MEAT JOURNEY 2018

学芸大学の「LESSON(レッスン)」はふんわりしていて温かい、女性一人でも安心して行ける、料理もおいしいワインバー

ご飯を食べてお酒を飲んで夜の9時。さて、ちょっとつまみつつワインを飲めるような、落ちついた店はないかなぁ。学芸大学の「LESSON(レッスン)」はそんな方にピッタリなお店です。

これまで二度ほどうかがっていました。最後の訪問からは結構時間が経っています。けど、最近になって店主と酒の場が一緒になることがあったり、あれやこれやがあって、久しぶりに行ってみることにしました。

lesson_01

学芸大学駅西口を出て、三菱東京UFJ銀行の角を右折。「東軒」や駐輪場を越え、バス通りに出る少し手前に「LESSON」があります。カウンター席が8席ほどの小さなお店。混んでいることの多い「LESSON」ですが、その日は女性一人客と男女の2組。

「いらっしゃいませ」

「こんばんは」

「いつもお世話になっています(笑)」

「こちらこそ(笑)」

なんだろな。妙に照れるなw あっちの店では、あんな顔して飲んでいて、あの時はたまたまあんな調子で飲んでいて。そんな姿を見られているってのが、裸を見られているようで。イヤン。って、ま、まあ、男ですから、裸くらいどうってことないんですがw

とりあえず甘口の白ワイン「オブセッション(IRONSTONE OBSESSION Symphony)」をお願いしました。

lesson_03

甘めの白ワインも大好きです。そんな私でも「甘い!」と感じるのだから、これは甘いw 帰って調べてみたら、アメリカ原産のシンフォニー種(マスカット種とグルナッシュ・グリ種との交配品種)で作られたワインなんだとか。いろいろな賞も取っているようですが、んなこたぁどうでもいい。とてもおいしいです。大好きな味。

ちなみに、この写真は2/3ほど飲んじゃったあとに撮ったものです。

lesson_02

この日のお通しはニンジンを浅めにマリネしたようなもの。こういうのってなんて言うんだっけ? ニンジンの歯ごたえが残っていて、甘くてほんの少し酸味があって。こういうのがサラッと作れればいいんだけどな。自分でやろうとすると、どうしてもこうならないw

つまみに「牛もつトリッパ」を頼みました。鍋で温めた後、陶器の器に入れ、チーズを少量ふりかけ、オーブントースターへ。丁寧に準備され出てきたトリッパがこちら。

lesson_04

おお。すごい。センマイと腸系です。おそらくハチノスは入っていません。みじん切りにされた玉ねぎ、ニンジンと煮込まれています。味のベースはブイヨンかな? 色がそれほどつかない程度にトマトも使われています。

コリっとしたセンマイ、プリンとした腸、優しいスープ。こりゃいいや。今度マネして作ってみようw

「LESSON」は同じ学芸大学のカフェ「ロマンレコーズカフェ(Roman Records Cafe)」の姉妹店です。朝と昼も営業していて、朝昼は「ロマンレコーズカフェ」の人がご飯を作っています。そんなお店ですから、「LESSON」のメニューもカフェのご飯ぽい。女性が一人で来ても食べやすい味、量になっています。女性客が多いのは、そのためかもしれません。

もうひとつ、店主の人柄ってのもあるんでしょうね。拝見している限り、なんとなくフワっとした感じ。時にキリっとした表情を見せるのですが、基本的には優しくて穏やかな表情をしてらっしゃいます。

lesson_05

大衆居酒屋で煮込みをかっくらうがごとく、一気にトリッパを食べてしまいました。その頃はもうカウンターはいっぱい。けど、決して騒がしくはありません。みなさん上品。そんな中、ド派手なイカれたジャケットに雪駄という私は完全に不審者やw

「ごちそうさまでした」

「ありがとうございます」

「また今度ゆっくりと」

「お待ちしてます」

ガラス扉を閉め、外から店を眺めます。ふむ、いつも見ている温かい光景。お店自体もふんわりしてるなぁ。

涼しい秋の夜道にシャリッシャリッと鳴る、季節外れの雪駄の音。甘いトリッパと白ワインの余韻が私を二軒目へと誘います。

昼も行ってみたいし、ドライカレーもナポリタンも食ってみたいな。

LESSON(レッスン)
東京都目黒区鷹番3-7-1
03-3712-6959
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ