学芸大学の「らくらく」は楽しいヤツらがやってる、おいしくてボリューミーなもんじゃとお好み焼きの店~自家製明太子と豚キムチ焼きそばはマストです!

「『らくらく』って知ってます? たまに行くんです」

と、中学生の友達・R君。

「知ってるも何も、店員みんな友達だよ」

「そうなんですか! あそこ中学生でも行けるからいいんですよねぇ」

rakuraku_01

学芸大学駅から徒歩1分ほど。東口商店街沿いにある、もんじゃとお好み焼きの店「らくらく」。「カラオケの鉄人」の前、「養老乃瀧」と同じビルの3階です。上述の通り、中学生や高校生も来るし、とてつもない酔いどれたちも来るし、とにかくまあ楽しいお店です。

店に入るとこんな感じ。

rakuraku_02
rakuraku_03

まるで下町の駄菓子屋。「らくらく」オーナー兼店長・エイト君の下町愛に溢れています。

rakuraku_04
rakuraku_05

座敷、テーブル席、個室があるとても広い店内。何度も来ているのですが、注文するものが毎回だいたい同じなんだよなーw

rakuraku_07

もろキュウ。シャレた出し方するなぁ。

rakuraku_08

豚バラ塩ダレ。このあとも出てきますが、「らくらく」の豚がおいしいんです。

rakuraku_09

イカバター。醤油とコショウで味付けします。うま。

rakuraku_12

豚天。店員の亮平に聞いたから、たぶんあってると思うのですが、ここはちょいと量が多い。普通の店の1.2倍くらいある印象。そしてこの豚! 厚みがあっていいですねぇ。

rakuraku_13

私は厚めに焼くのが好きです。ソース、マヨネーズ、カツオ節をたっぷりかけて頂きます。生地はしっかりめ。食べごたえがあります。おいしい!

rakuraku_10

これも毎回絶対頼みます。豚キムチ焼きそば。見て、この具! とにかく具だくさん。そして、そばの量がまた多いw

rakuraku_11

仕上げは醤油にして下さい。まあうまい。料理をおいしくするコツのひとつは、具の種類を多くするってこと。サラダもそうでしょ? この焼きそばも具が多いから、食べると口の中が楽しいんですよねぇ。いい。大好き。ちなみに、この焼きそばを焼かせたら、私の右に出る者はいない、それくらいうまく焼く自信があります。

rakuraku_14

明太子もんじゃ。デカい明太子がふた房! しかも、この明太子は自家製。北海道産のたらこをお店で漬けてます。もんじゃに特化した明太子だから(そしてエイト君の好みでw)、辛くて塩味(えんみ)は控えめ。めちゃうまい。うますぎるから、余計な物を入れたくない。だから私はいつも、もちやチーズを入れないプレーンな明太子もんじゃを頼みます。

rakuraku_15

で、もんじゃを焼くわけですが、ぜひおすすめしたい焼き方があります。明太子はひと房だけ使って下さい。で、もうひと房をどうするかというと……。

rakuraku_16

じゃーん! これですよこれ。生の明太子をトッピングするのです。明太子(たらこ)は火を通すと、どうしても風味が失われてしまいます。こうして生をトッピングすると、明太子感が損なわれません。激うま。

ちなみに、何もトッピングされていない素もんじゃは500円ほど。だから中学生でも来れるんですよねぇ。

※正確には、たらこ(明太子)は2つで1組なので、2袋=1腹と数えます。

rakuraku_06

学芸大学という街で飲んだくれていたら、エイト君をはじめとする「らくらく」メンバーとは絶対にどこかで出会います。もし知らなければ、飲みが足りないと思うべしw で、知っていればそのヤンチャっぷりも知っているはずですが、私は彼ら・彼女らには品があると思ってます。あ、笑った? 私はいたって真面目に言ってます。

どんだけ酔おうが、どんだけ脱ごうが、どんだけあれこれしようが、でも、品がある。この品は知性あるいは人情と言葉を置き換えてもいいかもしれません。だから、みんなに愛される。

シャイで優しくて人情味に溢れてて、酒が大好きで毎晩ボロボロになるほど飲んで。なんて素敵なヤツら。こういう店が、こういう連中が学大にいるってのは、街にとって素晴らしいことだよなぁ。ほんとそう思います。

と言いつつ、昨晩も「らくらく」メンバーの内の二人と一緒に飲んでて、私もひどい酔い方をしました。和田ちゃんにも迷惑かけたし、ちょいと反省w

これまた店とは関係のない話ですが、私はエイト君に感謝してます。

私はBABYMETALが大好きです。飲みの席で言ったところで、「へー」「ああそう」「海外で人気あるみたいだねー」くらいの反応しか返って来ませんから、それほど熱く語ったりはしませんが。

けど、ある日、たまたまBABYMETALのDVDを持っていて、たまたまエイト君に会いました。そして、エイト君に無理矢理DVDを押しつけました。後日、エイト君に会ったら、こんなことを言ってくれました。

「ベビメタ見ましたよ。まじやばいっす。オレ、音楽もやってるでしょ。だからわかるんですよ。あれ、やばいです」

私の周りにはBABYMETAL好きは一人もいません。唯一、真剣にBABYMETALを見てくれて、いいと言ってくれたのがエイト君。それが本当に嬉しくて。

okamotoya_11
「らくらく」と同じ階の焼き鳥屋「おかもと家」にて

柳楽詠人(なぎらえいと)だから「らくらく」なのかな。らくーに、いっぱい食べて、いっぱい飲んで、ヘベレケになってもぜんぜんOK。気楽に楽しく「らくらく」で鉄板を囲んで下さい。

らくらく
東京都目黒区鷹番2-19-23 サンビームプラザ 3F
03-3793-5123
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510