西小山商店街のディープゾーン・中央百貨店内にある居酒屋「やるびー」は強烈なマスターとかわいい兄ちゃんがやってる、最高に楽しい店でした

※2017年1月28日追記:中央百貨店の取り壊し(→建て直し)により、2016年冬に閉店しました。マスターはまた近くでやると言ってました。とりあえず一度、お疲れさまでした。追記以上

亮「西小山の商店街に、変なスーパーみたいなのあるじゃないですか」

私「ん? スーパー?」

亮「精肉店とか花屋があって、その奥行くと魚屋があったりする。市場みたいな」

私「ああ。はいはい。あるねぇ」

亮「そこに一軒、赤提灯の居酒屋っぽい店があって、めっちゃ気になってるんですよ」

私「え? 居酒屋? あったっけ?」

亮「それがあるんですよ!」

ほんまかいな。そんなのあるわけ……

jarvi_01
jarvi_02

ほんまやw

西小山駅のロータリーから北へ伸びる西小山商店街(にこま通り)。その中ほどにあるのが「中央百貨店」。昭和27年にできた”百貨店”で、現在は「秀花園」(花・園芸品)、「肉の新井屋」(精肉・お惣菜)、「農家の直売所 ココカラ/cococolor」(青果)、「魚富」(鮮魚)、そして居酒屋「やるびー」が入っています。

亮君に教えてもらった居酒屋「やるびー」。突撃してきました。あまりにも楽しくて5時間も! いやぁ強烈でしたw

jarvi_03

「すみませーん」

中をのぞいても誰もいません。すると、お花屋さんのお母さんが声をかけてくれました。

「あら、いない?」

「ええ。こちらは何時からです?」

「もう開いてるはずなんだけど……あ、いたいた。お兄さん、お客さん」

ははは。先の写真に写っている赤いポロシャツの方がマスターでした。

「もうやってます?」

「はい。まだ何も仕込んでないけど(笑)」

「いえいえ、お構いなく。お邪魔しまーす」

jarvi_05

4人掛けテーブル2つ、2人掛けテーブル1つの小さなお店です。

「昨日、遅くまで飲んで、お兄ちゃんがベロンベロン。もう本当は来てなきゃいけないのに、まだ来ない。店に携帯忘れてるから、連絡も取れなくて。絶対寝てるな」

お兄ちゃんというのは、この店の従業員。マスターはまあよくしゃべるしゃべるw 弾丸トークです。お通しのウィンナー(ケチャップ味)をつまみ、ウーロンハイを飲みながら聞いた話をまとめてみます。

jarvi_06

マスターは60代。学生時代、歌手をやっていて、同時に池袋でとんかつ屋も経営していました。歌手としては鳴かず飛ばずでしたが、飲食店を次々とオープンさせていきました。赤坂、歌舞伎町、伊勢佐木町、目黒……。

一番儲かったのは赤坂のクラブ。当時、数十円だったコーラを女の子に飲ませたら3000円。そんな時代。目黒ではスナックをやっていて、その時の従業員が先の遅刻者です。

ここ「やるびー」は5年ほど前にオープン。「フィンランドにヤルビーという湖があって」と言ってましたが、帰って調べたところ、正確にはフィンランド語で”湖”が「järvi(ヤルヴィ)」。

「以前やってた店の1階がサウナだったの。サウナと言えばフィンランドでしょ。だから」

ん? ちょっとよくわかりませんw けどまあいいや、そういうこと。ここは最初は立ち食いうどん店でした。ところが、雇っていたおばちゃんがぜんぜん働いてくれなくて、結局、居酒屋にして自身も立つようになったのだとか。

「はぁ。おばちゃんは昼過ぎになるとパチンコに行っちゃうの。ぜんぜん働いてくれないんだから。人に任せるのって、ほんと難しい。だから、こんな歳になって自分でやるはめに。居酒屋なんてやってことないから、勝手がわからないでしょ。ぜんぜん儲かんない。従業員雇ってるから、二人が食べて行くのでせいいっぱい。もう、あの子何やってんのかね。早く来てもらわないと困るんだけど」

なんとか話の間隙を突き、注文をします。

「白モツ塩煮込みってできます?」

「できますよ。うちのは牛モツ。おいしいよ」

「じゃ、お願いします」

jarvi_07

ハチノスと白モツと、コンニャク、大根、ニンジン。ダシとモツのうまみが溶け込んだスープ。超うまい。まじうまい。

「めっちゃうまいです」

「でしょ」

お。お兄ちゃんがやってきました。お兄ちゃんと言っても、私より4歳ほど年下ですが。

「あんた何やってたの!」

「ベロンベロンでさ」

「知ってるって!」

「携帯ないから連絡できなくて」

「ほんとどうしようもないね!」

口調は激しいですが、激怒というわけではなさそうです。いつもこんな調子でやり合っているのでしょう。ほほえましい。ていうか、60代のマスターと30代後半の従業員・タケちゃん。なんだか不思議な関係ですw

「あれ?」

と、私の顔を見たタケちゃん。

「ああ、違いますよね。いや、○○さんに似てるなぁって」

「確かに。似てるかも。けど、こんな細くないよ。ヒゲももっとあって」

「ははは。よく言われるんですよ。どこかで見たことあるとか、誰それに似てるとか。ありがちな顔なんですw」

いや、ほんとにw

jarvi_04

マスターやタケちゃんと話していたら、ポツリポツリとお客さんがやってきます。まずはおとなし目の男性。次にキレイなお姉さん。その次は上品なかわいいお姉さん。賑やかになってきました。特に女性陣が面白すぎ。キレイなお姉さんは70代って言ってたかな。いや、ぜんぜんそうは見えない。息子さんは私より年上で、お孫さんが21歳って……。すごいな。

「はい、これ」

マスターがお姉さんにつまみを出します。

「なにこれ? 残り物?」

「ちーがーうー。余り物!」

終始この調子。お姉さんはマスターがスナックをやっていた頃からのお客さん。お姉さんも若い頃に飲み屋をやっていたそう。そんな二人が話すもんだから、完全にノリがスナック。いや、なんならゲイバーに近いノリw

「あれ?」

と、改めて私の顔を見たお姉さんが声を漏らします。またかw

「○○さん……じゃないわよね」

「ええ、違いますw 似てるみたいですね」

「○○さんはもっと太ってるでしょ。ヒゲももっとこう……」

デジャブw

ワイワイやってたら、タケちゃんがシークワーサー割りを持って来てくれました。

「あちらからです」

「え、ほんとですか? すみません。頂きます」

お姉さんからごちそうになりました。そのお姉さんはこんなことを。

「唐揚げ食べたいな。一本」

そうしたら、向こうのかわいい上品なお姉さんも。

「私も一本食べたいな」

「あ、じゃあ、僕が普通に注文しますよ。で、みんなでわけましょうよ」

「いやいや、いいのよ」

「いえいえ、マスター、唐揚げお願いします」

「ウチの唐揚げおいしいよ。秘伝のレシピ。揚げるのはタケちゃんだけど」

揚げ物はタケちゃんのほうがうまいそうです。できあがった手羽先の唐揚げがこちら。

jarvi_08

なんちゅう量だw 一人じゃ食えなかったな。ちょうどよかった。キレイお姉さんとかわいいお姉さんに一本ずつ差し上げて、食べました。

まっじでうまい。ほんとうまい。このタレ、なんかの味に似てるんだよなぁ。変なたとえですが、ラーメンのような味。意味わかんないですよねw 気になる方は食べてみて下さい。ほんとおいしいです。

「昨日はよく来てくれるお客さんがやってる焼肉屋に行ったの。5杯くらいしか飲んでないのに4000円だよ」

「いや、2、3品つまんでたじゃん」

「絶対、あっちの客の分、こっちについてたよ」

このやり取りはもう二度目w 私もお姉さん方もマスターもタケちゃんも、どんどん飲みます。

「これ、どうぞ」

つまみをいろいろごちそうになりました。

jarvi_09

青唐辛子の味噌炒め。激辛。けど激うま。

jarvi_10

ふきのとうもしっかり味がしみて最高。

正直、こういう店ですから、味には期待していませんでした。けど、どれもこれもまあうまい。いや、ビックリ。

もう一人、とても50歳とは見えないお姉さんもやってきて、いろいろ話していたら、5時間経っていました。いい感じで酔ってきました。

「すみません、お勘定を」

「はい、2500円」

3000円を渡しました。

「お釣り結構なので、その分、お姉さんに一杯」

「そこから取るかどうかわかったもんじゃないわよw」

「余計なこと言わないのー」

「ちゃんと確認して下さいねw ごちそうさまでした~」

「また寄ってね」

中央百貨店のシャッターは閉まっているので、百貨店の側面にある扉から出ました。実はこちらがメインの入り口なんだとか。

jarvi_11

本当はもう一軒、行きたい店があったのですが、その日はもう帰ることにしました。だってもう、お腹いっぱい。気分の、ね。これ以上は無理ですわ。しんどい。楽しすぎて疲れました。

トイレは共同です。精肉店や鮮魚店がありますから、虫が飛んでくることだってある。マスターは強烈です。気分屋です。

でも。

「やるびー」最高。いやあ楽しかったなぁ。

追記:その後、何度も行ってます。「やるびー」第一発見者wの亮君も連れて行きました。記念にマスターとパシャ。

jarvi_12

おや? メガネを取ったマスターを初めて見たけど、何気に男前だし、日本人離れした顔つき。

「1/4アメリカなの」

へぇ! ついでに若い頃の写真も見せてもらいました。

jarvi_13

すげw 超イケメンwww

この日はおいしい刺身を食べて、青唐辛子の味噌炒めを大量に頂いて帰りました。初めて行った日にいらっしゃったお姉さんもいたし、他の常連さんもいい人たちだったし。楽しかった!

「やるびーまじいいっすね。最高。今後、絶対行っちゃうな。何度も」

と、亮君。だよねーw

やるびー
東京都目黒区原町1-5-7 中央百貨店内
営業時間:早ければ12:00から。終わるのはだいたい22:00くらい。気分次第
※ググっても一切、情報が出てきません

(Visited 1,671 times, 1 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ