パスタが立った!「パッケリ(paccheri)」で中に具を詰めるちょっと変わった超絶うまいパスタを作ってみた

前回の「吉井素麺」に引き続き、こちらも誕生日プレゼントでもらったもの。「パッケリ(paccheri)」というパスタです。カンパニア州(州都・ナポリ)あたりでよく食べられているパスタだそうです。ちなみにpaccheriはイタリア語で”ビンタ”の意味。皿に乗せる際、ビンタのような音がするからだとか。

paccheri_01

パッケリは直径2cmほどのチューブ型。イタリアの料理サイトなどを参考に、ちょっと変わったパスタにしてみました。

まずはトマトソースを作ります。ホールトマトに軽く塩を振り煮詰めるだけ。

次に具。パッケリに詰める用の具です。ひき肉と細かくさいの目に刻んだナス、ズッキーニをオリーブオイルで炒め、白ワインを加えて、塩、コショウで味付け。イタリア土産でもらった「ARRABBIATA」(唐辛子、ニンニク、パセリ、コショウが混ざった、パスタのアラビアータ用のシーズニング)も少々。

パッケリを茹で、具を詰めて、トマトソース、バジルペースト(ジェノベーゼペースト)を敷きます。仕上げにバジル、黒コショウ、パルメジャーノを振りかければ完成。

paccheri_02

変わってますが、イタリアではこういう風にも調理されているようです。さっそく食べてみます。

トマトソース、バジルペーストを絡めながら食べます。……やばい。激ウマ。衝撃的。なんだろう。口の中ではラザニアのようにも感じます。

これまで数え切れないほどパスタを作って来ましたが、自作パスタでベスト3に入るうまさです。

ここでもう一度、ネットを見てみます。すると、もうちょっと改良できそうです。少しブラッシュアップ。茹であがったパッケリを半分に切って敷いてみました。

paccheri_03
paccheri_04

うん、見栄えもよくなった。食べやすくもなった。最高。超絶うまいです。

ただですね。

じゃあ、おかわりはどうしたかというと。

paccheri_05

そりゃねw 手間っちゃあ手間ですからw けど、もちろんこれでもおいしいです。この季節なら、サンマなんかもいいかもしれませんね。

さて、サラダはいつものように、「MARCHE YASAI NO MEGUMI(マルシェ 野菜のめぐみ)」(学芸大学)で買ってきた野菜セットで作りました。

paccheri_06
paccheri_07

紫色のやつはビーツの葉です。ホワイトマッシュルームは別途購入。10種類ほどの野菜が入ってます。オリーブオイルと塩コショウで食べました。野菜バリバリ。ムシャムシャ。やっぱうめぇ。

さーて、麺はもう一種。明日も麺だなw

追記:もちろん、クリーム系でもおいしいです。こちらは”パッケリのなんちゃってカルボナーラ風~あるいは親子パスタ”。

paccheri_08

冷蔵庫に余ってた材料で適当に作りました。バターで玉ねぎと鶏肉を炒め、白ワインをたっぷりかけ煮詰め、ソースを作ります。そこにパッケリを投入して、火を止め余熱でチーズを溶かしつつ、最後に溶き卵を絡めます。味付けは塩・コショウのみです。激うま!

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ