MEAT JOURNEY 2018

昭和28年創業「MEAT & DELICA 三河屋」(学芸大学)のスコッチエッグを食べてみた~「学芸大学」駅が誕生したのは昭和27年

追記:2016年8月ごろに閉店しました。長い間、お疲れさまでした。追記以上

先日、学芸大学のそば屋「久寿屋」から出てきた際のこと。シグマに「ここのスコッチエッグが気になるんだよねぇ」と言ったところ、「私も!」となったので、買ってみました。

mikawaya_deli_01

学芸大学駅東口商店街にある「MEAT & DELICA 三河屋」。コロッケやカツなどの揚げ物を売っているお惣菜屋さんです。

mikawaya_deli_03

こちらが買ってきたスコッチエッグ。団子状のひき肉の中にゆで卵。こいつが揚げられています。揚げたてではありませんが、なかなかおいしいです。特にゆで卵と肉とフライが口内で一緒になると、それはそれは。

後日、再び「三河屋」に行きました。

「こんにちは。先日、スコッチエッグを頂いたんですが、おいしかったのでまた来ました」

「そうですか。ありがとうございます。ウチはサラダ油で揚げてるの。ラードを使ってないから冷めてもベタつかないんですよ」

「へー、そうなんですか。こちらはいつごろからやってらっしゃるんですか?」

「昭和28年から。もう終わるけど(笑)」

「いえいえ。まだまだがんばって下さい(笑) じゃあ、カニクリームコロッケとピーマン肉詰をひとつずつお願いします」

「カニクリームとピーマンね。はい、ありがとう」

少し早口で、せっせかと動き回っているお父さん。会計が済むや否や、ササっと奥へ行っちゃいました。もう少し話を聞きたかったのにw

買って帰り、さっそく食べてみました。

mikawaya_deli_04
mikawaya_deli_05

ピーマン肉詰の肉は、先日のスコッチエッグの肉と似ています。この詰まり具合は……自家製なのかな? いずれにせよ、変に衣がベタっとなっていません。

カニクリームコロッケはいわゆるカラーパン粉というやつです。カニ感はほとんどありませんが、味付けがキツ過ぎなくていいですね。全体的にしっとりしていて食べやすい。

mikawaya_deli_02

昭和2年に東横線が開通して、「学芸大学」駅となったのは昭和27年(碑文谷→青山師範→第一師範→学芸大学と名称が変わった)。

東横線が開通したことで商店街ができました。昭和20年に終戦で、高度経済成長に向かって街が活気づき、お店もたくさんできてきます。そんな時代から続く、駅前の「中華料理 二葉」と同じ年に創業した「三河屋」。

街の夕食に彩りを添えてきた老舗にありったけの称揚を。

MEAT & DELICA 三河屋
東京都目黒区鷹番2-8-22
03-3712-5204
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ