「L’épice et Épice(レピス・エピス)」(自由が丘・渋谷ヒカリエ)のハーブとクレイジーソルトで、ローストポークやタコのマリネ、ラグーパスタとかを作ってみたら、どれもこれも激ウマにできた!

レピス・エピスが楽しすぎる!

lepice_et_epice_01

自由が丘に本店があるスパイスとオリーブオイルの専門店「L’épice et Épice(レピス・エピス)」。渋谷ヒカリエ、二子玉川ライズ・ショッピングセンター、銀座三越、伊勢丹新宿にも店舗があります。

本店と二子玉川ではスパイスやハーブ、オリーブオイルを計り売りしています。他店舗ではあらかじめ決められた分量が試験管のようなガラスチューブに入って売られています。

lepice_et_epice_02

料理好きな私にとっては天国のような店。渋谷ヒカリエ ShinQs店にしょっちゅう行きますが、商品をずっと見ていられます。これはこう使って、これならこうして、これはどうやろうか……と想像するだけで楽しいです。

lepice_et_epice_03

年始に購入したのはアボカドオイル。スプレー式になっています。お土産用に購入しました。どんな味だったんだろう。気になる……。自分でも買いたいのですが、いつもあるわけじゃないからなぁ。

「レピス・エピス」が好きなんですが、誰にもそのことは言っていません。そんな話題になりませんしね。けど、バレンタインデーにシグマが偶然、「レピス・エピス」のハーブミックスをくれました。

「ここが好きだって言ってないよね?」

「知らなかったです。ひろぽんさん料理好きだからいいかなぁと思って」

ナイスシグマ! もらったのがこちら。

lepice_et_epice_04

左側の緑色は「エルフ・ド・プロバンス」。ローズマリー、バジル、セイボリー、タイムのハーブミックスです。赤い方は「フレンチ・クレイジーソルト」。ゲラント海塩、パプリカ、チリパウダー、タイム、ピンクペッパー、黒胡椒、ローズマリーが入っています。

各商品にはナンバーがついています。緑は09、赤は04。このナンバーを「レピス・エピス」のデータベースサイトに打ち込めば、内容や使用例などが表示されます。これは便利。商品を購入すると、QRコードがついてくるので、詳しくはそちらからどうぞ。

じゃあこいつらを使って料理してみますか。

ハーブ&ソルトで簡単料理を

まずは簡単に。

lepice_et_epice_05

ハーブチキンをパンに挟みました。鶏モモ肉を焼き、塩とハーブミックスを振りかけてカット。「BOLSO(ボルソ)」のシンプルなパンを切ってトーストし、レタス、ロースト玉ねぎと挟むだけ。簡単。簡単だけど、これがめちゃうま。

ハーブがかなり強いです。フランス産のハーブらしいのですが、スーパーで普通に売っているものより香りが立ちます。これくらいシンプルな料理なら少量で十分。

lepice_et_epice_06

クレイジーソルトはひき肉とトマトのパスタに。オリーブオイルでみじん切りにしたフレッシュトマトを煮詰めるように炒め、赤ワインを少々、そしてひき肉を炒めて、クレイジーソルトをまぶします。こちらは塩ですから、他に調味料は一切必要なし。

もうね。オレ天才。激うま。あ、うそ。オレが天才なんじゃなくて、このソルトが天才。ほんのちょっとピリっとする程度。それよりも塩のミネラル的うまさが感じられます。今年作ったパスタでベスト3に入るな。まじうまい。

今回はこのクレイジーソルトだけしか使わなかったので、一回で結構な量を使いました。もったいないということであれば、少量だけ使って、あとは普通の塩やチリパウダーで調整して下さい。

lepice_et_epice_10

もっとシンプルにクレソンのペペロンチーノ風。クレイジーソルトだけでは辛さが足りないので、鷹の爪を足しました。ぐすん。おいしいよ。おいしすぎるよ……。

ひとつ注意点を。このガラスチューブから直接、鍋やフライパンに振りかけてはいけません! 蒸気ですぐに湿気ます。一度、小皿に取り出すなり、手のひらに取るなりして、振りましょう。

ガッツリ本格料理。けど実は簡単な激ウマメニュー

次はもう少し凝ったものを作ってみます。凝ってると言っても簡単ですけどねーw

lepice_et_epice_07

ぐふふ。とは言えやり過ぎたか?

lepice_et_epice_08

ローストポークをハーブミックスで。豚肩ロースのブロックに塩を振り馴染ませ、フライパンで表面に焦げ目をつけ、ラップに包んで火を止めた熱湯に1時間30分つけます。お湯から取り出し、1時間ほど放置。肉汁を安定させてカット。赤ワイン、肉汁、醤油、砂糖で作ったソースをかけ、ハーブを振れば完成。オーブンいらず。簡単でしょ?

濃厚な豚&ワインソースですが、ハーブがスッキリ爽やかな印象にまとめてくれます。約800g。二人ですべて食い切りましたよ。あまりにうまくて。

ちなみに、この調理法を牛肉ブロックでやればローストビーフになります。焼きを入れない鶏モモ肉でやればカオマンガイ。じっくり火が通るので、肉がしっとりなります。どれも切るのは冷めてからね。ぜひお試しあれ。

レタス、ベビーリーフ、クレソンのサラダには、マヨネーズ、オリーブオイル、白ワインビネガー、バジルペースト少々のドレッシングをかけてます。

lepice_et_epice_09

こちらはクレイジーソルトで作ったタコのマリネ。タコのガリシア風にしようとも思ったのですが、こっちのほうが見た目的によさげだしw

タコ、玉ねぎ、キュウリ、トマトをすべて同じ大きさくらいにカット。クレイジーソルト、ビネガーをまぶして、オリーブオイルを垂らせば完成。

あーあ。もうね。信じがたいうまさ。なんぼでも食える。最高。

上の写真の奥に写っているパン類は学芸大学の「M-SIZE(エムサイズ)」のパンなんですが、これに関してはまた後日。

どうですか。あれもこれもとハーブを揃えるのは大変です。うまいこと調合されたハーブ、スパイス、クレイジーソルトは便利だし、とてもおいしいです。ぜひ一度、試してみて下さい。料理が楽しくなるし、おいしくなりますよ!

L’épice et Épice(レピス・エピス)
東京都目黒区自由が丘1-14-8
03-5726-1144

L’épice et Épice 渋谷ヒカリエ ShinQs店
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ B2F
03-6434-1819

L’épice et Épice(レピス・エピス) 公式サイト

member_goto02.jpg

後藤ひろし(ひろぽん)

雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。学芸大学で巡ったお店の数は約350軒。

https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ