学芸大学の韓国料理屋「サランバン」では、たらふく食って、いっぱい飲んで、みんなでワイワイやるのが流儀。だってここはサランバン!~サムギョプサル、タッカンマリ、ケジャンに食らいつく

sarangbang_01

学芸大学駅西口商店街にある韓国料理屋「サランバン」。前回は相方と二人でした。

sarangbang_02

店内はテーブル席と座敷席。テーブルは厨房のすぐ目の前なのでカウンター席のような雰囲気です。

sarangbang_03
sarangbang_04
sarangbang_05

サムギョプサル、モツ煮込み(牛モツ)、ダッカルビ。もちろん、どれもおいしかったです。けど、やっぱ韓国料理は大勢で食べに行くのがいいですよねぇ。

というわけで、今回は4人で「サランバン」へ。同店の常連でもある学大の帝王・ナベさんについて来てもらいました。

忘年会シーズンということでしょうか、テーブル席も小上がりもお客さんでいっぱい。小さなお子さんのいる家族連れ、学生くらいの団体、仲間同士のパーティーと思しき集団。

店を取り仕切っているのはメガネ美人・寛子ちゃん。ホットパンツのイメージが強いですが、さすがにもうそんな季節じゃないですねw もう一人、忘れちゃいけない「サランバン」の看板娘・イモ。イモは韓国語で母の姉妹の意味。寛子ちゃんの叔母さんです。アルバイトの女の子もまあかわいい。

sarangbang_15

普段はビールやレモンサワーを飲むのですが、今回は帝王がいつも飲んでいるという”サワー”を飲みました。レモンサワーなどに使われているサワーを、樽出しで、何も入れずそのまま飲むのです。これがやばい。なんだかうまい。飲みやす過ぎて飲み過ぎます。止まりません。

sarangbang_06

まずはチャプチェ。さつまいもから作られる、唐麺という春雨の炒め物です。ごま油と牛肉の風味がきいています。ガッツリとした味は胃を活性化させ、次のメニューを催促します。

sarangbang_07
sarangbang_08
sarangbang_09
sarangbang_10

続いてはサムギョプサル。キムチは自家製です。サンチュも実家の畑で採れたものだそう。生のニンニクもプラスしてワシワシ食べます。なんぼでも食えるなこりゃ。

sarangbang_11

次はひな鳥が丸ごと一羽入ったタッカンマリ。鶏肉は箸を入れると簡単に骨から肉がほどけます。スープはニンニクもきいています。そのままでもおいしいのですが、タレをつけるとうまさ倍増。〆は乾麺。うめぇ。

sarangbang_12

と、ここでサービスとしてたまごチムが登場。韓国版茶碗蒸し。フワフワの甘い玉子と鍋肌で焦げたチーズが混ざり合っています。おいしい!

sarangbang_13

あぶりユッケ。甘いタレ、黄身、レアな牛肉を箸でかき混ぜると、さて、どうなるか! うまくなるに決まってんじゃん!

sarangbang_14

最後にケジャン。生の渡り蟹をヤンニョムのタレに漬け込んだもの。バリバリ、チュパチュパ。行儀なんてお構いなし。一心不乱にしゃぶりつきます。濃厚なタレと甘い蟹の身。最高です。

sarangbang_16

会計後、記念撮影。真ん中が寛子ちゃん。左が帝王。右の子は学大の美保純。

sarangbang_17

同じポーズで私もw イエーイ。ついに。来週の土日! 横アリ2days! 学大界隈でBABYMETALライブ行く予定の人~。いませんか~。

ひとつの鍋・鉄板を大勢で囲んで、どんどん食べて、ガンガン飲んで。辛くったって、ニンニク臭くったって、そんなのへっちゃら。ケジャンにかぶりつき、口の周りが汚れたって、サンチュの間から肉汁がしたたり落ちて服についても気にしない。だってここはサランバン(사랑방 / 舎廊房:客間の意)。家の主に甘えつつ、気の合う仲間と遠慮なくワイワイやっちゃいな!

追記:사랑(サラン)=愛、방(バン)=部屋で”愛の巣”という意味を込めているのだとか。うん、「サランバン」は家族との、仲間との、恋人との愛に溢れた部屋です。

韓国家庭料理 サランバン
東京都目黒区鷹番3-19-11
03-6313-4153
食べログ

※定食メニューもあるので、お一人様も大歓迎!

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ