MEAT JOURNEY 2018

「おばんざい 智華んとこ(ちかんとこ)」(赤坂見附)の雰囲気は家庭的だけど、料理は家庭料理の域を越えてます。通いつめたくなるほど超うまくて、とても落ちつく小料理屋/居酒屋でした

chikantoko_01

赤坂見附駅から徒歩3分、赤坂駅からは5分ほど。一ツ木通り沿いに「おばんざい 智華んとこ(ちかんとこ)」というお店があります。小料理屋と言いますか居酒屋と言いますか。学芸大学の飲み友達・倫子ちゃんが週一で手伝っているので、ナベさんと遊びに行ってきました。

chikantoko_03

カウンターメインのお店ですが、4人が座れる小さなテーブル席もあります。カウンターの上には大皿に盛られたおばんざい。店主・智華さんとほぼ日替わりで女の子が一人入っています。

頼んだのはこちら。

chikantoko_05
chikantoko_06
chikantoko_07
chikantoko_08
chikantoko_09
chikantoko_12

マカロニサラダ、鶏レバーの煮物、メンチカツの卵とじ、牛すじピリ辛煮、あさりの酒蒸し、クラゲのゴマ和え。

パッと見で「家庭料理的な感じかな」と思ったのですが、ひと口で違うとわかりました。こりゃヤバい。ほんのちょっとしたひと工夫、見た目からはわかりづらいかもしれない手の込みよう、さりげないけど実は奥が深い味付け……しびれます。腕と経験とセンスなんだなぁ。

「もともと父が飲食をやってて、手伝ってたんです。その後、自由が丘で8年ほどやって独立。ここはオープンして3年くらいになります」

と智華さん。でしょうねぇ。家庭の手作り料理の域ではないですもん。どの料理も上手いし旨い。

※追記:ちょいと記憶違いというか、聞き間違いがあったようで訂正。失礼しました。これで大丈夫かな? 追記以上。

もうひとつ。

chikantoko_10
chikantoko_11

おでん! これもまあうまい。大根の角がピンと立っているのは、丁寧にじっくり煮た証。さらに、辛子はおでんのダシで溶いていました。辛子にまでしっかりこだわっています。

料理はガチですが、雰囲気は家庭的。私が行った日はちょいと賑やかでしたが、普段は落ちついた感じだそうです。智華さんはチャキチャキしてるけど優しくて素敵な方。こういう店が近くにあればいいよなぁ。

chikantoko_02

学芸大学に戻って来て、倫子ちゃん、なべさんたちと飲んでいました。思わず口を突いて出てしまいました。

「2階だけど、智華んとこ」

そしたら……。

「あー、40歳以上の人はそう言うんだよねー」

と倫子ちゃん。くー。言われちまったw ええ、そうですよ。おっさんだから、その日にあったBABYMETALのNHK収録観覧も外れたんですよ。若い人や女の子のほうが画面映えしますからねっ! ムキーー!w

chikantoko_04

赤坂界隈で気取らないほっこりとした雰囲気で、うまい料理を食べたいなら、「おばんざい 智華んとこ」へぜひ。一度行ったら通いつめたくなりますよ。

おばんざい 智華んとこ(ちかんとこ)
東京都港区赤坂3-18-9 磯谷ビル2F
03-5573-8525
Facebookページ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ