MEAT JOURNEY 2018

寺門ジモンさん考案、肝臓公司製作の肉カレンダー「MEAT JOURNEY 2016」が今年も発売されます!

meatjourney2016_01

2017年10月16日追記:2018年版の「MEAT JOURNEY 2018」が出ました!

今年も作りました! ダチョウ倶楽部・寺門ジモンさん考案、肝臓公司製作の肉カレンダー「MEAT JOURNEY 2016」! ジモンさん厳選の12軒の肉メニューが12ヶ月に渡ってズラリ!

ネイチャージモン MEAT JOURNEY 2016

お肉好きのあなたのために。 昨年も大好評で完売御礼だった通称肉カレンダー。2016年版もご好評にお応えして登場です!1月から12月まで、その月に食べなければならない肉料理が、ずらっと12店。見応えのあるカレンダーです。 スケジュールを書き込めるスペースがあるので、書き込みながら1年間お肉を楽しんでください。

もちろん、私も愛用しています!

meatjourney2016_02

ちなみに、2014年、2015年版はこちら。

cal2014
meatjourney2015_001

ダーン! スタミナ苑! きれい!

このカレンダーの何がいいって、まずは大きいからいろいろ書き込めます。ジモンさんはこれを持ち歩いてスケジュール帳代わりにしています。

次に、月齢入り。新月、満月がわかります。これ大切。なぜかって? 新月の時にクワガタがもっとも活動するからです!

そして、キャッチコピーがいい! ここにはジモンさんの食に対する思想が込められています。哲学があります。そして、ダイレクトに感動が伝わって来ます。たとえば、2015年10月。上の写真にもありますが、「傳(でん)」の牛ほほ肉の炊き込みご飯に添えられたキャッチはこう。

驚きは”旨い”につながる。
楽しいも”旨い”につながる。

土鍋が来た時の驚き! 「えええ! こうしちゃうの!」みたいな。肉をほぐしてご飯と混ぜ合わせる楽しさ! 「うわあ、これやべぇ! 絶対うまいよ!」みたいな。ジモンさんの心の震えが、キャッチコピーでダイレクトに伝わってくるはず!

最後に写真がいい! いや、違うな。どんな写真がいい写真なのかってことを、ジモンさんの写真が教えてくれるんです。写真はテクニックじゃないんです。露出やピンやアングルや、そんなのはどうでもいいんです。何を見て、何を切り取り、何を伝えるか。そしてそれが伝わるか、です。

ぜひ、実物で大きな写真を見て下さい。よーく見て下さい。ジモンさんがどこに注目していて、何を伝えたいかが、はっきりとわかります。だからいい写真なんです! 写真とはこういう風に撮りたいものですな。

手前味噌全開の宣伝です! だけど、買って損はなし! 肉好き、ジモンさんファンはぜひ!


ネイチャージモン MEAT JOURNEY 2016

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ