武蔵小山の「天ぷら ハトヤ」の上天丼は安くてボリュームがあっておいしくて、お父さんと娘さんの連携が見事でした~美人若女将(?)への勝手な期待

武蔵小山駅から徒歩3分。東天地通り、東天地本通りの突きあたり付近にある天ぷらの「ハトヤ」。ずっと行ってみたかった一軒です。

hatoya_01

看板に書かれた電話番号の市内局番が3ケタ。いい。とてもいい。これだけでいい。営業時間は11:30~と書かれていますが、11:40で暖簾がまだ出ていませんでした。扉からのぞくと、気づいたお母さんが開けて下さいました。

「大丈夫ですか?」

「どうぞ。まだ準備ができてなくて」

お母さんの足元にはお孫さんと思しき女の子がまとわりついています。奥からお父さんが出てきて、さらに白衣姿の美女も。女の子の母親、このお店の娘さんかな? この女性が娘さんではなくお孫さんだったとしても納得できるほど若く見えます。とりあえず、ここでは娘さんとしておこう。

hatoya_04

天丼はなんと700円。エビが2本の上天丼でも850円。安っ。上天丼をお願いしました。

hatoya_02

店内はカウンター席と小さな小上がりが2席分ほど。九鬼産業の日めくりカレンダーが印象的です。九鬼産業は三重県四日市のごま油メーカー。

メニューには天ぷら類の他に刺身や焼き物、冷や奴などもあります。お酒もあります。夜は21時までの営業ですが、ちょっと早い時間からつまみに来ることもできそうです。

どうもお父さんは右半身を悪くなさっているようです。サラダを盛ったり、天ぷらの具材を切り分けたりは娘さん。お父さんは衣をつけて揚げに集中。

揚がった天ぷらを娘さんに渡し、娘さんが天丼に仕上げます。

hatoya_05

うーん、いい景色。

hatoya_06

天ぷらの衣は少し厚め。だからツユをたっぷり吸っています。いい香りはしますが、ゴマ油が強すぎません。くどくない。

ツユの色は濃いめですが、味は濃くありません。ご飯の堅さもちょうどいい。とてもおいしい天丼です。いくらでも食べられそう。

自家製と思しき大根ときゅうりのぬか漬けはちょうどいい漬かり具合。サラダもおいしいし、あっさりめの味噌汁もいい。気持ちがギュッとこもった、ぬくもりのある天丼セット。最高。

hatoya_03

私のあとにご婦人が客としていらっしゃいました。さらに、ご常連が「天丼ふたつ。あとで取りに来る」と告げ去って行きました。

お父さんが体を悪くなさって、娘さんが手伝うようになったのかな。いや、単に手伝っているだけという風には見えないな。この店を継ぐ覚悟を感じさせます。ほう、サウスポーか。

1970年創業の老舗天ぷら屋を娘が継ぎ、美人若女将がいる天ぷら屋として評判になる。小さい頃から見知ったご常連さんは引き続き贔屓にしてくれて、美人がいるとの噂に釣られてやって来る冷やかしもたまにいて。その頃になると、お父さんはカウンター側にいらっしゃるんだろうな。娘の働きぶりに目を細めつつ、ご常連の相手をして……。いいじゃん。

お父さん、大丈夫ですよ。このべっぴんさん、気持ちもしっかりしていそうだし。少なくとも心配は無用。むしろ、娘さんが継いだとたん、大人気店になったりしてねw

半ば冗談ですが、でも、これはとても幸せなことだとも思います。だって、跡継ぎがいなくて潰れていく素敵な老舗を数え切れないほど見てきましたもん。

いや、この娘さんがそもそも本当に娘さんかどうかもわかりませんし、跡を継ぐかどうかなんて知る由もありません。でも、だけど、無責任な他人の勝手で言わせて頂くと、ぜひ継いでもらいたいなぁ。

機会があれば夜、お酒と肴も頂いてみるかな。ムサコに行くならハットッヤッ。なんつって。すみません、BABYMETALにとって重要な日で浮足立ってます;;

ハトヤ
東京都品川区小山4-1-12
03-3711-1807
食べログ

(Visited 948 times, 2 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ