MEAT JOURNEY 2018

たこ料理しかないたこ専門居酒屋「たこ林」(三軒茶屋・駒沢大学)でたこ三昧~お通しのシラスにこそ感じるたこマニアの本気

※2017年1月24日追記:正確な時期はわかりませんが、2016年(おそらく春ごろ?)に閉店しました。長い間、お疲れ様でした。追記以上

東京都道427号瀬田貫井線と言われてもピンと来ないかもしれません。けど、桜新町、下高井戸、永福町、阿佐ヶ谷、鷺ノ宮あたりの太い通りと言えば「ああ、あれね」とわかる人も多いでしょう。特に阿佐ヶ谷の中杉通りという通称は有名です。

今回行った店はその427との交差点を終点とする駒留通り沿いにあります。基点は246の世田谷警察署前交差点付近です。246を挟んで東方向、下馬方面は明薬通り。

世田谷警察署から駒留通りを歩くこと約5分。三軒茶屋駅や駒沢大学駅からだと徒歩15分ほどでしょうか。環七との交差点・駒留陸橋手前に「たこ林」という居酒屋があります。たこ専門の居酒屋です。

takobayashi_01

好きな魚介を3つ挙げろと言われれば、迷わず「鯖、ウニ、たこ」と答えます。たこが大好きです。ですから当然、「たこ林」は気になっていたのですが、ようやく行くことができました。

takobayashi_03
takobayashi_02

白を基調とした清潔感溢れるキレイな店内。たこグッズがいっぱいあります。メニューを見るとたこ料理のみ。たこ料理以外は一切ありません。唯一あるのはこちら。

takobayashi_06

お通しのシラスw だけど、これがまたうまい。とりあえず、たこ珍味とたこ薄造りをお願いしました。

takobayashi_07

それほど待たずして、たこの珍味が出てきました。たこの卵とたこのミソ(内臓)です。ミソは魚のわたとさほど変わりません。サンマのはらわたみたいな感じ。苦いです。私は食べられますが、苦手な人は食べられないだろうな。きゅうりにたっぷりつけて頂きます。うん、珍味珍味w

卵はプリッ、プツッとした食感。ほのかにたこの味がします。

「卵もやっぱりたこの味するんですね」

「そうですねぇ。それなりにやっぱりたこの味がしますね。はい」

穏やかにゆっくりとそう答えるのは、店を切り盛りするお母さん。上品でシャイで物静か。とてもかわいらしいお母さんです。

続いて薄造りがやってきました。

takobayashi_08

ふおお。きれい。

まずは何もつけずにひと口。とても柔らかいです。プリッとしていて、すぐ噛み切れます。噛めば噛むほどたこの味が染み出てきます。

次はポン酢をつけて。おおう。すごい。最初はポン酢のしょっぱさと酸味。次にかすかな辛子(唐辛子)の刺激。そのあとです。急激にたこが出てきます。何もつけないよりも強烈なたこ感。これは”スイカに塩”原理と同じかな。淡泊ですが、塩気や酸味でカウンターをあてると、素材の風味が増すという。こりゃうまい。

「たこが大好きなんですよ」

「そうですか。ありがとうございます。主人が喜びます。はい」

ぬぬ? この言いっぷり……。ご主人が始めて、亡くなったあと、お母さんが継いでいる? ここは慎重にいかねば。

「こちらはどれくらいなんですか?」

「今年で23年になります」

「たこで有名なところのご出身とかなんですか?」

「いえ、主人がたこが好きで。それだけなんですよ」

「たこはどちらのたこなんですか?」

「千葉に知り合いがいまして、そこから仕入れてもらってるんです。それをお父さんが毎日、仕込んで」

なーんだ、ご存命じゃないかw よかったよかった。

「このポン酢もそうですし、メニューを見てもそうなんですが、たこって酸っぱいものとか辛いものがよく合うんですかね」

「そうですねぇ。梅もキムチもそれなりによく合いますわねぇ。あとはバターもおいしいですね、はい」

話しかけるとよく話してくれます。けど、お母さんからはほとんど話しかけてきません。常連になればまたちがうのかもしれませんが。

「たこグッズがいっぱいですね」

「そうですねぇ。みんなお客さんが買ってきてくれて。それなりにいろいろあるものですわねぇ」

もうひとつ気になっていたことがあります。

takobayashi_04
takobayashi_05

メニュー脇に書かれている、ひと言。かわいらしい。絶対、お母さんが書いてるんだろうなw

「これ、いいですね。『美味ほんとうヨ』『ステキナカップル』とか(笑)」

「誰も書いてくれないものですから、私が全部書いているんです」

「いやぁ、かわいいです」

「まあ、参っちゃいます(笑)」

いや、ほんとにかわいいお母さんだw 続いて、たこイボイボ焼をお願いしました。

takobayashi_09

「これはコリコリしてておいしいですね」

「はい。それなりに歯ごたえがあって、これはこれでいいですよね」

ゆっくりと「はい」と言うのが特徴。口癖は「それなり」。面白いw

〆にたこめしをお願いしました。できあがるまで少々時間がかかりそう。お通しのしらすをつまみながらウーロンハイを……。お? ああ、なるほど! もしかして……。

「このしらすも大ぶりでおいしいですね」

「はい。それなりにしっかりしていますわね」

「たまに小さなたこが混ざっていたりするんじゃないですか?」

「ははは。そうですわね。たまにかわいいのがいたりしますね。それを見つけたお客さんは『ラッキー』っておっしゃいます(笑)」

「あー、残念。私のには入ってませんでした」

「そうですか。それは残念ですね。はい」

たこキチがやってる、たこ料理しかないたこ専門居酒屋です。そこで供されるお通しだけがたこ以外というのは甚だ不自然。小さなたこが入っていることを目論んで、お通しにしらすを選んでいたとしても、あながち酔狂とは思えない。むしろ、このしらすにこそ、たこマニアの本気が垣間見えますw

さて、たこめしがやって来ました。

takobayashi_10

はぅ。いい香り。

「もしよかったら、山椒をどうぞ」

かけてみたのですが、山椒がめちゃくちゃよく合う! 甘辛い味付けですから、うな重のような感じになります。乗っているたこは頭部。プニプニ柔らかい甘いたこ。ご飯にも細かく刻まれたたこが混ざっています。混ざっているたこは揚げている? たこ天のかすを使ってるのかな? 単にたこを混ぜました、というだけではなさそうです。とてもコクがあります。絶品。

「山椒が合いますねー」

「そうですね。それなりに合いますわね。あまりたこに山椒をかけようなんて思わないですものね」

大好きなたこだらけ。かわいいお母さんとの二人きりの空間。幸せ。

会計を済ませると、お母さんが扉を開けてくれました。

「ごちそうさまでした」

「ありがとうございました」

「また来ます」

「はい、お待ちしてます」

店を出て246方面へと向かいます。見通しのいい真っ直ぐな駒留通り。前方には首都高が通っていて、そのすぐ上には大きな月。もう数日経ったから、満月は少し欠けています。そうだ。なんだっけ? たこは満月の夜、陸に上がって畑で何かを掘り越して食べるんだよなぁ。芋だったかなんだったか……。

スマホでググれば答えはすぐわかります。だけど、今はやめておこう。たこめしの余韻に浸っておきたいから。さーて、と。どこの”畑”に酒を掘り出しに行こうかね。

たこ林
東京都世田谷区上馬2-38-11
03-3424-0014
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ