「BISTRO Zoe(ビストロ ゾーイ)」(学芸大学)のおいしくてフォトジェニックな料理の数々は、幸せな気分にさせてくれました

「最近できた『ゾエ』?って知ってます?」

「『ゾーイ』ね。知ってるよ。近いうちに行こうと思ってるけど」

「じゃあ一緒に行きましょうよ」

学芸大学の「Bar shelter(シェルター)」で店主・奥山君とこんな話になり、数日後、奥山君、ゆうこちゃん、私の3人で行ってきました。

学芸大学駅から徒歩3分。「ぷかぷか」というラーメン屋があった場所に2016年1月13日、「BISTRO Zoe(ビストロ ゾーイ)」というお店ができました。もう少し詳しく場所を説明しましょう。行き方はふた通り。東口商店街から入るか、バス通りから入るか。

学芸大学駅東口商店街を進み、「馬野郎」の先、ドトール手前の小道を左折。

zoe_01

ここです。自販機が並んでいるところ。道なりに進むと……。

zoe_04

お店に到着。

次はバス通りから行ってみましょう。パチンコ「minami(ミナミ)」あたりからバス通りを目黒通り方面へ。焼肉屋「ぱっぷハウス」を過ぎた先のこの角。

zoe_02

ここを曲がりますと……。

zoe_03

お店に到着。

バス通りから行った方がわかりやすいかもしれません。けど、商店街から入るのも面白いです。「え? あれ? 本当にここであってるの?」というドキドキ感が味わえますw

zoe_05

ゆったりとした落ちついた店内。木のぬくもりが感じられます。カウンターとテーブル席があるので、複数人でも一人でも大丈夫。

zoe_06

食器が和っぽかったり、日本酒があったり。こういうのって、なんかホッとします。

zoe_08

まずは本日のZoe5種。2人前を3人でシェアしやすいように盛ってもらいました。いや、物によっては特別に3人分入れてくれてるかも。

じゃが芋とブルーチーズを皮で包みパリッと揚げたもの、とりムネ肉とぶどうのラムレーズンソース、セロリアックのムース、生ハムとイチゴ~バルサミコソース、スモークサーモンとジェノベーゼのミルフィーユ。

見た目がキレイ。出てきた瞬間、「おおお」ってなりましたw もちろんどれもめちゃうま。

zoe_09

次はえぞ鹿生ハムとフォアグラ。フォアグラの表面はパリっと香ばしく、中はトロッ。えぞ鹿の生ハムはフォアグラと合わせても負けないほどの旨味。イチゴの甘みもよく合います。激ウマ。皿もまあキレイ。

zoe_10

メインは特大BIG!牛舌の赤ワイン煮。名前の通り、本当にビッグ!w 輪切りにするのではなく、舌の形を残すよう縦にカットしています。フォトジェニック! 牛舌はホロホロでとても柔らかく、濃厚。タンもととタン先で味わいが異なるのも楽しい。ソースとマッシュポテトをたっぷりつけて食べると、それはそれは。やばいです。シンプルに焼き上げた野菜も、野菜本来の甘み、苦みがちゃんと残っていて最高。

メニューにはありませんが、パスタもあります。トリュフのカルボナーラを作ってもらいました。

「3つにお分けして出しましょうか?」

「いえ、まとめてお願します。その方が見栄えがいいのでw」

zoe_12

チーズをたっぷりかけてもらいます。

zoe_13

うおおお。見た目でもうやばい。ひと口パクッ。濃厚。うまー。

「これまで食べたカルボナーラで一番うまいです」

と奥山君。うん、確かにそれくらいうまい。トリュフの香りもたまりません。バゲットも頂き、ソースも残さず平らげました。

zoe_14

食事の最後にはサービスで”ある物”が出てきます。ここでは伏せておきましょう。神田の某イタリアンも同じなんだよなー。こりゃビックリw

zoe_07

シェフ・串田さんは自由が丘の「マリスコス ブー(Mariscos BOO)」というお店にいらっしゃって独立。同店で働いていた桑原さんも一緒に付いて来たそうです。お二人は夫婦ではありませんw

「Zoe(ゾーイ)ってどういう意味なんですか?」

「フランス語で命という意味なんです。ビストロなのでフランス語にしました」

帰って調べたところ、ギリシャ語の「ゾーエー」がもとで、英語の「zoo」などと語源が同じだそう。そして、女性の名前としてもよくあるのだとか。

zoe_15

2007年に公開されたアメリカ映画「幸せのレシピ」(原題: No Reservations)にもゾーイという女の子が登場します。no reservationsは予約なしという意味ですが、心配なく、遠慮なく、気兼ねなしにといった意味もあります。

この日は予約なしに3人で飛び込みました。シェフ・串田さんの笑顔、桑原さんの優しさは、こちらの心を和ませ、初めての訪問だというのに、まるで何回も通っているかのように感じさせます。

今ならまだ予約なしでもきっと大丈夫。気兼ねなく、「BISTRO Zoe」の扉を開いてみて下さい。とびっきりの笑顔と、べらぼうにおいしくそして美しい料理が幸せな気分にさせてくれます。

BISTRO Zoe(ビストロ ゾーイ)
東京都目黒区鷹番2-15-21 レステンシア101
03-6303-1581
Facebookページ

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ