学芸大学の二軒の「朝日屋」(鷹番・碑文谷)に行ってみたら、かなり違っていたけど、どちらもおいしかった~朝日屋の歴史、そば屋の暖簾会

学芸大学には蕎麦の「朝日屋」が二軒あります。鷹番小学校の裏手とイオンスタイル碑文谷(旧ダイエー碑文谷店)の裏手です。この記事では便宜的に「朝日屋」(鷹番)、「朝日屋」(碑文谷)と書きわけます。

同じ朝日屋でもそばはまったく違います。両店およびそばを紹介したいと思うのですが、その前に、そば屋の暖簾会や朝日屋の歴史について。

そば屋の暖簾会(のれん会)って?

同じ名前のそば屋ってありますよね。学芸大学界隈だったら、「朝日屋」「松月庵」「大むら」なんかをよく見かけます。これらはおのおのの暖簾会(のれん会)に所属しています。朝日屋会、東京松月庵麺類協同組合、大むら親子会などなど。

基本的には、店で修業して、独立して、”暖簾分け”して、暖簾会に所属して、というコースをたどります。暖簾会に所属していると、新規に開店する際に手伝ってもらえたり、道具やらなんやらを提供してもらえたり、経営が厳しい時にはお互いに助け合ったり、なんてことをしてもらえるようです。各暖簾会が所有するロゴマークが使えたりもします。

いわゆるフランチャイズと違う点は、拘束がそれほど厳しくなく、独自にメニューを考えたりできるなど、裁量が各店に大きく任されているということ。そして、会費は少々あるかもしれませんが、ロイヤリティみたいなものが基本的には発生しないということです。ゆるやかな互助会、懇親会といった感じでしょうか。

以上はあくまでも原則。例外もあります。その最たる例が学芸大学駅近くの「松月庵」。ここは東京松月庵麺類協同組合に所属していません。もともとは松月庵で修業していた方が開業したのでしょうけど、同組合には所属せず、独自に店を経営しています。ですから、この「松月庵」には同組合のロゴマークが一切ありません。

学芸大学駅近くのそば屋「松月庵」で松月庵の謎について聞いてきた~近隣住民に愛される素敵な街場のおそば屋さん

街場のそば屋と高級そば屋

以下も基本的には、という話で、すべてがそう、というわけではないことをご了承下さい。

おそらくですが、暖簾会に所属するそば屋は全国的に見ると減少傾向にあるのではないでしょうか。いわゆる”街場のそば屋”が暖簾会系であることが多いのですが、こうした店は昔からある自宅がそのままそば屋になっていることが多いようです。

ところが、高齢化等もあって、街場のそば屋は減りつつあります。替わって増えているのが、激安系・立ち食い系とオシャレで本格的な高級手打ちそば屋。激安系・立ち食い系はとりあえず置いておいて。

高級手打ちそば屋は名店と呼ばれる店で修業して独立、みずから名前をつけ、独自に店を構えます。学芸大学付近だと、「蕎や 月心」(土山人で修業)、「いしおか」(武蔵野で修業)、「吉法師」(中山 一茶庵で修業)などなど。

街場のそば屋は機械でそばを練ったり打ったりする機械麺であることが多いです。そばとしてのランクは落ちますが、その分、安いです。せいろだと500円~600円ほどでしょうか。自宅で家賃がかからなかったり、家族経営で人件費がかからなかったり、機械だから手間がかからなかったりで、安くできます。

また、このような店はそば以外のメニューが充実していることもままあります。要は、そば屋というよりも街の和定食屋といった感じで利用してもらっているということですね。ラーメンもうどんもカレーも丼もあって、安くていっぱい食べられて。

一方、高級手打ちそば屋はそれなりに高いです。地域によっても違うでしょうが、最近だとせいろ1枚で1000円ほどしますかね。なぜこれほど高いかというと、高い国産そば粉をたくさん使っていたり、家賃や人件費が高かったり、手間暇がかかっていたりするからです。こういう店はそばを出すだけでも手いっぱいなので、他のメニューはそれほどありません。

ちなみに、”手打ちそば”にはちゃんとした定義があります。詳しくはまた改めて。

「朝日屋」の歴史

1906年、愛知の農民・成瀬百次郎が上京して、上野駅前のそば屋「稲廼屋(いねのや)」に奉公しました。これが「朝日屋会」の発端です。

1908年、百次郎の兄・菊蔵が上京して、同店で働くようになります。そして1909年、独立した菊蔵が「朝日屋」一号店を開業します。その後、長兄・松平も上京して、1912年、茅場町に「朝日屋」二号店を開業しました。実質的には「朝日屋会」はこの頃から活動を活発化させていったのだと思われます。成瀬一族は続々と暖簾分けしていきました。

1912年、上野にいた成瀬一家の店が渋谷・道玄坂に移転して、屋号を「朝日屋」としました。この店は現在も総本店として残っています。

ここから「朝日屋会」はその店舗数をどんどん増やしていき、最盛期には120店舗ほどが所属していたとも言われています。

なお、「朝日屋」のマークは「百」。百次郎の”百”からきているのでしょう。ただ、商標として登録されているかどうかは不明。商標検索しても引っかかりませんでした。

ところで、「朝日屋」を語る上で忘れてはいけないのが「出前機」です。

そば屋やラーメン屋などのバイクの後ろについているアレ。実は、発明したのが成瀬一族と血縁関係にある當麻庄司(とうましょうじ)。彼もまた「朝日屋」の店主でした。この出前機が東京オリンピックの聖火リレーに役立った、という話しは他所に譲りましょう。

余談ですが、これまで私が行ったことのある「朝日屋」は恵比寿駅前と代官山・猿楽町の二店。恵比寿ではそばも食べましたが、どうだったか覚えていません。猿楽町ではカツ丼を食べた記憶があります。確かそばは食べていないはず。

さーて、長い基礎知識が終わり、いよいよ二軒の「朝日屋」についてです。


蕎麦春秋 Vol.29 2014年 05月号 [雑誌]

朝日屋(鷹番)は朝日屋のサラブレッド

asahiya_01

学芸大学駅から徒歩5分強。目黒通りから少し入った、鷹番小学校の裏手にある「朝日屋」(鷹番)。ご実家は大鳥神社近くの「朝日屋」です。「朝日屋」(大鳥神社前)の店主は朝日屋会の元会長だったのだとか。そんなお店を実家に持つ店ですから、ある意味、サラブレッドですなw

asahiya_02

看板には「百」のマーク。これがあるということは、朝日会に所属しているということです。

扉の左側には橘の家紋があります。他の「朝日屋」でもたまーに見かけます。なんだろうな。ま、いいや。

asahiya_03

こざっぱりとした店内。こちらにも「百」のロゴが見えます。

asahiya_04

「もり」(570円)を注文しました。チラッチラッと奥の様子をうかがいます。茹で終えた後、しっかりと水で冷やしているようです。出てきたのがこちら。

asahiya_05
asahiya_06

ピカピカ、ツルツルできれい。まずはそのままひとく……おおう、長げぇw 超絶長い。行儀悪いですが、箸で高々と持ち上げても先端が見えてきません。どうやって食おうかw

ま、最初は何もつけませんから、とりあえずすすっちゃいましょう。舌触り、喉越しはツルっとしています。とっても冷えていて、そばがギュっと締まってます。これがいい。そばの香りはあまりしませんが、機械打ちにしては上出来すぎ。

半分ほどはそのまま食べ、残りはツユにつけます。が、先述の通り、先端まで持ち上げられませんから、仕方なく、箸でつまんだ部分を強引にツユにつけ、すすりました。

ちょいとツユが甘すぎるかな。けど、これは好みか。

この値段でこのレベル。いいですねぇ。この界隈の機械打ちそばでは、私が食べた限りではかなりいいほうです。

朝日屋
東京都目黒区鷹番1-2-1
03-3793-4054
食べログ

朝日屋(碑文谷)はこだわり派

asahiya_07

お次はイオンスタイル碑文谷の脇の道を真っ直ぐ行ったところにある「朝日屋」(碑文谷)。

asahiya_08

外観からしてオシャレ。もちろん「百」のマークも。

asahiya_09
asahiya_10

店内も小洒落てます。とてもキレイ。メニューを見ますと……

asahiya_11

せいろ(鰹の本枯節100%のつゆ) 650円
(産地直送の国産石臼挽きそば粉で打つ二八そば)

“打つ”とありますが、”手打ち”とは書かれていません。この差はとても大きいです。機械で打つこともできるからです。”手打ち”と書かれていない以上、とりあえずは機械打ちと考えておきましょうかね。

ちなみに、2013年ごろは「産地直送の~(中略)~石臼挽きそば粉」としか書かれていなかったようです。”打つ”と”二八”をメニューに書き加えたその心やいかにw

さて、頼んだせいろがやってきました。

asahiya_12
asahiya_13

おお? 茶色い粒が混ざっています。ちゃんと石臼で挽いている証拠でしょう。角が立っていますし、きれいです。

まずはそのまま……。おお? そこそこ歯切れがいいです。喉越しもいい。フワっとそばが香ります。長さも適度。ふむ、ある意味すごい。

最近は手打ちそばっぽく打ってくれたり切ってくれたりする機械もあるようです。こいつは相当面白い機械を使っているか、あるいは一部を手でやっているか。いずれにせよ、街場のそば屋の普通の機械麺とは一線を画しています。こいつぁ上等だ。うまい。

半分はそのまま、半分はツユにつけます。確かに鰹の風味がガッツリ。ただ、これがいいかというと難しいところで。ダシが香り過ぎると、そばの香りを邪魔します。このそばを出すのなら、もう少し控えめの方が好きかなぁ。私としては。ツユ自体はめっちゃうまいですけどね。

asahiya_14

テーブルに天かすが置いてあります。こりゃいいや。ワサビがイマイチなんですが、言い換えれば、そこまで言いたくなるほど、そばのレベルが高いということ。この値段ですから、これ以上要求するのも酷ですが、あえて書いておきましょうかねw

asahiya_15

そば湯にはそば粉が混ぜられています。トロっとしています。あの濃いめのダシがここでようやく活きてくる。そば湯で割るとちょうどいい。うまーい。

いやー、よくできてますねー。

朝日屋(碑文谷)
東京都目黒区碑文谷2-19-16
03-3712-2649
食べログ

学芸大学の二軒の「朝日屋」は、タイプがまったく違います。けど、どちらもとてもおいしいです。駅からはちょっと遠いですが、散歩がてら、休日にちょいと足を延ばしてみてはいかがでしょうか。もり(せいろ)なら二枚いけるっしょ? だったら、二軒をハシゴして食べ比べてみるなんてのも面白いと思いますよ。そうする際は鷹番を先に、ね。

(Visited 2,105 times, 5 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ