「bistrosimba(ビストロシンバ)」(宝町・新富町・銀座)の旬の食材を使った各料理はどれも絶品。その技・味に打ちのめされ、うなるように「まじかよ」と声を漏らすことしかできませんでした

赤提灯ばかりに行ってるわけではないですよ。こういうのもたまにはねw

bistrosimba_01

宝町駅、新富町駅から徒歩5分。東銀座駅からだと10分。銀座四丁目交差点から15分くらいかけて歩くのもまたオツ。首都高・京橋出入口のすぐ脇にある「bistrosimba(ビストロシンバ)」。友達の誕生日パーティーで行ってきました。

2015年9月にオープンした「bistrosimba(ビストロシンバ)」は菊地佑自さんがオーナーシェフ。フレンチの”鉄人”・石鍋裕氏のもとで料理人としてのキャリアを開始して、その後、フランスで10年間修業を重ね、昨年、落合務氏の「LA BETTOLA bis(ラ・ベットラ・ビス )」があった場所に同店をオープンさせました。

bistrosimba_02

テーブル16席、カウンター4席のこざっぱりとした店内。表の扉が大きく開くので、心地よい風が通りぬけます。とても落ちついた店内ですが、そんなところに10名で押し掛ける私たちは、なるべく店の雰囲気を壊さないよう気をつけ……てたか?w

メニューは季節やその時の仕入れによって毎日のように変わるでしょうから、各料理を事細かに紹介しません。どれも「うめっ」それでよしw

bistrosimba_03

ホタルイカがパイの上に乗っています。ひと口でパクッといきます。サクッとしたパイの食感とホタルイカの甘みは最高のオーバーチュア。

bistrosimba_04

グリーンピースの冷製スープ。チーズや生ハムが乗っています。たぶんですが、2リットル行けます。

bistrosimba_05

サーモンとウドのサラダ。なるほどなぁ。ウドをこうするのか。かすかな苦みがいいアクセント。

bistrosimba_06

ローストされたタケノコ、新玉ねぎ、白バイ貝。食材自体が調味料になっています。食感も楽しい。

bistrosimba_07
bistrosimba_08

アマダイのうろこ焼きとサフランソース。いわゆるブイヤベースのような感じ。え? 2リットルないの? シュン。

bistrosimba_09
bistrosimba_10

豚のロースト。なんだ最高かよ。

bistrosimba_11

ワインを6~8本くらい空けたのですが、一番印象に残ったのはこちら。ボルドーの「シャトー・クリュ・ゴダール(Chateau Cru Godard)」。ほどよくタンニンがギュっとして、カシスのような甘みがあって、深みがあって。

bistrosimba_12

「やべー! 超うめー!」とはしゃぐようなおいしさではありません。その技に見とれ、感心して、「うめっ」と声を漏らすことで精いっぱい。「なんだよこれ」「まじかよ」頭の中でそう呟くほかない、うなるおいしさです。

味つけ、プレゼンテーション、アイデア、コースの構成、雰囲気、サービス、すべてが素晴らしい。ちょっと和テイストな器が混ざっているあたりもセンスがいい。脱帽。お手上げ。

誕生日や何かの記念日に誰かを連れて行ってあげてください。必ず喜んでもらえるはずです。あるいは私のように打ちのめされ、うなだれるかのどちらかw

bistrosimba(ビストロシンバ)
東京都中央区銀座1-27-8
03-6264-4218
食べログ

(Visited 886 times, 1 visits today)
member_goto02.jpg

執筆者:後藤 ひろし(ひろぽん)
雑誌・書籍編集兼ライター、ウェブディレクター。主に学芸大学駅(学大)界隈で飲んでます。
https://twitter.com/gokky_510

こちらの記事もあわせてどうぞ