昭和9年創業「やぶそば」(学芸大学)のたぬきせいろは一度で二度おいしいそばでした~そばは食の旅の道標(みちしるべ)

学芸大学駅界隈のそば屋でどこが一番好きか。これもまた議論が紛糾するネタの内のひとつです。単なる主観のぶつかり合いですから、着地点はありません。互いに声高に主張するのみ。不毛と言えば不毛ですが、酒席の話なんざぁ、だいたいそんなものw

「私はやぶそばが一番好き。絶対あそこが一番おいしい」

そう息を巻くのは「Bar BULLBULL」のエリィ。いや、まあわからなくはないけど、そこまでだったかなぁ。あまり強く印象に残っていなかったので、翌日、久しぶりに行ってみることにしました。

yabusoba_gakuda_01

学芸大学駅から徒歩30秒。西口を右に折れるとすぐそこにある「やぶそば」。

yabusoba_gakuda_02

表から見ただけではわかりづらいですが、店内は広々としています。とてもきれいで落ちついた雰囲気。

正面に座っているご婦人がた、あとでやって来たお父さん二人組、ゲートボール仲間と思しき団体さん、みなさんご常連。

「天ぷらをいつもの感じで」

そんな風に頼める店があるってのは素敵なことです。

yabusoba_gakuda_03

メニューを見ました。お、カツ丼がない。帰って調べてみてわかったのですが、以前はカツ丼もあったようです。ちょいと手間がかかりますからね。

yabusoba_gakuda_04

これは店頭に置かれている看板。曜日によってランチサービスの内容が異なります。その日は水曜日でした。たぬきせいろ&山菜ごはんを注文しました。たぬきせいろ?

yabusoba_gakuda_05

ああ、なるほど。こういうことか。天かすが浸っている、温かい濃いめのつけ汁です。

yabusoba_gakuda_06

まずはそのままひと口。むむむ。細めでエッジの立ったそば。そこそこそばが香ります。プチっとした歯ごたえがいい。喉越しも滑らか。とてもおいしいです。

半分ほどはそのまま食べ、残りは汁につけてみました。これは面白い。温かい汁につけると、途端にそばのコシがなくなり柔らかくなります。せいろが一瞬でかけに。ふむ、そばのコシは温度にも依存してるのか。確かにそば、うどん、素麺、ラーメンと、麺類は冷水で締めるよなぁ。改めてそば、麺類の奥深さを感じさせられました。

yabusoba_gakuda_07

山菜ごはんは優しい味わい。遅れてやって来たそば湯でつけ汁を薄め、スープのように飲み干します。ああ、おいしいなぁ。

yabusoba_gakuda_08

レジ横にこんな写真がありました。会計時、店主の娘さんと思しきお姉さんに話をうかがいました。

「この写真は以前の『やぶそば』さんですか?」

「はい、そうなんです」

「いつ頃、改築されたんですか?」

「21年前(1995年)です。でも、これ以前にも建て替えはありました」

「創業してどれくらいなんでしょう」

「昭和9年創業です」

「すごい! この写真、撮影してもいいですか?」

「どうぞ。ありがとうございます」

「とてもおいしかったです。ごちそうさまでした」

「またぜひお寄り下さい」

yabusoba_gakuda_09

蕎麦(そば)の原型(蕎麦がき、蕎麦焼きなど)が初めて文献に登場したのは奈良時代ごろ。麺状の蕎麦切りが食されるようになったのは16世紀ごろ。

江戸蕎麦御三家は砂場、更科、藪。藪の原点とされる「かんだやぶそば」が創業したのは明治13年(1880年)。「かんだやぶそば」「並木藪蕎麦」「池之端藪蕎麦」(すべて血縁者が創業者)が藪蕎麦御三家と呼ばれています。

学大の「やぶそば」がどのような経緯で創業されたかはよくわかりません。けど、「やぶそば」のそばは、80年以上の歴史の積み重ねをしっかりと感じさせるおいしさでした。こんなにおいしいのに、印象に残っていなかったのはなぜだろう……。「やぶそば」に来た2年前はまだまだそば経験が少なく、わかってなかったのかな。じゃあ今は相当のそばレベルに達しているのかというと、そんなこともないのですが。

経験を礎に、常によりよいものを目指し、だけど芯は曲げず。藪・学大「やぶそば」の歩んできた道、そして「やぶそば」のおいしいそばは、私のこれからの食の旅の道標(みちしるべ)。

やぶそば
東京都目黒区鷹番3-8-5
03-3712-5111
食べログ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ