五本木の「三井商店」(学芸大学・祐天寺)で買った豆腐に”オリジナル”醤油をかけて食べたらおいしかった~シーズコアと久世福商店の醤油製作キット「醤油の素」「ポン酢の素」

五本木の三井商店で豆腐を買ってみた

mitsui_tofu_01

学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩5分強。五本木交差点のすぐ近く、三宿通り沿いに「三井商店」という豆腐屋があります。昼ごろに行くと奥の方で女性が作業をしてらっしゃいました。

「こんにちは」

「いらっしゃいませ」

「豆腐を頂きたいんですが」

「絹ごしと木綿がありますが」

「絹ごしを一丁お願いします」

「170円です」

お金を渡しながら聞いてみました。

「こちらは相当長いんですよね」

「50年……くらいでしょうか」

「ということは、ご両親の代から?」

「そうですねぇ」

「ずっとこの場所で?」

「おそらくそうだと思います」

この方はお嫁さんかな? 失礼な言い方になるかもしれませんが、おそらく実年齢より相当お若く見える方だと思います。見た目もしゃべり方もとてもかわいらしい方です。

豆腐作りは朝が早い。お父さんや旦那さんが朝早くから豆腐を作り、昼前からは奥さんが店に立つ。そんな感じでしょうか。

「すみません、いろいろ。ありがとうございます」

「ありがとうございます」

醤油やポン酢でオリジナルが作れる「醤油の素」

こうして三井商店で絹ごし豆腐を買ってきました。と言うのも……。

mitsui_tofu_02

誕生日プレゼントで、こんなものをもらったから。最近よく見かける「醤油の素」です。瓶にダシの素となる素材が入っていて、ここに醤油などを入れると、自家製のダシのきいた醤油やポン酢が作れるというキットです。

偶然、二人から似たようなものをもらうというw 一人からはシーズコアの今塩屋佐兵衛ブランド「醤油の素」「とうがらしポン酢の素」、一人からは久世福商店の「醤油の素 ほたて」「ぽん酢の素 柑橘」。

さっそく「醤油の素」「とうがらしポン酢の素」で醤油とポン酢を作ってみました。

mitsui_tofu_04
mitsui_tofu_05

「醤油の素」には薄口醤油を入れるだけ。「とうがらしポン酢の素」には醤油とお酢を1:3で入れるだけ。数時間後にはダシのきいた醤油・ポン酢ができあがります。これで料理をしてみました。

醤油は三井商店で購入した絹ごし豆腐にかけます。ポン酢は豚の冷しゃぶに和えました。

mitsui_tofu_06

まず、三井商店の豆腐をそのまま食べます。大豆の味がしっかりします。甘みがしっかりとあります。おそらくは組合大豆(東京都豆腐商工組合)でしょうから、たとえば学芸大学界隈だと広瀬屋豆腐店(下馬)や小林豆腐店(柿の木坂)と大豆は同じなはず。けど、両店に比べると大豆の風味が強いです。作り方のちょっとの差で、味がかなり変わるということがよくわかります。繊細な食材だ。

醤油はというと、薄口醤油特有の角が取れ、醤油の甘み、ダシの風味が出ています。とてもおいしいです。豆腐にカツオ節を振りかけたりしますが、その役割も醤油が担っていると言いますか。

次はポン酢を使った豚の冷しゃぶ。いやぁ、こちらもかなりいい。普通の酢(ミツカン酢)なんですが、酸味が抑えられています。醤油の味も丸みが出ています。自然なダシの風味がきいていて、とてもおいしい。

入れたのはそこらで売ってる普通の醤油・酢ですから、商品自体にいろいろ入ってはいます。けど、こうすることで、市販のダシ醤油、ポン酢がいかに強く味をつけているかってのがわかります。

別に自然由来だとかオーガニックだとか、そういうこだわりはありません。市販されている麺つゆもポン酢も大好きです。でも、これくらい穏やかなものもいいですねぇ。

「醤油の素」のOEMについて聞いてみた

mitsui_tofu_03

ところで、シーズコアの商品と久世福商店の商品は、見た目が似ています。黒いキャップはまったく同じ。さらに、無印良品にも類似商品があります。これもまったく同じ。これらの類似が偶然だとは到底思えません。おそらくは、どこかのOEM的な商品なんでしょうね。

で、シーズコアはこうした商品のOEMをやってるそうなので、聞いてみました。

「久世福商店や無印良品にも似たのがあるけど、御社のOEM?」

と。ストレートにw 回答はこうでした。

「個別にどれがどうとは言えないけど、ウチでいろいろなOEMをやっているのは確かです」

ま、察しましょうw そういうことなのでしょう。きっと。わかりませんよ。私の勝手な推測です。はい。

いずれにせよ、とてもおいしかったです。ぜひ一度ためしてみてはいかがでしょうか? あるいは、今回は私がもらう側でしたが、プレゼントとしてもぜったいいいと思います。少なくとも私はもらって嬉しかったですw

三井商店
東京都目黒区五本木2-52-10
03-3719-8461

(Visited 1,852 times, 2 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ