のご年配方が集いがち。でも、客は私と若い女の子の二人。それも不思議。しかも、女の子のTシャツのバックプリントが……。おっとっと。

とてもユニークなTシャツだったので、いま調べてみたら、某アイドルグループのグッズじゃありませんか。なーるほど。合点がいきました。

あとになって、もう一人、かわいい子が入って来ました。この子はヘアメイクかスタイリストか、いずれにせよスタッフでしょう。で、ユニークなTシャツの子は声も特徴的でしたから、某アイドルグループの一員か? さらにあとになって、完全に衣装とわかる格好の女の子がやってきました。コケティッシュなメイクです。ちょっぴり不思議ちゃん?

ふむ。近所にはスタジオがいくつかありますから、撮影でもやってるんでしょうね。

ふう、記事を上げる前に気づいてよかった。差し障りがあるかもしれないので、女の子のTシャツにはモザイクをかけておきましたw

席を立ち、お会計をしてもらうと、お母さんがこんなことをおっしゃいます。

「ごめんなさいね、追い立てるようで」

ほえ? ドライカレーを食べ終え、コーヒーを飲み終えたので、普通に帰るだけ。この間、お母さんは特に何もおっしゃってません。追い立てる?? どういうことだろうw

「いえいえ、ぜんぜんです。おいしかったです。また来ます」

そう言って店を出ましたが、頭の中は「?」。

不思議なドライカレー。不思議なTシャツを着た女の子と二人だけの不思議な空間。不思議なことをおっしゃるお母さん。

次にここを通ったら、果たしてこの喫茶店はあるのだろうか。あれは幻だったのでは……とさえ思わせる、なんだか不思議なランチでしたw

カフェ・ド・ラ・メール
東京都世田谷区野沢4-22-14
03-3418-7463
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ