大正7年創業のそば屋「丸はし総本店」は100年間、学芸大学の変わりゆく様を見守ってきました~おいしいヒレカツ丼と、キリっと締まったせいろと、べっぴんさん

maruhashi_01

学芸大学西口商店街のauのある角を右折。「鳥忠」の隣に「丸はし総本店」というそば屋があります。店頭のメニューをチラッと見ただけでも、その種類の多さに驚かされます。

maruhashi_02

階段を下った地下1階が店舗。店内はとても広く、テーブルが約8席でカウンター席もあります。13時ごろだったでしょうか。私が入ったあとも、次から次へとお客さんがやってきます。

maruhashi_03
maruhashi_04

メニューを見ました。すごい。何でもあります。そば、うどん自体にもいろいろあるのですが、丼物、カレー、雑炊、鍋……。ただ、私はそれほど悩みません。なぜなら、迷ったらカツ丼セット。そう決めているからw ヒレカツ丼とせいろのセットを注文しました。

待っている間、店内の様子を観察します。子供、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、サラリーマン。老若男女。ご常連も多いようです。お店は家族経営? 厨房奥には男性、手前には女性二人、そしてフロアには姉妹と思しき女性二人。この姉妹がまあかわいい。

maruhashi_06

ヒレカツ丼とせいろのセットがやってきました。

maruhashi_07

まずはそばをそのまま頂きます。そばの香りはそれほど強くありませんが、コシは強い。ツルっとして喉越しもいい。よく見たら氷がひとかけら混ざっていました。氷水で締めてるのか。とても爽やかで上品なおそばです。

ツユはカツオがしっかり香ります。ダシ由来の甘みも出ています。醤油の角は取れていて、まるみを感じます。こりゃいいツユだ。このそばにもよくマッチしてる。

maruhashi_08

ヒレカツというのが珍しいですね。3枚乗っていました。とても柔らかいです。女性でもお年寄りでも食べやすいだろうなぁ。そういうことを考えて、ヒレカツにしてるのかな。卵の閉じ具合もいいし、ダシの濃さもちょうどいい。オーソドックスですが上等です。

レジでお勘定をしてもらいながら聞いてみました。

「丸はしさんって他でも見かけたことがあるんですけど、『総本店』と言うくらいですから、ここから暖簾分けを?」

つーか、おい。妹さん? 遠目でもかわいいと思ったけど、間近で見たら、めっちゃ美人じゃん!w あえてたとえるなら、常盤貴子、あるいは浅田真央。そんな感じの美人さん。やっべ、なんかドキドキしてきたw

「ご存じなんですか。嬉しいです。13軒がここから暖簾分けしています。けど、もう廃業しているお店もあるので、今はもっと少ないです」

「そうなんですか。ごちそうさまでした」

「ありがとうございました」

もっと聞きたいことはいっぱいあったのに、緊張してうまく話せなかったよw

帰って調べたところ、「丸はし」というそば屋は、平塚、新丸子、白楽、日吉(矢上川店)、渋谷(東/並木橋近く)にあります。すべてが暖簾分けかどうかはわかりませんが、学芸大学という地に本家があり、ここから多くのお店が派生したということが、なぜか誇らしく。別に「丸はし」の人間でもなければ、学大歴が長いというわけでもないのですが、勝手にねw

maruhashi_05

「大正7年創業 100年めざして」

大正7年は1918年。1918年といえば、実業家・渋沢栄一らによって田園都市株式会社が設立された年。1920年、五島慶太が武蔵電気鉄道(現・東急東横線)の常務に就任します。碑文谷駅(いまの学芸大学駅)が開業したのは1927年。

田畑が整備され、鉄道が敷かれ、街ができて、人が集まる――学芸大学駅界隈の変わりゆくさまをずっと見守ってきた「丸はし総本店」。2年後、2018年に創業100年です。

「丸はし」を作ったおじいちゃん、おばあちゃん、100年後もまだ「丸はし」はお客さんで賑わってますよ。メニューもいっぱいあって、おいしくて、ちゃんとお店を守ってますよ。それに娘さんはみんなべっぴんさんでw 安心して下さいね。

丸はし総本店
東京都目黒区鷹番3-19-5
03-3712-9457
食べログ


2016年1月21日追記:「丸はし」のお父さんがカブで出前に行く姿は普段からよく目にします。ですが、その日はスペシャル。信号待ちでお父さんのカブと私の自転車が横並びに! この信号は青になるのに少々時間がかかります。この間隙をぬって、お父さんに話しかけました。

「丸はしさんですよね」

「はい」

「裏のワンちゃんを最近見かけないんですけど……」

maruhashi_09

「丸はし」の裏手、「源平」の脇道にかわいい犬がいるのですが、最近、姿を見ません。

「そうですか。寝てるんじゃないですかね」

「ああ、元気は元気なんですね。よかった」

「犬がお好きなんですか?」

「犬も猫も。猫は飼ってます」

「そうですか。あの犬はもう15年になりますねぇ」

「へー」

信号が青になりそうです。

「すみません、突然。また近いうちにうかがいます」

「どうもー」

聞きたいことはもっともっとたくさんあるのですが、こんな場面ですから、ライトな話題にしておきましたw ほんと、お忙しいところ、あんなところですみません。ありがとうございました。

2017年1月9日追記:2016年の間に、このワンちゃんはなくなりました。レツちゃんといったそうです。

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡った飲食店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ