MEAT JOURNEY 2018

「器々~kiki~ 大野宗平商店」(学芸大学)の陶磁器たちは私の心を狂わせる~業者も個人も利用できる安くて素敵な食器屋さん

飲食店のメニューを見ているのが好き。いい店のメニューは見ているだけで楽しいです。バーのバックバーを眺めているのも好き。スコッチのボトルを見て味を想像してドキドキします。そして、「器々~kiki~ 大野宗平商店」で陶磁器を見るのも大好きです。

kiki_01

学芸大学駅から徒歩3分ほど。学大横丁を抜けた先、高架のすぐ近く、都道420号線がグッとカーブするところに、食器などを販売している「器々~kiki~ 大野宗平商店」があります。

東急ハンズ渋谷店は3Cに限る。3Cになら何時間でもいられる。それくらい、調理器具、食器類が大好きです。「器々~kiki~」にもたびたび行っています。悶え死にに。

店頭からしてやばい。「sale」の文字が私の鼓動を早めます。土鍋のフォルムが艶めかしい。土物の椀は健気でいじらしい。真っ白な楕円の大きな皿は清廉にして高潔。あああ、全部持って帰りたい! 持って帰っちゃいかんのですがw

kiki_02

店内には、コップ、茶碗、皿などがずらりと並んでいます。ハーレムや。なんてかわいいんだ。さて、今日はどの子に……

すみません、ほんと。頭おかしいですよね。けど、美しい陶磁器は私の心を狂わせます。

今回訪れたのは、Kちゃんの誕生日プレゼントを買うため。Kちゃんは私にとって、一番年上の友達です。大先輩。いつもよくして頂いているし、先日の私の誕生日には素敵なカーデガンをプレゼントして頂いたので、お礼も兼ねて。

Kちゃんは家でも飲むと言ってたので、酒杯というか湯のみにしました。

kiki_03

美濃焼きのペア。いい色合い。手触りもいい。焼酎ならロックでも水割りでも使えそう。プレゼント用に包んでもらいました。

kiki_04

誕生日当日。Kちゃんに渡したら、とても喜んでくれました。

「ちょうどこういうのがほしかったんだよ。孫がさ、オレと一緒のグラスは嫌だって言うんだよね」

とほほ(^^; まあ、ね。そういうお年頃ですから。しゃーないしゃーない。

追記:数日後、Kちゃんに会いました。「女房が気に入っちゃって。『これ、私が使う!』って」なにはともあれ、よかったw 追記以上。

と、ここで、相方からLINEが。

「なに?また食器買ったの?」

ううう。実は……。

kiki_05

プレゼントを探しに行ったわけですが、見ていたらどうしてもほしくなってしまい……。棚に収まりきらないので、食器はもう買うなと言われているのですが……。

「いや、いろいろ事情があってさ。それにちょうどいい丼なかったじゃん?だからこれだけ」

意味不明の言い訳を返しておきました。

「器々~kiki~ 大野宗平商店」は1960年代後半から1970年代前半くらいに創業した瀬戸物屋さん。4年前、2011年に店の内装、外装を大幅にリニューアルしたそうです。卸もしているので、大量に買うこともできます。大量に仕入れているからでしょうか、とにかく安い! 常に店頭表示価格の2割引き(一部商品を除く)。食器だけではありません。業務用機器、調理器具、STAUBの鍋などもあります。

好みの問題ではあるのですが、セレクトがいいんですよねぇ。私が好きな感じのものが多い。だから「器々~kiki~」が大好きです。けど……。行くのは控えよう。うん。行ったら絶対ほしくなって、買っちゃって、また怒られるw

器々~kiki~ 大野宗平商店
東京都目黒区中央町2-38-5
03-3710-1411

charcuterie_du_mangenton_15

追記。また買ってしまいました。美濃焼窯元・不動窯の平皿。かわいすぎて……。ただ、小さいせいか連れには怒られませんでしたw

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ