学芸大学駅から徒歩15秒。バー「Bar shelter(シェルター)」は甘いマスクの楽しい店主がやっている、朝まで賑わっているバーです。

nocharge_07

学芸大学駅の改札前で西口商店街方面を向くと、第一ストアーの階段が正面に見えます。この階段を下ったすぐ左手に「Bar shelter(シェルター)」というバーが2015年10月15日にオープンしました。

shelter_01

もともと「Cafe Bar PICO」だった場所。改装してオシャレなバーになりました。

shelter_04

店を任されているのは奥山君。甘めのイケメン。似てないですよ。まったく似てないですけど、なぜかDAIGOを思い出しました。なんでだろうな。

「チャージは300円頂いています。カウンターの上のスナック類をお好きにお取り下さい。一杯700円~で、モルトだと1000円とか。凝ったお酒はまだそれほどありません。普通です」

「ラムは何が?」

「普通ですよ。マイヤーズ、ロンサカパ、プライベートストック(キャプテンモルガン)……くらいかな」

「じゃあ、ロンサカパをロックで」

「かしこまりました」

ロンサカパのボトルを取り出し、封を開けました。アイスピックで大きな氷を割り、丸氷を作り始めます。グラスの中でクルクルっと氷を回して馴染ませ、目分量でロンサカパをグラスへ。

「30mlじゃ少ないじゃないですか(笑)」

ん? しまった。覚えてない。確かステアせずに出してくれたような。ロックは何でもステアせずに飲みたいので、ステアしてなかったならちょうどよかった。最初のあの口当たりの感じだと、たぶんステアしてなかったなぁ。そうそう、注ぎ終わってすぐに、アマちゃん分のジャックを用意してたし。アマちゃんはたまたま階段で会ったPICOの元客。

shelter_03

アマちゃんの話が長くなりそうなので、お水をお願いしました。いやぁ、こいつがいい。普通の水なんでしょうけど、キンキンに冷えててとてもおいしいんです。

酔っ払ったアマちゃんにツッコミを入れつつ飲んでいたら、もう一人、お客さんが来ました。話している様子を見ると、「bar WAVE」時代からの知り合いなのかな?

「看板、あれじゃわからないよ」

「あんまり目立つのも好きじゃないし……」

なんてやり取りをしていました。

shelter_05

ロンサカパはバニラや蜂蜜のような風味。甘ったるいけどヘビーというほどではなく、キックも軽い。けど、飲んだあとには香ばしさも漂い、奥深さを感じさせます。ちょうど目の前に立っている奥山君のようw

アマちゃんを見送ってほどなく、私も会計をしてもらいました。

「お名前うかがってもいいですか?」

「ひろぽんです」

自分で”ひろぽん”と名乗ることにはもう慣れましたw

「覚えやすいですね(笑)」

「ははは(笑) じゃ、ごちそうさまでした。また来ます」

「ありがとうございました」

階段をのぼり、目立たないという看板を見てみます。おや? どこだろう……。

shelter_02

これかw

もともとの知り合いも多いだろうし、この感じだと口コミも早く広がりそう。なんてったって、学芸大学駅から一番近いバーですからね。「Bar shelter」の奥には「グリルバー暖談-だんだん」もありますし、この地下が若い人たちで賑わうようになればいいなぁ。

あっちが潰れ、こっちにできて。こうして徐々に街の表情は変わっていきます。けど、その本質はそれほど変わりません。人と人が触れ合う街という、学芸大学の本質は。

追記

看板が追加されました。店に行ったらとても賑わってました。

shelter_05

Bar shelter(シェルター)
東京都目黒区鷹番3-6-1 第一ストアビルB1
03-6451-2727

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ