学芸大学の「和酒 鮮魚居酒屋 ぐでんぐでん」でお得な刺盛りやおでん、しらすの土鍋ご飯など、静岡を感じさせるメニューを食べてきた

11月下旬。もう忘年会シーズン? どの店も人でいっぱいでした。そんな中、「和酒 鮮魚居酒屋 ぐでんぐでん」は手前のカウンターがちょうど空いていました。とはいえ、これが最後の席。ギリギリ。

gudenguden_01

学芸大学駅東口商店街の「カルディ」の角を左折。または、バス通りのバス停(学芸大学駅)のある角を曲がったところ、あるいは「マツヤデンキ」の前の筋。「学大酒場エビス参」や「みどうすじ」のある通りに、居酒屋「ぐでんぐでん」があります。

gudenguden_02

いつも通りから見ている印象では、若い人たちで賑わっているのですが、その日はご年配の方も多かったです。元気のいい明るい店員さんは大忙し。静岡の魚や料理が名物らしいので、そちらで攻めてみましょう。

gudenguden_03

まずは静岡緑茶割り。緑茶感がしっかりあっておいしいです。そして、写真をご覧の通り、壁にはいろいろなものが貼られていて、料理を待っている間はそれを見ているだけでも楽しい。「てっぺん」ではないだろうな。だけど、たぶんそんな感じのところ出身の方がやってらっしゃるのかな。そんな雰囲気。

gudenguden_04

一見、なんてことはないお通しですが、シラスもタコもなかなかです。いいつまみ。

gudenguden_05

一品目は刺身の盛り合わせ(小)。全体を写した写真を誤って削除してしまった! サーモン、イサキ、マグロ、タコ、あとなんだったかな。小なのにかなりのボリューム。一切れずつが大ぶりです。そしてタコ! これくらい大きいタコをひと口でパクっといけるのは、タコ好きにとっては至福。うまーい。

gudenguden_06

塩ダレキャベツ。おおう、こいつはかなり濃すぎるぜw けど、若い子はこれくらいの味付けがいいのかな。塩ダレ自体は好きだから、もし次回頼むことがあるとしたら、塩ダレを相当少なくしてもらうか、なんなら別でもらおう。

gudenguden_07

あると高確率で頼むアジフライ。刺身にも使えるアジだそう。キレイに揚がってますね。パリパリの骨が美味。

gudenguden_08

静岡おでんの盛り合わせ。大根、玉子、じゃがいも、ちくわ、牛スジ、あともう一種くらいあったような。色は濃いですが、味付けはそれほど濃くありません。ちょうどいい。

gudenguden_09

魚肉の餃子。なんですが、それほど魚感は強くありません。ちょいと魚のクセがあるのかなぁと思ったんですが。こちらは味付けが超絶さっぱり。たっぷり餃子のタレ(醤油?)をつけて食べました。これもなかなか。

gudenguden_10

最後はしらすと桜エビの土鍋ごはん。こちらもちょうどいい味付け。パリパリのおこげを余すことなくすべてはぎ取り食べました。

ほぼ満卓です。だけどオペレーションはしっかりしています。長く待たされることがありませんでした。まあ、団体はコースだろうし、事前に仕込んでおけるメニューも多いだろうから、滞ることがないんでしょうけど、それにしても、しっかりしてるなぁと感心。元気はいいけど、変になれなれしいわけじゃないし丁寧。接客もいい塩梅。この雰囲気、きっと人がいいんだろうな。

ボトルキープができるようなので、頻繁に通うなら、そうするのが正解なのかもしれません。今度は比較的空いている時に行ってみよう。

和酒 鮮魚居酒屋 ぐでんぐでん
東京都目黒区鷹番3-1-2 アーク石田ビル 1F
03-6303-4784
食べログ

(Visited 681 times, 1 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510