環七・野沢交差点の鮮魚店「魚政(うおまさ)」(学芸大学・駒沢大学)で買ったタラコが激うまで、ひとつは自家製明太子にしてみた~北海道・虎杖浜(こじょうはま)にたたずむ親子の姿があまりにも感動的すぎて

「隣の魚屋さんの〆鯖がおいしいのよ」

「屋台屋さん」という居酒屋で、女将さんがよく出してくれるのが「魚政(うおまさ)」の〆鯖です。とてもおいしい〆鯖なので、いつか「魚政」で魚を買ってみようと思っていました。そして先日、「魚政」の前を通ると、大きなタラコがドーン。うまそっ。

uomasa_01

学芸大学駅、駒沢大学駅から徒歩15分弱。環状七号線の野沢交差点に「魚政(うおまさ)」という鮮魚店があります。「サミット 野沢龍雲寺店」のある龍雲寺交差点よりひとつ南の交差点です。

「すみません、このタラコはいくらですか?」

お母さんは二房を皿に乗せて計量。壁に貼られている値段表のようなものを見やりました。

「950円です」

「じゃあお願いします」

「はーい」

すると、作業していた男性(後に息子さんと判明。詳細は記事末をご参照下さい)が顔をひょっこりお出しになりました。

「そのタラコ、”とらじょう”ってブランドなの。北海道の」

帰って調べてみたのですが、正確には虎杖(こじょう)。虎杖についてはまた後ほど。

「立派なタラコですねぇ」

「木箱に入ってる最高のタラコだよ」

お母さんが満面の笑みで続けます。

「この前ね、虎杖へ旅行に行ってきたの。ああ、こんなところなんだーって」

「へーそうなんですか。こちらはどれくらいになるんですか?」

「50年から」

この言い方は1950年という意味ではなく、50年以上という意味だと思われます。

「あそこに赤いビルあるでしょう。あのあたりは大きな畑だったのよ。当時はまだ環七なんてなくてね。ミゼットが走ると、両脇の草木がビューって揺れてたくらい」

「その頃はまだ野沢商店街ってあったんですよね」

「もうちょっとあっちね。道路が太くなって、なくなっちゃったの」

昔の話を聞くのは楽しいw

「タラコ、そのまま食べてね」

「ひとつはそのまま頂きますが、もうひとつは明太子にしてみようかと」

「そうですか(笑)」

「ありがとうございました。また寄らせて頂きます」

「ありがとうございましたー」

苫小牧と室蘭の中間あたりに位置する虎杖浜をGoogleストリートビューで見てみました。浜沿いにどこまでも続くまっすぐな道。海産物を扱う小さな工場や民家が並んでいます。地名通り、虎杖(いたどり)が生い茂っています。私はその光景に、お二人の姿を重ねます。

自分たちが扱う魚や海産物を見に、北海道へ。凍てつくような海風を受け、虎杖浜に並ぶ親子……。なんて感動的なシーンでしょう。

uomasa_02

帰ってご飯を炊き、さっそく頂きます。

uomasa_03
uomasa_04

プリップリ、パッツンパッツン。こいつをご飯に乗せますと……。

uomasa_05

うまいに決まってんじゃん。みっちり詰まったプチプチのタラコ。最高。

もうひと房は明太子にします。以下、簡単に手順を記しますが、市販のタラコを明太子にしようとしています。そして素人が適当にやっているだけです。生タラコから作る場合と違うと思いますので、ご了承を。

煮切って冷やした日本酒に粉末の唐辛子を大量に入れ混ぜる
 ↓
タラコとまぶし、ジップロックに入れて冷蔵庫に寝かせる

以上! もともとのタラコが相当うまい味付けなので、塩やダシを入れる必要なし。簡単!

3日、冷蔵庫に寝かせました。

uomasa_06

周りの唐辛子を箸でそぎ落とし、薄くカット。ご飯が炊けていなかったので、豆腐に乗せてみました。

uomasa_07

ジャーン。やば。

3日ではピリ辛。もっと長く漬ければ、もっと辛くなったと思います。市販タラコだから味が入りづらいんだろうな。でも、タラコ本来の味わいも残っていますし、これくらいで十分。カラスミとまでは言いませんが、水分が出ているので、少しねっとり。めちゃうま。そぎ落とした唐辛子もおいしいので、何かに利用しよう。

追記:明太子パスタにしました。控えめに言って、人生でもっともおいしい明太子パスタでした。

uomasa_08

翌日はこんな感じ。白髪ネギと先の唐辛子をごま油で和え、豚丼にトッピング。最高! 追記以上。

uomasa_09

老舗のご主人が目を利かせて仕入れる、とっておきの魚・海産物。機会がありましたら「魚政」をのぞいてみてください。とても素敵でチャーミングなお二人が、晩御飯にぴったりの逸品を勧めてくれますよ。

※正確には、たらこ(明太子)は2つで1組。2袋=1腹と数えます。

魚政(うおまさ)
東京都目黒区東が丘1-1-20
03-3421-2819

2016.08.04追記:ご夫婦と思っていたのですが、お父様はお亡くなりになり、息子さんが継がれているとの情報を頂きました。ありがとうございます。そして、勝手にご夫婦と紹介して失礼しましたm(_ _)m 謹んでお詫び申し上げ、記事も訂正致します。

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ